ここから本文です

現在閉鎖中の「クソガキどもを糾弾するホームページ」の管理人である葵龍雄氏は、...

bor********さん

2015/7/2718:23:45

現在閉鎖中の「クソガキどもを糾弾するホームページ」の管理人である葵龍雄氏は、正直な所、「時代の寵児」と言えますか?

詳しい理由も必ず併せて、何卒、皆様の御意見を宜しくお願い致します。

閲覧数:
9,064
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

att********さん

2015/7/2718:47:33

時代の寵児と呼べるかは不明ですし正しいともいえないかもれませんが
個人的には彼の行為には賛同してます。

悪人は糾弾されるべきですし
未成年だから保護されるべき、と法治国家である以上、
それを導守べきとは思いますが現状では法が人を守っていません。
悪人を野放しにするよりは彼のような行為も必要と思います。

そもそも彼が挙げる者は人間として
存在してはいけない者たちばかりです。
そう挙げる理由として殺人鬼達は他人の生の権利、
即ち存在の権利を阻害してしまっています。

たとえ、拘置されたりあらたに教育され過ちに気付いたとしても
他人の生を悦楽のために阻害したような者の「やり直し」は
誰も望んでませんし「贖罪」など永劫にできません。

殺人に関して子供だから、
といって保護するべきではないと思ってます。

周囲の人間関係や親の教育など、殺人鬼達が殺人をおかす理由は
さまざまかもしれませんが殺された側やその親族に
そんな殺人鬼達の理由が関係はないのです。

これも私見ですが
「子供の頃からそんな事をする悪魔は子供のうちに駆除と処分」
すべきと思います。

以上の理由から彼の行っている活動には大賛成してます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oki********さん

2015/7/2920:24:57

そんなの見たこともないし、知らなかったけど、いいと思いますよ。法がやらなければ社会がやるものです。みんな「いいひと」になりたくて思っていてもやらないからいいのじゃないですか。

昔は人の道から外れると社会からつまはじきされるのが怖いから大抵は我慢したものです。サカキバラとかその他色々多すぎて、しかも社会が甘いから彼らやりたい放題じゃないですか。

何をやっても未成年なら許される、と彼らが思っていたら怖いですね。三島由紀夫の「午後の曳航」で「人を殺すならいまだ、来年になったら罪に問われる」というセリフがあってゾッとしたけど今はそれが当たり前です。

彼ら何をしても大丈夫と高をくくっています。法で守られていても社会は許さないよ、という意思表示は大切です。

そのホームページは閉鎖されたのですか、何処からの圧力ですか?多くの人はそんなのがあることさえ知らないのじゃないですか。

時代の寵児、、という言葉すらおかしいです。みんなが、社会が、そういう「悪事」は許さないとおもうなら言論に圧力かけることなんかないはずです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる