入社書類に 身元保証書、 身元保証人の印鑑証明(実印入りの印鑑証明)、 本人の住民票(世帯主が記載されたもの) を準備することになってますが、 どうしてここまでしないといけないのかが

入社書類に 身元保証書、 身元保証人の印鑑証明(実印入りの印鑑証明)、 本人の住民票(世帯主が記載されたもの) を準備することになってますが、 どうしてここまでしないといけないのかが 引っかかります。 もし、何かしらあった場合、家族ぐるみで全て精算しろ!と言ってるようなもんじゃないですか… 皆様はどう思いますか? 親は辞退しなさいと言っています。

法律相談3,415閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

身元保証書については、本人が横領等で会社に損害を与えた場合、本人だけで弁済できないときのためです。 印鑑証明は、保証人に無断で本人が記名し三文判で押印して提出、後日「私は保証人になった覚えがない」という争いを防ぐためです。 住民票は本人確認のためです。 個人情報についてうるさい時代なので、履歴書記載事項が真実か?を調べることが難しくなっています。(経歴、学歴等) 最低限、氏名、居住、家族構成を確認したいためです。 その程度の求めは、通常のことであり、辞退するのはいいと思いますが、就職先の範囲が狭まると思います。

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

事故や不注意で与えた損害を弁償させるためではありません 犯罪行為をしないという保証です 大手なら当然です 会社に相談などすると「このたびはご縁が無かったことにしましょう」と言われるのが落ちです

0

>>もし、何かしらあった場合、家族ぐるみで全て精算しろ!と言ってるようなもんじゃないですか… いや、その通りでしかありません。 貴方が業務上で会社にどでかい損害でも与えるような事でもしでかしたら、その時はその損害の一部ないし全部を保証人と貴方に請求する為のものでしかありませんからね。 因に、これは法律上でも定めがあります。 >>親は辞退しなさいと言っています。 農協とか役所とか大手メーカーとか、まだまだこの慣習が当たり前のように残っているような所も多いですからね。 応じれないならそこへの就職は諦める他ありません。 ■参考リンク ▼昭和八年法律第四十二号(身元保証ニ関スル法律) (昭和八年四月一日法律第四十二号) http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%90%67%8c%b3%95%db%8f%d8&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S08HO042&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

コメントありがとうございます。 就職先は常時企業の大手メーカーです。これを逃したら再就職を失うと思っています…。 やっぱり家族ぐるみで払えってことなんですね。普通の会社なら、過失や何かしら不具合があった場合、会社との折半で商談しますが、そういう訳ではないという訳ですね…。 辞退するかどうかは、今日人事課に連絡してから考えようかと思います…。 せっかく決まったのに悲しいです。

1

業種(特に金融や人の財産に関わる仕事等)によっては当たり前のはなしです。 嫌なら止めれば良いだけの話、それで別の働き口が直ぐに見つかるなら。 派遣の様な底辺ならそんな書類の提出はないけど。

1人がナイス!しています

0

会社の金を横領して逃亡して、全て使い切られたらどうします? 家族ぐるみで全て精算しろ!と言ってるようなもんじゃないですか…>>>その通りです。 会社の事情が理解出来ないなら、親の言う「辞退」をするだけです。 入社者全員に同じものを提出させてるのでしょうから・・・・・・・それが会社と言うものです。

コメントありがとうございます。 でも入社時に身ぐるみ剥がされて入社するのは、私自身も納得できませんし、親はもっと思っています。 それが、会社というものでしょうか…?