ここから本文です

夫の優柔不断にイライラしています。現在、8歳と5歳の子どもがいます。 数年前...

ban********さん

2015/5/1803:23:47

夫の優柔不断にイライラしています。現在、8歳と5歳の子どもがいます。

数年前に上の子が小学校にあがるタイミングで、子どものために家を建てるといい始めました。いざ物件探しをすると、こ

のメーカーの人はなんだか信用できない、良い物件があっても、駐車しにくいとか、ゴミ置き場が気になるとか、売れ残ってる物件はあやしいから嫌だとか。結局はその時は決められず、5年くらい経ってしまいました。

周囲の人からは焦らず決めるようアドバイスを受けて、一時は探すことをやめてしまいました。
しかし、そろそろ主人の転勤の話が出ていて、今度からは家賃手当もなくなるので、自宅購入に踏ん切りたくなり、また家探しを始めています。

主人がやっと自分からメーカーの資料を取るようになり(それまで私が探してきたものは興味を持たないか、粗探しばかり)、納得のいくメーカーを決めれたので、少し不便ですが金額もそこそこ、環境のいい地域の土地を見に行くようになりました。
しかし、徒歩からもっと近い方がいい、少し考えたい、といってるうちにそこそこの物件が売れてしまったり。挙句には、やはりここから勤務地からは、遠いから通う自信がないと言い出しました。

なのでおなじハウスメーカーで、都心に近い物件を探したら、予算よりも高く、無理だから、もっといい土地を営業さんに探してもらう、といってますが、だいたい金額は似たり寄ったりです。

まずまずの物件を見ても欠点が目に付くのか決められず、理想を見つけると金額的に無理だ、と諦めたりします。結局どうしたいの、と言うと、わからないと返答します。理想と現実に葛藤して、妥協点を見つけて決断したり、乗り越える努力がないように思えます。ちなみに私がここはこういう利点もあるからだいじょうぶだよ、と背中を押そうとしても、納得しないようです。
かなり、イライラします。

また、今まで私が決めようとすると嫌がったので、任せていこうと呑気でいると、私が非協力的だとか、お金の大変さを分かって無いとか。ケンカなると、私が責められます。

子供たちもどんどん大きくなるし、なるべく早く決めて、自分も就職の当てを探したいのですが、住む場所も時期も決められないので、今後の自分自身の活動予定も決められません。

愚痴が多いですが、こんな夫の操作方法は無いでしょうか。
また新しい物件を探しに行くといいますが、体力的に限界で、今まで見てきたもので決めたいです。
助けてください。

閲覧数:
347,387
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kix********さん

2015/5/1814:24:43

おそらく、物件の購入だけでは無く全てにおいて「優柔不断」なので例えばの例として物件を出されたのだと拝見しました。優柔不断なご主人の操作方法ではないでしょうか。

このような、ああ言えばこう言うと行った人には、対立する事を言わない事が大切だと思います。それには、あなたが一枚上手に成る事ですね。良く「手のひらで転がされる」と言いますが、気が付いたら貴方の言いなりになっていたの例えです。
それには、ご主人の意見に相反する意見を控えて、並走する事から始めます。家屋の購入は大きな買い物ですから、始めは小さな物で実験をされるとコツが掴めると思います。
① 相手の意見や考えに同調する。
② 相手をおだてる。
③ 凄い! どうして?等の言葉で祭り上げる
④ 良く判ったね。とあなたが理解者である事を認識させる。
⑤ これに乗って来たら作戦開始です。

先ずは、あなたが欲しい物件を否定的に出して敢えて文句を付ける。
そうすると優柔不断なので、どうしてかと反対意見を出し始める。
反対意見を出し始めたら、凄いねと賞賛してあげると、とても喜びます。
結果的には、貴方の意とする物がケチを付けられずに、喜んで賛同してくれます。
大人も子供も、褒められて怒る人は先ずいません。
褒めて、手のひらで転がすのがいいと思います。

質問した人からのコメント

2015/5/19 08:12:06

ありがとうございます。
もう一度主人と話し合いたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jak********さん

2015/5/1813:55:36

基本的にはカテ違いの質問でしょうね。
少なくともあなたが選んで結婚した相手なので、一番良く知っているあなたがお手上げなら他人には無理でしょう。

あなたも分かっていますが、旦那さんは理想と現実を行ったり来たりで、結局結論が出せないタイプ。
裏を返せばそこまで理想に執着がなく、現状維持が無難と考えるタイプですよ。

恐らくそこまで引っ越したいとは思ってないんでしょう。

根本的に引っ越す理由はあるんでしょうか?
動機が曖昧だから、あなたも押し切れないのでは?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goo********さん

2015/5/1808:51:53

住まい計画を進めたいと思っている方で配偶者、特に男性で施主のケースには、同じような課題を抱えている方は沢山います。
しかし、根底にある原因は同じです。
住まい計画を実践することに対する不安が家族にはいえないケースは、このような一見すると決定力や判断力が無い様に見れてしまいます。
このような場合は、不動産業者や建築業者の営業マンが相手では、埒が明きません。
近隣に住宅専門のコンサルタントが必ずいると思いますので、自社物件の販売や売買、業者との癒着がない方に相談されるとよいでしょう。
今回の場合は、かなり厳しい話をしてくれるから口の住宅コンサルタントでなければいけません。ご主人の本音を聞きだすには、テクニックが必要ですから、かなり経験の豊かな顧客の幸せを第一に考えることができるコンサルでなければ、解決はしないでしょう。
一般の個人や商売がかかっている住宅業者では、ストレスを抱えてしまうのは、過去の実際の経験からも理解されていると思いますので、相談される方をよく選び、無料相談や電話相談から始めるとよいでしょう。

ode********さん

2015/5/1804:23:37

ご質問の「ご主人様の優柔不断さ」よりも、個人的には、「新築物件」を購入することのお話ほうが気になりました。つまり、今現在、購入資金が潤沢にあり、「住宅ローン」も使わないというのであれば話は別ですが、これから将来を見据えた場合、ローンを組んでまで「新築物件」を持つメリットは少ないように思うからです。ご主人様の職場環境(場所、転勤、賃金)、お子様の成長(教育費)と独立等々、ご夫婦を取り巻く環境というものは思いのほか激動するものなんです。”あんなに考えた間取りの子供部屋”に子供さん達が実際にあと何年住むのでしょう?自分たちを取り巻く環境がすっかり変わったのに、変わらないのは「35年ローン」と「固定資産税」の支払いということになりかねませんし、予期せぬ自然災害や欠陥住宅の心配も0%ではありません。ましてや、今や「借家」の”空室”が急増している状況・・・(人口が減少している、世帯が減少している、なのに住宅は作られ続けている・・)下では、”所有”しない方が色々な状況に適応できる”軽さ”を備えていると思うのですがいかがでしょうか。さらには、勝手なお節介としては、「その分」をお子様の(将来の)何かの出費に備えておくとかの方がよろしいのではないでしょうか。

質問の答えになっていませんね、すみません。
ご主人様が考えあぐねているのは、やはりマイホームという”人生で一番高い”買い物だからなんでしょうね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる