ここから本文です

最近Twitterで「今月の20日と31日にピンクムーンとブルームーンが見れる」とあるんで...

シャラシャーシカさん

2015/7/1416:14:08

最近Twitterで「今月の20日と31日にピンクムーンとブルームーンが見れる」とあるんですが本当ですか?今のところ半信半疑です。もし見れるのなら月がそうなる原理を教えてください。

閲覧数:
1,257
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sac********さん

2015/7/1717:25:47

月の色は太陽の光の色に関係してますよ いわゆる太陽の7原色にピンクがあるでしょうか?
ピンクの虹があるでしょうか?
ありませんよね 。ピンクムーンは嘘です。頭の中がお花畑な誰かの妄想です おとぎ話です
寝言は寝ている時に言え という感じです
その他色々と興味があるなら国立天文台のhpで調べてみるといいですよ
月以外にも色々と分かりやすく説明されていますよ

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

air********さん

2015/7/1416:39:12

ピンクムーンについてはただのデタラメ。
月が地平線に近い時に赤っぽく見えることはあるが、それをピンクムーンなどとは呼ばないし、何月何日だからそう見える、ということもない。月の出直後と月の入り直前の低い位置にある月は大抵赤っぽい。
こんなデタラメな単語は忘れてしまって結構


ブルームーンについては、本来の意味は「同じ季節に4回満月が訪れる時の、3回目の満月」のこと。(満月は大体1ヶ月に1回だから、大体は一つの季節に満月は3回)
その基準で言えば、今月31日の満月はブルームーンではない。

ただ、ブルームーンの本来の意味が間違って伝えられた結果、「同じ月に2回満月が見えること」をブルームーンという、という解釈も広がっている。(先述の通り、満月は1ヶ月に1回だが、巡り合わせ次第で2回起きることもある)
こっちの解釈で言えば、今年の7月は2日と31日の2回の満月があるので、ブルームーンだなんだと言われる月だということになる

なぜ同じ季節に4回満月がある時の3回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶのかには諸説あるが、別に月が青く見えるわけでは無い。いつもとなんら変わらない満月が見えるだけ。
また、大気の影響でほんのり青っぽく見える月をブルームーンと呼ぶこともあるようだが、これは今の話とは無関係。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる