ここから本文です

短期所有の売買なのか長期所有の売買なのかで質問です。 ちょっとめんどくさい...

p_piyo2000さん

2015/4/2810:23:10

短期所有の売買なのか長期所有の売買なのかで質問です。

ちょっとめんどくさい話ですが困ってます。
下図のような借地権つき建物のある土地の地主です。

左側が母屋+2階にアパートがあり、右側が一階が事務所、2階が社長室というか部屋があります。真ん中に渡り廊下があります。
登記上は1筆の物件です。

今までの経緯として、
1。30年ほど前に左の建物の2階が勝手に増築され、アパート経営を始めたのですが祖父母が海外出張の間に行われたので帰国後発覚し、仕方ないので事後承諾でいくらかの和解金をもらった。

2。現在住んでる方は高齢のため去年老人ホームに入居。

3。本人+お子さん達の承諾をいただき、建物を買い取り、借地権は無償返還にしてもらい、契約書を2通作成。

アパートを増築した時に正当事由で出て行ってもらうこともできたのですがいい人だったので承諾料を少しもらった程度で済ませたようです。
それがあったので、今回お子さんたちはそれぞれ住むところもお持ちのようなので建物を買い取り、幾らかの立退き料をお払いすることになりました。

借地権の無償返還は問題ないそうですが問題はその後です。

今回友人が東京オリンピックの影響で現在住んでるところが区から立ち退きの要求があり、それならば近所に引越してきたい、とのことでその土地を売ることにしようか考えてます。
費用の面もあり、大きな土地は買えないので右側部分だけ渡り廊下部分を壊して赤い線で切って売ってあげようかと思いますがこの場合短期所有の売買になりますか?

不動産屋は借地権は無償返還だし何十年も所有してるので長期だといいます。
税理士は借地権分(7割)が短期になるだろうと言いますがどちらが正しいでしょうか?

左側部分はアパートの立ち退きがめんどくさいのでしばらく放置して更新期限前に更新しない旨を半年前にお知らせしようと思ってますが今のとここのままにする予定です。

借地権,立ち退き,アパート,渡り廊下,立退き料,考え方,ケースバイケース

閲覧数:
273
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

berrymaskさん

2015/4/2810:35:43

譲渡所得税の判断につきましては、国税の相談窓口に連絡された方がよろしいかと思います。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

経緯によって判断も変わってくる可能性がありますので、不動産屋の考え方も税理士の考え方もケースバイケースだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/4/29 10:31:40

ありがとうございました(≧∇≦)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。