ここから本文です

架空戦記と南雲忠一について質問です。

茨の園さん

2015/5/1617:01:48

架空戦記と南雲忠一について質問です。

『列島大戦NEOジャパン』1巻で、昭和世界はミッドウェイ海戦敗北直後の世界だが、その際、撃沈された4隻の正規空母の司令官の内の生き残り、南雲忠一という人物が出てくるが、南雲忠一を調べると、 南雲忠一は生粋の航空屋ではなく水雷戦の専門家だったと聞く。
なぜ彼が場違いな配置にされたかというと、日本海軍特有の年功序列の人事が原因で、年功序列という人事を優先したことが、連合艦隊の敗北の原因の一つでしょうか?

●『列島大戦NEOジャパン』↓
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%...

閲覧数:
200
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2015/5/1701:47:16

あの戦争は陸海軍どちらも誰がどうやっても勝てる戦争ではありませんでした。そういう意味では年功序列は菅家ありません。

しかし年功序列を人事の中核にした為、あんな惨めな負け方をしました。アメリカの様に能力を基本に適材適所の人事を行なっていたら、もう少しまともな負け方をしたのではないかと思います。

米海軍のスプルーアンス提督は巡洋艦戦隊の司令官から抜擢され、ミッドウェー海戦でアメリカ機動部隊を巧みに指揮して完勝に導きました。南雲も航空畑出身ではなかったけど、こうなると個人個人の適正の問題でしょうか、、、人事の難しいところです。

更に言うと日本軍の場合は誰をトップに据え付けても参謀任せが多く、司令官の能力が出てこない事が多かった様です。上に立つものが自分に与えられた責任、権限で命を懸けて最善を尽くす、というケースは余り見られなかった。これは現在でも同じだと思います。日本のカルチャーでしょうか、、、

「南雲忠一」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる