ここから本文です

かんぽ生命の終身保険を解約しようと思ってます。現在22歳です。死亡400万、入院1...

アバター

ID非公開さん

2015/5/2708:50:06

かんぽ生命の終身保険を解約しようと思ってます。現在22歳です。死亡400万、入院1日5000円という内容ですが月々1万円はらってます。保険の窓口で同じ1万で見た時にかんぽより手厚くできることだったので解約しようと

考えてます。保険の窓口ではマニュライフの生命保険とメットライフの医療保険に入ろうと思ってます。何かアドバイスがあればよろしくお願いします。

補足マニュライフ、メットライフ共終身保険を勧められました。結婚してから定期に入ればいいと勧められました。月々1万5千を予算で何かオススメがあれば色々検討してみたいので紹介してください!

閲覧数:
8,744
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

髙杉 雅紀子さんの画像

専門家

2015/5/2820:08:35

既に回答されている方の意見と同じなのですが、かんぽ生命の終身保険を解約して、他社で終身保険に入るのは意味が無い気がします。
終身保険の特徴や途中解約のデメリットは、他の方が回答されているので省かせていただきます。

また、質問者の方が保険をかんぽ生命から他社に切り替える理由が『保険料が高くて、他社へ変更したい』という意図でもないようですし。


勧められた保険が気になるようなら、医療保険だけ加入されてはいかがでしょうか?先進医療もあり、保険料も安いですよね。
かんぽ生命は、基本の終身保険だけ継続するという方法もあると思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/5/2907:09:34

    回答ありがとうございます。かんぽ生命は全く契約の変更ができないものと思われるので困ってます。老後の資金準備には個人年金が率がいいのでしょうか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

回答した専門家

髙杉 雅紀子さんの画像

髙杉 雅紀子

ファイナンシャルプランナー

ママ目線でお客さまにわかりやすく安心できるプラン説明を目指しています。

ママ目線でお客さまにわかりやすいく安心できるプラン説明を目指しています。

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bocca_chikkaさん

2015/5/3012:10:16

相談に行けばどこでも契約前提で話をされるのは当たり前ですよね。
企業にとって利益率の高い商品を勧めるのは、経営効率の観点から至極当然の事と言えます。
質問者様にとって有利な契約ができれば、販売側の利幅なんてどうでもいい話ですよね。
あまり業界裏事情とかそんなことは気になさらず、提案内容をよく比較確認したうえで、純粋にメリットが出る方法を選択すればいいだけの話です。


個人的には、他の保険に切替えても十分にメリットが出ると考えます。

ただ、終身保険部分はマニュライフでなくアフラックのWAYSが有利だと思いますよ。
22歳男性、400万円、60歳払いで月の保険料を比較すると
①かんぽながいきくん:6,480円、総支払2,954,880円
②アフラックWAYS:5,476円、総支払2,497,056円
①-②で約50万円もの開きが出てくるわけです。当然返戻率も違ってきます。
因みに60歳時点の②の返戻率は121%を超えます。
つまり、一般的な個人年金よりも返戻率が高く、個人年金としての活用もできるわけです。
(個人年金保険料控除は使えないが、返戻率で十分カバーできる)

①を早期解約した場合の損失を加味しても、②に切替えるメリットは十分にあると言えましょう。
アフラック自体も心配するような保険会社ではありません。

※因みに70歳での返戻率は134%、75歳では139%といずれもマニュライフを上回ります。



次に医療保険についてです。
個人的には、がん保障や3大疾病保障は付けた方がいいと思います。
性別は不明ですが、がん保険は医療保険の特約として入ると保険料を減らせます。
メットライフも決して悪くはないのですが、個人的には以下の組合せがベストに近いと考えます。
<22歳男性 すべて60歳払込、入院は60日型>
①5,000円/日+先進医療:1,672円
②5,000円/日+先進医療+診断給付100万円+3大疾病一時金50万円:3,819円
③放射線・抗がん剤・ホルモン剤治療を受けた月に10万円:880円
(③は余裕があれば契約)

①+②により主な保障内容は以下のようになります
<22歳男性 すべて60歳払込、入院60日型>
■保険料
1,672円+3,819円=5,491円
■入院給付
入院日額10,000円、3大疾病は日数無制限、7疾病は5,000円のみ120日
■がん保障
・診断給付金100万円(上皮内癌同額保障・回数無制限)
・3大疾病入院一時金50万円(回数無制限)
・つまり、がんで入院すれば合計150万円
■3大疾病に対する保障
・入院一時金50万円(回数無制限)
・入院日数無制限1万円/日
■先進医療
通算合計4,000万円まで
■手術給付
入院中15万円/外来5万円
■短期入院(5日以内)
25,000円+5,000円×日数

基本的に①②で十分ですが、③でより充実します
③はガン通院よりも有利でしょう。
入院給付金は差額ベッド代を考慮すれば、1万円あった方がいいです。

なぜ、①②に分けるかと言いますと、いいとこどりをして保障を充実させ、掛け金を下げるためです。
例えば、同等の保障を②のみで契約すると6,354円にもなるわけです。
また、少々こじ付けですが、保険会社を分けるとリスク分散にもなりますし。
因みに①はオリックス生命新CURE、②はあいおい生命新医療保険Aです。


以上合計すると11,000円未満、ご予算の15,000円未満になります。
後はご家族が増えたら、定期保険(収入保障保険等)に4千円以内で加入すればいいでしょう。

もちろん、払込が5年延びる?かも知れませんので、保険料の単純な比較はできないですが・・・
返戻率、入院日額、がん保障、3大疾病保障・・・今より確実に良くなると思いますが、いかがでしょうか?

rasta_piiyaさん

2015/5/2909:07:52

かんぽの死亡保障(=基本契約)のみ残して、入院特約だけ解約し、浮いた金額で医療保険に入る。災害特約は好みに応じて残してもいいです。
私も同じことしましたが、保険に明るい人ならこの一択ですよ(すでにかんぽで終身に入ってるうえでの見直しとしては)。

すでに他の方も仰られており、だめ押しとしてお伝えしますが、まず保険の窓口とは、相談ではなく、相談を装った商談です。

次に、保険の比較の際は、以下の点を必ず同じ条件にすること。月の保険料で比較は一番ダメですし、そこを説明しない担当者は全く信用に値しないと断言しましょう。
①死亡もしくは入院時の金額。基本ですね。
②保険料。これも基本ですね。
③その金額の保障がいつまで続くのか。段々減くとかではないのか。
④いつまで払うのか。一生払い続けるものも結構あります。必ず確認すること。
かんぽは60歳とかまでに一生分の保険料を払い終えるので、上記①~③を同じ条件にすると、一生払いより割高になるのは当たり前のことです。

今22歳のあなたが、終身生命保険が役立つのは50年くらい先ですよね?であれば医療保険はともかく死亡保障は、歴史あるところの方が、まだ精神衛生上安心では?
100年続いた実質国営のかんぽと、そうでないところ。50年後が安心なのは、どちらでしょう。
私はサンガリアの19円のコーラより、98円でもコカ・コーラの方が安心です。
もちろんこれは個人の考え方ですから正解はありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

mudajanさん

2015/5/2821:55:38

かんぽは「終身部分」定期がなく終身のみで400ですか?
でしたらそのままか100~300万などに減らしてみる、医療は解約してください。どうやってもかならず半額以下になります。
①終身死亡保障=貯蓄性で考るのであれば、新規で今マニュライフに加入するより良いですよ。
新たな低解約返戻金の終身保険を契約することはないです。(この手は手数料が多い)
②医療
終身医療保険の払い込み短期のものと思いますので、その部分がかなり高い保険料になっています。入院や手術をしなければ何ももらえません。
三大疾病一時金(乳がん女、前立腺がん男、上皮対応)や医療保険にお金を支払うほうがあなたに向いていますし保険に加入している意味があり安心ですね。(安い定期期間でもよいです)
予算を一万5千円もかけるのでしたら
残りは個人年金でよいと思います。どうぞ見積もりしてみてください。

個人的には若い方でしたら
個人年金に三大疾病や医療をちょこっと付けることもできる保険会社がありました。年金開始の時に三大疾病やがんになっていなければ希望であれば無条件で終身へ変更そこだけ保険継続可能、そのような保険が良いです(なかなかありません)。
60開始で予算内で、貯蓄と不安解消ができますのでよいと思います。
たまった個人年金は老後のためとはいえ、子供が成人前に元本が超えていると思います。思うように貯蓄ができなかった場合これは教育資金としても使えます。

※定期とは一定期間という意味です。
補足で記載されている定期の意味は「家族への死亡保障、定期(掛け捨て)」の意味だと思います。
「終身」遠い将来のことを真剣に考えすぎて毎月の固定の負担を大きくすることはないです。
家を買う、車を買う、などローンを組むときにわかります。
特に女性でしたら
結婚して子供もうまれ、保険料はご主人か貯蓄を切り崩し継続しますので
★一万円以下で貯蓄性と保障性両方安心できるものがいいのではと思います。
もちろん15000円でしたら貯蓄性部分を大きく取れますが…。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2015/5/2812:23:09

高い!安い!知恵袋の質問者は、これが基本!
あなたに取って、必要な保険は何なの?
終身保険の意味わかる?
脱税で捕まって、罰金払って、社長が交代するような代理店よりは、世界で一位のかんぽ生命の方がよっぽども安心は安心です。でも、何で今から終身保険が必要なのかは、疑問です。
来年からね!金融庁様のお達しでね、保険の窓口も売り方を変えなくてはならないんだよ。
もう一度、必要な保険を考えてみたら?
無料相談ではないです!下心商談です。一社しか販売できない保険会社の職員より、何社でも売る事が出来るのに特定の会社しか販売しない事で、金融庁様に目を付けられてしまったんです。フォローなんて何もないよ。地元の個人代理店で相談したら?
補足に対しての回答をします。知りたい内容にジャストミートではないです。私の考えです。定期保険は結婚してから?そもそも、ここが疑問です。定期保険は、同じ保険金なら終身保険のヘタすれば1/10の保険料の年齢の人もいます。残さなくてはならない人?がいないあなたが何故80才過ぎての葬式代の心配をする必要がある?葬式代にお金なんて掛ける時代じゃないし、これから増々そうなって行くと思う。そんな時代背景に終身保険を勧めるのは、手数料に他ならない。これからの時代は、人よりは自分の備えです。生前給付金や老後生活費用として、自分の老後に送金する年金でしょうね。大卒年収300万円の時代には、自分が人に迷惑を掛けない事の方が大切です。机上の計算で儲かる保険の販売しかしていないフランチャイズ代理店は、いざ入院になったら、相談は自分で加入された保険会社へするんだよ。だから、目先の計算だけでなく、地元の代理店が良いよ!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

blackyskierさん

2015/5/2712:57:57

現在終身保険で400万円の保険に加入中とのことですが、終身保険は何歳で亡くなっても保険金がもらえます。(30歳だろうが、100歳だろうが)

終身保険は積立てなので解約すると解約返戻金があると思います。
しかし、終身保険は早く解約すると解約返戻金が少なくなってしまう場合が多いです。そこを理解して解約するならしましょう。
さらに、保険の窓口で本当に同じ補償で比較したのか注意が必要です。
一生涯の補償である終身保険ではなく、保障期間が10年などと決められていて解約返戻金もない掛け捨ての定期保険だったりしてませんか?

一般的に解約返戻金がある終身保険よりも、掛け捨ての定期保険の方が保険料は当然安いです。
保険料が安い分、補償を厚くできます。

終身保険で一生涯の補償を、死ぬまで保険料が変わらない保険料で対応したいのか?
定期保険で期間限定の厚い補償内容を望み、10年後などに更新する際に保険料が高くなっても良いのか?

どちらが良い、悪いという話ではなく、ご自身がちゃんと理解をした上で選択をしているかが重要です。
自分が65歳や70歳までに保険料を総額いくら支払う事になるのか、そしていくら返ってくるのか、あるいは返ってこないのかを把握して、自分が納得いくものを選ぶという方法もありますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。