ここから本文です

コリドラス・ステルバイの異常な怯えについて いつも知恵ノートを拝見させて頂...

azb********さん

2015/7/922:29:35

コリドラス・ステルバイの異常な怯えについて

いつも知恵ノートを拝見させて頂いております。
コリドラスのノートに限らず、非常に参考になります。

現在、60cm水槽でステルバイ9匹と、オトシンクルス2匹、
ミナミヌマエビ10匹ほどを飼っています。

ステルバイは5匹を2回にわけて、別々の日に購入して導入しました。
初回に導入した時は、翌日に1匹落ちてしまいましたが、
その後は調子も良く、1ヶ月が経ちました。

ただ、導入した直後からそうなのですが、水槽に近づいた時の怯え方が酷く、
近づくと一目散に逃げ出し、ガラス面にぶつかっているような感じです。
餌を食べている時も近づくと逃げ、しばらく寄ってきません。

水槽は正面以外を黒のスクリーンで覆っていますが、直る気配がありません。

以下はその水槽の環境です。

水槽:60cm水槽
ろ過器:テトラ プレミアム PVX-90
底床:田砂1cm
餌:コリタブをメインにひかりミニキャット、たまに冷凍アカムシ
pH:7.2~7.4
TDS:160前後
その他:40cmほどの流木が1つ、水草は流木に付いたウィローモスのみ

pHが高めなのですがその影響はあるでしょうか?
単に、まだ水槽になれていないだけなのでしょうか?

お気づきの点がありましたら、ご教授下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

閲覧数:
421
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

カゲマルさん

編集あり2015/7/1022:29:35

御待たせしました。。。

コリドラスは『群』を好むナマズとして知られてますが、それは『小型』故に多くの外敵に狙われる為でして、それを群と言う『隠れ家』にて身を守ると言う性質からとなります。
分かり良い例えとすれば、『鰯』の魚玉と似たような感じかな。

※ 確かに環境に慣れてないだけかもしれませんが、水槽サイズに比べ大きな流木を入れてますよね?
そのような身を潜める場所があれば臆病なナマズですから隠れるのは当然でして、その事が結果的に環境に順応する時間を長くするし、飼育者に対する『警戒心』を緩めるにも時間を要してしまいます。
ま、これも時間が解決はしてくれるんですが、コリドラスを『観察する』と言う観点からすると隠れ家(流木)は邪魔だし、顔を近付けて逃げるようでは細部を観察できません。
冒頭で述べた群を形成するだけの匹数は飼育されてるので、流木を『小さな物』に変える事を推奨します。
ただ迎え飼育して間もない段階ですから、切り替えるとしても『少し先』の方が宜しいかと思います。

※ 水質と警戒心についてですが、その程度は何ら影響しませんし、餌食い良く活性が高い状態であれば、多少の水質の不一致も気にしなくて大丈夫です。
大事なのは『コリドラス状態』ですから、日頃の活性は当然ですが、腮蓋のメタリカルな発色や鰭先の身長など調子の良さを示すポイントが常に良い状態を示すよう、水質管理に配慮するのが大事です。

エビが沢山いるようですが、何か意味や目的があるのでしょうか?
そね水槽サイズであれば『3匹』もいれば十分ですから、水質に無駄に影響する程の匹数は入れるべきではないと個人的には思いますね。
※ 不明な点などあれば、補足にて連絡して下さい。

質問した人からのコメント

2015/7/11 01:02:59

逆に隠れ家を多く作った方が良いと思っていたのですが、
考え方が違っていました・・・納得です。
適当な流木がありませんので、今度ショップで見てきます。

エビはコケ対策に入れていますが、3匹程度でも大丈夫でしたか。
他にも水槽があるので減らしてみます。

大げさかも知れませんが、コリドラスの気持ちが分かったような気がします。
本当、参考になりました。ご回答頂きありがとございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる