ここから本文です

期末の棚卸資産を廃棄処分することについて教えてください。 専門商社で原価計算...

kik********さん

2008/1/2809:38:06

期末の棚卸資産を廃棄処分することについて教えてください。
専門商社で原価計算はありません。(中小企業です)

実は、前期末に棚卸資産にしていたもののうち、今期になってからキャンセルとなってしまった商品があります。
売れる見込みがない(特別受注品だった)ので、今期の決算で当初は「営業外費用」としました。
(仕入先への返品は出来ませんでした。)
具体的には、今期末でも一旦「棚卸資産勘定」へ計上してから(2)
「雑損失勘定(営業外費用)」へと振替える処理(3)をしました。
*仕訳はこのようなものです。
(1)期首商品棚卸高/商品
(2)商品 /期末商品棚卸高
(3)雑損失 /商品

ところが、そうしますと貸借の「棚卸資産」勘定と、損益の「末商品棚卸高」が合わなくなるから
おかしいと会計事務所から指摘され、今期では「棚卸資産勘定」へは計上しない
(売上原価へ入れ込んでしまった)ほうがよいのではと言われました。

一方、客先からのキャンセル料については「雑収入(営業外収益)」としております。

私としては、イレギュラーな処理をしているので、当初どおり「雑損失」とした方がいいと思うのですが
どのように考えるべきなのか、よく分かりません。

何か、棚卸資産を廃棄処分するときの基準はあるのでしょうか?
他によい仕訳はありますか・・・?

閲覧数:
17,614
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmm********さん

編集あり2008/1/2901:55:54

(1)や(2)の仕訳は会計ソフトで必要とされる仕訳で、本来は期首商品や期末商品の棚卸高は
仕入勘定を使います。会計ソフトは期首や期末棚卸高を科目として使ってやらないと認識できないので
そういう仕訳になっています。

仮に手作業でP/Lを作成するとした場合、つまり本来の仕訳としては、こんな感じです。
(期首商品100、当期仕入1000、期末なしで当期仕入が全部売上原価となり、期首商品の全てを
雑損失で落とすと仮定します)

仕訳
(1)仕入100/商品100
(-)仕入1000/買掛金1000
(2)雑損失100/仕入100

「損益計算書」
期首商品棚卸高100
当期商品仕入高1000
他勘定振替高100
期末商品棚卸高0
売上原価1000

雑損失100


「貸借対照表」
商品0

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる