くせ毛にも種類があるのですか?

ヘアケア85閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ssssssssssss

お礼日時:2015/6/3 16:06

その他の回答(2件)

0

くせ毛は大きく分けて5種類あります。 ■波状毛(うねり系/wavy) ・手触りは悪くないけど、部分的にひっかかる ・波うったり、うねったり ・大きい波や、小さい波など 程度は様々 ・くせが弱いと直毛にみえる ・湿気に弱く、広がりやすく膨らみやすい ■捻転毛(ねじれ系/twisted) ・手触りがザラつく ・「ジリジリ」した印象 ・太さが細かったり太かったりする箇所があり均一感がない ・ツヤのない直毛に見える場合もあり ■連球毛(うずまき系/ream spherical) ・手触りがゴワゴワ ・ジリジリした印象 ・髪の表面が凸凹で太い部分と細い部分がある ・非常に切れやすく縮毛矯正が難しい ・小枝のように節がある ■縮毛(チリチリ系/kinky) ・ねじれが細かくチリチリ ・黒人に多いタイプ ・らせん状に巻いている髪もあり ・硬い髪質が多い ・さらに捻転している=ねじれている混合ケースも ■部分的なくせ毛 髪全体ではなく、部分的にクセがあるケースもあります。 根元が立ち上がってふくらむ 耳の後ろや前髪周辺に多いケースです。 毛流れが不規則 あちこちにむかって生えるケース。重なる部分にボリュームが出て、全体的にバラつきのある印象になります。 毛が寝てしまう 生えぐせによりペタッとしてしまうタイプ。 前髪が割れる 前髪が思う通りにならない悩みは大変一般的です。 毛先がはねる 毛先は根元より水分が不足しがちで、直毛の人でもパサついてはねることがあります。ナチュラルカールの場合は、同じ理由で毛先のクセがさらに強くなりがちです。 サイドがはねる サイドが広がりやすく、耳周りが特に顕著で、悩みの種になりがち。 前髪以外の生え際に方向性がある 首元の生え際にくせがあり、ぱっくり割れてしまったり一定方向に流れたりしているので左右が対称にならない、どうしても上に向かって 後ろがはねる、ということがあります。

0

こんにちは。 はい、くせ毛にも種類があります。 一生懸命ブローをしても、なかなか思い通りにいかないくせ毛。 一口にくせ毛と言っても、実はいくつか種類があります。 くせ毛の種類と特徴について詳しくご紹介します。 ※毛髪の形状は大きく3種類 くせ毛の種類を知る前に、まずは毛髪の形状から見ていきましょう。 毛髪の形状は、直毛、波状毛、縮毛と大きく3種類に分けられます。 一般的に直毛は黄色人種に多く、波状毛は白人、縮毛は黒人に多いですが、個人差も大きいようです。 また、髪の断面は直毛の場合は円形に近いですが、波状毛、縮毛と髪の縮れが強くなるにつれ、円形から楕円に近くなっていきます。 ※くせ毛の主な種類と特徴 では、くせ毛にはどんな種類があるのでしょうか?以下で詳しくご紹介します。 1.波状毛(うねりのあるくせ毛) 日本人のくせ毛で一番多いと言われているのが波状毛。 いわゆる、うねりのあるくせ毛で、湿気によって広がりやすいタイプです。 手触り、指通りはそれほど悪くありませんが、うねりが強いとゴワついて見えることもあります。 2.縮毛(縮れのあるくせ毛) 黒人に多く、縮れの強いくせ毛で、断面がソラマメ状になっています。 縮毛に近くなるほど毛根が湾曲しているようです。 3.捻転毛(ねじれのあるくせ毛) ねじれのあるくせ毛で、髪が縄のようにねじれた状態になっています。 ねじれている部分が切れやすいので、髪のパサつきが気になる場合もあります。 4.連珠毛(太さが均一でないくせ毛) 一定間隔で太くなったり細くなったりと数珠状になっています。 細い部分が簡単に切れてしまうため、縮毛矯正をかけるのが難しいと言われています。 ※自分の髪質に合ったケアを見極めよう 日本人に多いと言われる波状毛ですが、髪の量や太さ、うねりの強さは人それぞれです。 ただし、くせ毛の度合いは違っても、毎日のお手入れを丁寧に行うことで、髪本来の美しさを引き出すことはできます。 くせ毛の方で注意していただきたいのは毛先の乾燥。 毛先が乾燥してパサついていると、紫外線やドライヤーの熱などの外的ダメージも受けやすく、枝毛や切れ毛、ゴワつきなども進行しやすくなります。 インバストリートメント、アウトバストリートメントで上手に潤いを補給して、髪を守っていきましょう。 くせ毛が気になる方におすすめしたいのが、定期的にプロの手でケアを受けること。 炭酸泉を使った洗髪やヘッドスパ、トリートメントなど美容院での施術を受けると、髪の状態はかなり良くなります。 くせ毛に困っている方は、一度美容院で髪をじっくりと見てもらい、そのときの自分の髪に一番必要なケアを教えてもらうと良いでしょう。 自分の髪質に合ったケアをして、くせ毛を扱いやすく変えていきたいですね! http://www.viceviza.com/article/000542/ 以上、参考になれば幸いです。