ここから本文です

ボルタレン、ロキソニン、イブプロフェン、アセトアミノフェンは、鎮痛作用が強い...

tha********さん

2015/7/2709:42:05

ボルタレン、ロキソニン、イブプロフェン、アセトアミノフェンは、鎮痛作用が強い順ですが、強さに差があるのは、鎮痛作用の原理や働きかける場所や段階が違うからですか?

その違いを簡単にまとめれば、どんな感じですか?
副作用の強よさも、だいたいこの順番ですか?

閲覧数:
1,823
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gak********さん

2015/8/305:17:25

経口内服薬については、そう考えていいです。
決定的な違いは、ボルタレン錠はダントツに強力で、要処方薬で劇薬に指定されていますから、処方箋によって調剤薬局から交付されます。
ロキソニン錠は、かつては要処方薬でしたが、OTC薬として最近では同じ容量のものが市販薬で購入できます(第一類医薬品)。
イブプロフェン・アセトアミノフェンは弱いほうのお薬で処方箋なしで購入できます(第二類医薬品)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる