ここから本文です

当時ビートルズの日本公演を武道館でやろうと言い出したのは誰ですか?

fam********さん

2015/4/2720:14:25

当時ビートルズの日本公演を武道館でやろうと言い出したのは誰ですか?

まさかエピスタインじゃないですよね。
東芝EMIとかですか。
バンドのライヴははじめてだったのですよね。

この後の日本のミュージシャンはみんな武道館を夢見てたわけですから凄いことだったと思います。

決まるまでのいきさつなど詳しい方是非お聞かせください。

閲覧数:
376
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jam********さん

2015/4/2721:04:12

この本に詳しく書かれています

野地秩嘉 「ビートルズを呼んだ男」 (幻冬舎文庫)
http://d.hatena.ne.jp/yositeru/20120923/p1

確かこの永島さんの方から提案したんじゃなかったかな?(もう結構前に読んだんでかなりアヤフヤ・・・^^;)

こんなブログもありました。かなり詳細に書かれてます
http://www.yunioshi.com/beatlesinjapan.html

エピ側からの条件を満たしてるのは、当時は武道館くらいしかなかったんじゃないかな?

この本に詳しく書かれています

野地秩嘉 「ビートルズを呼んだ男」 (幻冬舎文庫)...

  • 質問者

    fam********さん

    2015/4/2909:30:29

    素早い回答ありがとうございます。
    ご紹介の本も見つけたら是非読んでみたいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

adj********さん

2015/4/2817:25:00

プロモーターの永島達司氏がエピスタインに日本武道館を提案しています。

ビッグ・ルイスからプロモーターの永島氏に、我々ビートルズは日本公演を是非実現したいと考えているとゆう連絡があり、永島氏はイギリスにいるエピスタインの事務所にギャラの交渉にでかけました。その場で永島氏は「会場は日本武道館を予定している」と発言しています。このときは読売の許可もまだとっていない主催も決まっていない状況です。

売上げを考えるとアメリカ公演同様に後楽園球場等の野球場が良いのでしょうが、屋外は梅雨の時期であることや警備が非常に難しいとゆうことで屋内の会場を検討したようです。(私の記憶だと、エピスタインから、会場は屋根つきで雨風をしのげることとゆう条件があったようにも記憶していますが、定かではありません)
なるべく大きな会場となると約1万人を収容できる武道館とゆうのが永島氏本人(まはた共同企画社内)が導き出した結論だったのでしょう。(1万人×5回で5万人。だから日本公演は計5回だったのかなあ)
当時ビートルズが武道館で公演する前までは、最大で大手町のサンケイホールが収容1500人だったそうです。他になかったんでしょうね、会場が。
エピスタインは会場が小さくなる分公演回数を増やしてもかまわないことや、ビートルズ側のギャラが減ってもかまわないから若者がたくさん観に来られるようにチケット代を低価格に設定するよう要望し、実際日本公演はアメリカや欧米では考えられない破格のチケット代となりました。エピスタインとしては、売り上げよりもビートルズはアジアの端、日本においてもこれほどまでに熱狂的な人気があるのだ、とゆうことを示したかったのだと思います。でもまあちゃっかりテレビ中継をしてその分の放映料をバッチリもらっていますけどね。
武道館の常任理事会より正式に武道館使用の許可がおりて、主催の読売新聞にも会場は日本武道館と明記され、チケットもすべて印刷完了、後は麹町警察の許可が下りればOKとゆう最後の段階で、あの細川隆元、小汀利得のテレビでの発言があり、これを当時の佐藤首相がたまたま聞き「ビートルズに限らず武道館で公演をするとゆうのは考えものだ」と側近にちょっともらしたそうです。これを武道館のオーナー正力氏が耳にし、「ビートルズに武道館は使わせない」と雑誌の対談で発言したわけです。
でもこれを聞いた永島氏は、これは彼のパフォーマンスだと思ったそうです。当時大反対していた右翼団体や国粋主義的精神を持つ政治家などへのポーズ(読売新聞は右翼団体の抗議活動を恐れていました)であり、立場上のセオリーを踏んだ、本当に使わせないつもりではないなと感じたそうです。
大体、本気で使わせないのなら雑誌(サンデー毎日)で発言したり悠長なことはしません。直接本人へ強く申し入れてくるはずです。
そしてその申し入れがその後すぐにあるわけですが、永島氏が正力氏の会社に招かれた際に、これは心から反対しているのではないとゆうことをさらに実感した話し合いだったそうです。
永島氏を招待した際の待遇は、まさに他国の王様や大統領でも迎えるかのごとく国賓並みの扱いで周囲の者も非常に驚いたとのことです。
正力氏「誠に申し訳ない。なんとか後楽園球場にならんだろうか。ビートルズ側にも一応話してみてくれないか。」
一応です。
ことのき同席していた読売新聞企画局長の村上徳之氏はこう言いました。
「あれは完全にたてまえだよ、ビートルズに話してみて断られたら、それはそれでもうしょうがないなってことで話はそこで終わりさ。それだけのことだよ。ただ段取り踏めばいいのさ、心配ないよ」。

永島氏は後日すぐにエピスタインのいるロンドンへ飛びました。
でもそれは会場変更の話がメインではありません。ギャラを全額キャッシュで払ってしまうためです。エピは全額キャッシュで前払いするためにやってきた永島氏にたいして非常に喜び驚いたそうです。こんな信頼のおけるプロモーターは世界中どこにもいないと。
永島氏はその席で現金を渡しながらこういいました。
「日本には武道館の使用に反対する方々がたくさんいるがこのまま武道館でコンサートをするつもりです。申し訳ないんですがエピスタイン、私に会場変更を頼まれたけど断ったってことにしておいてくださいよ。」
エピ「ああ、タツ、君にまかせる。」

永島氏は帰国するとその足ですぐに正力氏のもとへ報告に行きました。
永島氏「子供の使いみたいで申し訳ございませんが、ビートルズ側には断られました」
正力氏「そうか、わかった。ありがとう。」

たったこれだけです。

その後読売新聞に、日本武道館理事長の赤城宗徳より正式に使用の許可が下りたことが発表になりました。いち外タレのコンサートのために新聞社の社告に計3回も案内が掲載されることは前代未聞のことだったそうです。


ビートルズ日本公演は、日本のポップス界のあり方、コンサートへの考え方、音響技術、警備体制などを大きく変えるきっかけとなった「事件」、それまでに無い強烈なカルチャーショックだったのではないかと思います。

主にjamさんご紹介の本を参照にして書きました^^

この永島氏、業界では伝説の人です。
残念ながらビートルズとの2ショットが無いんですよね^^;
ポールはこの永島氏を非常に高く評価しており、家族ともに友人だったようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる