ここから本文です

賃貸不動産経営管理士 国家資格へ 平成29年くらいまでを目安に検討してるそう...

fun********さん

2015/5/3022:00:02

賃貸不動産経営管理士 国家資格へ

平成29年くらいまでを目安に検討してるそうですが
賃管が国家資格になった場合
独占業務はどの程度まで拡大されると思いますか?

国家資格になると同時に士業となるわけですが

合格率は、10%を切るでしょうか?

閲覧数:
6,772
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cit********さん

2015/6/115:29:45

あくまで憶測の域を出ませんが、昨今では原状回復費用(負担割合)、及び敷金の精算についてが社会問題化していますので、国家資格化する事で借主の負担割合、及びそれら精算業務については有資格者の立会いがなければいけない、という感じで落ち着くのではないでしょうか?

これまで不動産管理については、あくまで個人(及び会社)の経験とノウハウに頼った業務となっており、各現場によって判断があいまいとなっていましたが、そのあたりの基準を平準化する事でアンフェアさを取り除こうという狙いがあるように感じます。

ただそうなるとこれまで仲介専門で業務を行ってきた不動産会社(店舗)にとってはオーナーからの物件の委託数が減少してしまう懸念もあり、又、オーナーが自主管理をおこなってきた物件については、今後の管理形態を変換せざるを得ず、それによるコストアップ分が家賃に転嫁される可能性もあるため、どこまで有資格者に独占業務の幅を持たせるかは今後かなり紛糾するのではないでしょうか?

質問した人からのコメント

2015/6/1 18:00:32

なるほど、そのようなことが考えられるのですね
今後、どうなるのかが注目ですね
ありがとうございましたー

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる