ここから本文です

公認会計士か税理士かの選択はどの様に決めていきましたか?

アバター

ID非公開さん

2015/6/2109:08:22

公認会計士か税理士かの選択はどの様に決めていきましたか?

子供の将来の事で、関心をもってどの様な道か調べているところですが、
一言で、険しい道、難関と思いながら調査中です。

いろいろ教えていただけると幸いです。

高校で簿記を学び、
日商簿記2級を合格後、1級も目指したくて
経営学部のある大学へ進学した後、
ダブルスクールで簿記1級講座を検討している身内がおります。

来月からスクールに通う予定で、専門学校を選んでいるところの様です。
(TACか大原)
将来については、税理士や公認会計士のどちらを目指したいというのは決めておらず、
日商簿記1級を合格したいと思う気持ちのほうが強いので、
迷わず簿記1級の勉強を。と、講座が受けられる専門学校を選んでいるところです。

本人も、
税理士や公認会計士の資格を取るには難関と解っていて、
簿記1級を目指して勉強して合格できるか実力を試してから
税理士コースや公認会計士コースへと考えている様です。

簿記1級を大学へ通学しながら、ダブルスクール経験のある方は
TACと大原、どちらがお勧めですか?

また、参考までにお尋ねします。

簿記1級講座
税理士講座
公認会計士講座

と3つあるのですが、簿記1級講座を選択するのは少数ですか?
早い段階で、税理士か公認会計士か決めてそちらを選択している人のほうが
多いのでしょうか?

私は目指している本人ではないのですが、
興味関心があって質問させていただいてます。
お忙しいところお時間ありましたら、お勧めの専門学校や
進路選択についていろんな考えをお尋ねしたいです。

補足沢山の方からご回答いただきまして、ありがとうございました。

皆さんから頂いたご回答すべてベストアンサーなので選べません。
投票にさせていただきます。

お忙しい中、役立つご回答をお寄せいただいてありがとうございました。

閲覧数:
1,202
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2015/6/2617:25:17

あまり参考にならないかもしれませんが。

父親が自営業を営んでいた為、小学生のころから税理士事務所に書類を届けるお使いを頼まれ税理士という職業を知っていました。
その後大学(経済学部)に進学し、就職や将来を考えると税理士と公認会計士という選択肢に行きつきました。
父親が自営業を営んでいた影響もあり独立開業できそうなのはどちらかと考え税理士を選択しました。
兄が司法試験を受験しており弁護士を目指していて(現在独立開業してます)、将来仕事で協力できるのではないかという点も大きかったです。

経営学部の大学に進学されているという事は税理士、公認会計士ともに受験資格があります。
なので受験資格の一つである簿記1級を受験される方は少数です。

TACか大原。
非常に難しい選択です。
大差ないので。
税理士講座を両校で受講した経験から言わせて頂くと、TACと大原の違いではなくTAC内、大原内での講師の差の方が重要に感じました。
講師自身の能力の差ではなく、自分に合っている講師なのかどうか。

ご参考になれば幸いです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/6/2800:50:42

    ご丁寧なご回答をいただいて、大変参考になりました。
    ありがとうございます。

    選択理由にある、小学生から税理士事務所へのお使いで職場見学できて素晴らしい体験だと思います。
    事務所に出入りしたことがないので、イメージがわきませんが、
    開業するにもお金がかかるという事に気づいて参考になりました。

    まったく知らない事ばかりなので、本当に参考になってありがたく読ませて頂きました。

    >経営学部の大学に進学されているという事は税理士、公認会計士ともに受験資格があります。
    なので受験資格の一つである簿記1級を受験される方は少数です。

    そうなのですね。
    いろいろな方から、御親切にアドバイスいただいて勉強になります。

    ありがとうございました。



返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ata********さん

2015/6/2615:32:12

税理士か公認会計士かは、働きながら勉強せざるを得ないなら税理士、働かずに勉強に専念できる環境なら公認会計士、ということで私は税理士を選択しました。
働かなければ食っていけないので。
公認会計士受験生の知人もたくさんいましたが、長い人では20年以上も働かずに受験生をしてるお金持ちもいました。
現実的には3年から5年だけ親のすねをかじり、受からずに撤退する人も多かったです。

簿記1級を取ったからって税理士や会計士を目指す人は多くはないと思います。
逆に、大学を出てれば税理士試験の受験資格に簿記1級なんて不要だし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

s60********さん

2015/6/2507:43:00

日商簿記1級と税理士では勉強量が数倍くらい
ちがうのでは?
簿記一級を合格したいひとと税理士になりたい人
はかなり違います。

公認会計士はさらに勉強のセンスが要求されます。
普通に勉強していたら、簿記を授業でやる
高校にはいかないような。

公認会計士は頭がよくないとかなり
勉強つらいですし、何年も勉強して
お金かけて学校いって、全然話にならなかった
というようなことになるのが現実ではないですかね。

更に、知り合いの公認会計士は
競走馬をもってるような家庭で育った方ですが
仮に試験にうかったとしても、監査法人で
実習とかで周りの人と話があわなかったりすると
辛いですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rab********さん

2015/6/2506:23:30

私も身内が税理か会計士かと悩んでいるものです。
税理士になるには簿記一級は必要です。
簿記一級は難し所ですが 順位的に
簿記一級→ 税理→ 会計士の順に難しいので

とりあえず、努力努力で、簿記1級はとらねば!と思います。
例えば、高校にだって簿記一級を持っている教師は
いなかったり、少なかったりの現状です。

TACか大原か?
ですがTACも専門ですが、大人もたくさん通っているところなので
見学にいくなりしてその子にあっているかも見極めたらいいと思います。
大原は課題が多くたくさんの種類を勉強させられるらしく
この専門だけをしたいのにと・・通っている子は話していました。
とにかく見学に行くことは大事ですよ。
おたがい頑張りましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

unc********さん

2015/6/2500:55:37

税理士です。
大学時代はダブルスクールで税理士講座を受講していました。
税理士は合格までに十年数年かかるのがザラです。
税理士を目指すのであれば試験が年1回しかないので
1回でも早く受験すべきだと思います。
これは公認会計士も同じだと思います。
公認会計士は数十年ではなく、大学時代や浪人中の20代半ばまでには
合格しておきたい資格だと思います。

どちらの資格にしても受験資格があり、大学3年からが受験で、税理士であれば
8月が試験になりますので早い人で前年の9月、つまり大学2年の9月から
ダブルスクールで受験勉強に入ります。公認会計士ですと2年コースとかも
あったように思います。

日商簿記1級も難易度の高い資格ですが、のちに会計士や税理士を目指す予定で
大学に進学されているのであれば直接、税理士や公認会計士のコースを受講すべき
だと思いますが大学1年生であれば1級を受験してからでも良いかと思います。
実力を試すとはあくまで1級の話ですよね?

1級が受かったからと言って税理士・公認会計士の合格しやすいという
訳ではありません。会計士試験は詳しくないのでわかりませんが、
少なくとも税理士試験は税法科目もあり、簿記とは全く違った正解になります。
1級は税理士試験の受験資格にもなっていますので、勉強すること自体は
無駄にはなりませんが、受験回数を1回無駄にしてまで取得するべきでも
ないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mac********さん

2015/6/2404:42:02

公認会計士/税理士です。

①公認会計士か税理士かの選択はどの様に決めていきましたか?
公認会計士の方が職域が広いので、公認会計士を選びました。
現在の制度では、公認家計士になれば税理士も登録可能です。
(但しこの制度には税理士会が反対しているので、将来は変わる可能性はあります)
一般論で言うと、公認会計士の方がより大企業相手の仕事、税理士の方が中小企業も相手にする仕事になりやすいです。
両方経験した立場から言うと、別にどちらの方が良い仕事と言うことはありません。
どちらもやりがいのある仕事です。
ただ、会計士の方が両方経験しやすいとは思いますし、両方経験するのは仕事の幅も出るので良いことだと思います。

またここからは個人的な意見ですが、税理士は会員数が7万人を超え、飽和状態です。
加えて、税務計算ソフトの発達などで税理士であれば食って行けるという時代は終焉しつつあります。
会計士ももちろん景気変動によって需要は大きく変動しますが、今は人不足で売り手市場です。
そういうことを考えると、公認会計士の方が将来的な可能性はあるのかもしれません。
(繰り返しになりますが、個人的な意見です)

②TACと大原、どちらがお勧めですか?
これは他の方も回答されていますが、大差ないと思います。
どちらが近いか、授業料はどうかなどで判断して良いと思います。

③・・・簿記1級講座を選択するのは少数ですか?
最終目標が税理士か公認会計士と定まっているのならば、早々に税理士なり公認会計士なりの講座を受講した方が時間的ロスが少ないと思います。
簿記1級ももちろん難関ではありますが、税理士なり公認会計士なりの試験よりはレベル的に大分落ちる+範囲も限られているので、税理士なり公認会計士なりの試験勉強の過程で余裕で取れるレベルに達します。
ちなみに私は簿記1級にほぼ満点で合格した数ヵ月後に会計士試験を受験しましたが、その年は不合格でした。
ただ、そもそも税理士なり公認会計士なりを受験しようかまだ迷っているというのであれば、受験してみるのは良いと思います。
そういう方も少数派ではありますが、特に税理士受験組にいらっしゃいます。
ただ時間のロスにはなるので、1年内合格を目指すとか期限は切った方が良いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる