ここから本文です

ラマン散乱光強度は、入射光の吸収量が多いほど、強くなるのですか。 吸収と散乱...

grs********さん

2015/7/2804:45:18

ラマン散乱光強度は、入射光の吸収量が多いほど、強くなるのですか。
吸収と散乱との関係性も教えていただければと思います。

閲覧数:
115
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gua********さん

2015/7/2923:11:28

はい、吸収が大きいほど散乱は大きいです。
吸収量が多いほど、散乱光も強いです。

試料の吸収スペクトルのピーク付近の光で、ラマン散乱を励起すると、非常に強いラマン散乱が得られます。共鳴ラマン散乱と呼ばれます。

電磁気学的に考えると、、、
固有周波数を持つ双極子に、固有周波数付近の周波数の電磁波を照射したとき、その双極子は強く揺さぶられます。
このとき、電磁波のエネルギーの一部は吸収され、別の一部は散乱光として再放射されます。
つまり、吸収係数と散乱係数はほぼ同じようなスペクトルになります。
(厳密にはちょっと違う。吸収は複素分極率の虚部に、散乱は複素分極率の絶対値の二乗に比例します。)

上記は周波数シフトのない弾性散乱(レイリー散乱)の話で、ラマン散乱は少し別の議論が必要ですが、定性的には似たようなもんで、冒頭のように吸収付近で強くなります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる