ここから本文です

食物アレルギーとドッグフードについて ダックス(オス6歳)についてなのですが...

blackruikunさん

2015/8/721:49:38

食物アレルギーとドッグフードについて

ダックス(オス6歳)についてなのですが、2歳前後から嘔吐や吐血、食欲不振が頻繁で、ずっと検査や治療を行ってきました。

慢性胃腸炎以外の診断名がつかず、ステロイド、肝臓の薬、ウルソを服薬してます。
状態がいい時は、月1ぐらいの点滴で持ち直しますが、最近、週1で点滴に通ってます。

療養食については、カナンの消化器サポート高栄養を1年続けてましたが、改善せず、食物アレルギーかもと低分子プロテインを1年ほど続けてました。低分子プロテインが効果がなかった(嘔吐が止まらない)ことから、食物アレルギーではないと診断されました。

療養食の評判はあまりよくなく、飼い主の判断で、グレインフリーのフードに変えました。食いつきはよかったですが、さらに嘔吐が増え、犬も自分から全く食べなくなりました。
その後、最近まで、国産の1キロ3000円~4000円程度の無添加、無着色、安心等記載されたものを食べさせ続けてます。
それでも、食欲不振は改善せず、一日中ベットの中に潜り辛そうにしている日が続いているので、アレルギー検査をお願いしてみました。

結果は、下の画像の通りで、赤のものはアレルギー陽性、ピンクは要注意です。

この結果から、長年苦しんできた消化器症状が、アレルギーによるものといえるのでしょうか。
獣医さんからはアレルギー検査の相関率は70%ほどだし、なんとも言えないと言われました。

ごはんを食べさせるのに何時間もかかった為、毎日、新鮮な鶏肉、鹿肉や馬肉をトッピングし、月に1回は、この子のために、神戸牛を買いに行ってました。肉をそのまま与えても、食いつかないことも多々ありましたが、全てが、逆効果で、アレルゲンを食べさせ、苦しめていたという事実に後悔の念でいっぱいです。

昨日から、アミノペプチドフォーミュラというフードに変えました。トッピングは何一つしていません。食いつきは悪いですが、ふやかして、スプーンで流し込めば何とか食べています。
今までのフードの違い人口の香料の匂いにぞっとするのと、酸化防止剤もあれですし、原材料も蛋白源がフェザーミールって…、羽を主食に食べて、寿命を全うできるのか…というイメージです。

アレルギー検査結果の解釈や、アミノペプチドフォーミュラ以外にいいフードがあれば教えてください。

補足回答ありがとうこざいます。
アミノペプチドフォーミュラに変えてから、3日間それ以外何も与えなくても、えずきや食欲不振が続いてます。
この3日間、布団の中にずっと籠っており、辛そうにしてます。
食事方法は毎回3時間クレートにフードと閉じ込めても食べないので、流し混んでいますが、以前のフードと比べ栄養価が少なく、量が必要です。その量を流し込むことは難しく、必要量の半量しか食べてないので、急激に痩せてきました。

アミノペプチドフォーミュラ,獣医,食物アレルギー,アレルギー,低分子プロテイン,アレルギー検査,食いつき

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,132
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/8/1201:23:36

掛かり付けの動物病院ではなく、大学病院で詳しい検査は勧められませんでしたか。中々わからないなら大きな病院で診断を受けて近くの専門医に見せる方がいいですよ。仲の良かった犬が中々病気の特定が出来なかったときに、大学病院で検査して検査結果は掛かり付けの病院で聞いていました。素人判断では病気の確定はできないです。

  • 質問者

    blackruikunさん

    2015/08/1208:23:25

    県内に大学病院はないので、科ごとに分かれた大きめの病院には2年ほど通っていました。
    今まで受けた検査は、血液検査、レントゲン、エコー、バリウム、内視鏡、胃生検、アレルギー検査です。
    血液検査で総胆汁酸の異常と、胃生検で慢性胃腸炎、アレルギー検査でいくつかのアレルギーの診断を受けた以外は、異常は見つかっていません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

urarasampoさん

リクエストマッチ

2015/8/1122:06:43

あくまでも私の勝手な印象ですが、こ参考まで。
最近犬に増えている様子がある(しばしば耳にします)、
クローン病やIBDの可能性も否定できないような…?
腸の症状が圧倒的にが多いものの、たまに胃中心の場合もあり、
(胃クローン)その場合は食欲不振や嘔吐が多くなります。
この病気、元は人間で発覚しましたが、
その後犬にも同様にあることがわかってきています。

はっきりした原因は不明ながら、
ベースは自己免疫疾患の可能性が高いと言われています。
その場合は免疫の仕組みが狂って、
自分自身の組織を外敵と誤認して攻撃するために、
炎症が起こるわけで、治療は困難です。

こちらは人間での解説ですが、
機序は犬も同じと考えられます。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/81

全く知らない獣医さんのサイトなので、
推薦するわけではありませんが、
解説がわかりやすいです。勝手にリンク、すみません。
http://yokohama-kac.com/cat04/cat04-03.html

まずはIBDに詳しい獣医さんを探して、
鑑別診断を受けられると良いのですが。
お住いの地域名+IBDで検索してみてはいかがでしょう?

今までかかった獣医さんの、
「アレルギーとは別物」という感触も
それなら合致するように思いますし。

また、アレルギー検査で疑いがある物質が
必ずしもアレルギー症状を起こすとは限りません。
そこは可能性のある物質リストとして受け止め、
与えた場合とやめた場合を根気よく観察して
本当のアレルゲンを割り出す必要があります。

質問者さんのわんちゃん場合は、
アレルギーとは違う印象ですし、となると
アミノペプチドフォーミュラである必要もなさそうなので、
症状が少なめの良質な食材やフードを探して、
流し込むしかないのでは?
ただし、他に比べてアミノペプチドフォーミュラなら
症状がマシならば、今は少しでも食べさせて
体力をつける方が大切なので、
材料がどうこう言っている場合ではないと思いますが。

あとは対症療法として、
あまり長期には使いたくないものの、
何にでもとりあえずよく効くステロイドで
何とか切り抜けるとか…
そこは獣医さんの指導に従ってください。

これ以外も含めて、いろいろな自己免疫疾患が、
犬にやたら増えている印象があります。
私は、過剰な予防接種や予防薬漬けと、
近親交配で血が詰まりすぎた犬を取り巻く現状が重なっての
日本特有の現象ではないかと、勝手に推測していますが…。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mikeruuchanさん

2015/8/919:57:41

こんばんは。

間違っていたらすみません。
もしかしてですが、某犬サイトの相談所でご質問されていた方ですよね?
その時にご返信させて頂いた者です。
あまり…というかほとんどお役に立てず…申し訳なかったです。

アレルギー検査の結果が出たのですね。

他の回答者様達が仰っています様にリンパ球検査をした方が良いと思います。
皮膚科専門やアレルギーに強い病院を受診される事をおススメします。

またその病院で慢性胃腸炎との関係性もきちんとお聞きになった方が良いと思います。
前回もお話しさせて頂きましたが慢性胃腸炎の原因の1つとしてアレルギーという物が考えられます。
ただ判断を下せるのはやはり実際にご愛犬を診察した獣医さんだけだと思いますので…。

フードについては詳しくないのでお答え出来ませんが、やはり専門の獣医さんにご相談されるのが1番かと思いますよ。
飼い主として良いモノを愛犬に与えたいというお気持ちは重々分かりますが、例え最高級な食品でもご愛犬の体に合わなければ意味がないですからね。
多少は劣る食品であっても、それがご愛犬の体にとても合う物でしたらそれがご愛犬にとっては最高級なモノとなります。

とりあえずは早急に専門病院を受診し、アレルギー・慢性胃腸炎・治療・食事などなど獣医さんにご相談されてみてはいかがでしょうか?

どうぞお大事になさって下さいね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cottonribbonさん

2015/8/808:00:03

とりあえず、アレルギー専門の獣医さんに相談されてみられては?

犬の食物アレルギーの場合、IgEのが2割、リンパ球反応のが8割だそうです。
トピヌシサンのされた検査はおそらくIgEですよね。
けど多分、リンパ球反応の方でも陽性があるのではないかなと思います。

というのが、うちのがリンパ球反応の方の陽性で、
IgEの陽性は、加水分解の低分子プロテインのフードで反応が出ずにすむけれど、リンパ球反応の方の陽性は、低分子では反応が出てしまうので、ナノサイズまで分解したフードになる、と獣医さんに説明されましたから。

ナノサイズまでたんぱく質を分解したフード、というのが、たぶん今トピヌシサンが与えられているフードです。
たんぱく質源が羽根だと言っていましたから。
私は嘘が着けないもので、聞いたその場で「羽根?!そんなの 不味そうで嫌」とストレートに言ってしまいましたが。
何から取り出そうと、たんぱく質はたんぱく質で、動物には必要な栄養素のひとつにかわりないそうです。
美味しい食事と考えるより、生体を保つ為の栄養摂取でしょうか。

うちのがアレルギー検査をして、その話をされたのが3年位前で、ナノまで分解したフードは、当時はそれしかないと言われました。
他にもっと良いものが出ていると良いのですが。

リンパ球反応の検査もされてみて、IgE、リンパ球反応ともに陽性を免れたものがあったら、完全オーダーのところでフードをつくってもらう、という方法もあるかもしれませんが•••
ここまで項目が多いと、体質の問題もある(アレルゲンを作りやすいとか)と思うので、獣医さんと相談して治療方針を決めていったり、与え方や与えるものを考える必要がある(与えたものがまたアレルゲンになる可能性とか)かもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2015/8/723:47:33

自分の体験談ですので参考までに~

うちの仔も2才頃から酷い痒みが出て、マラセチア外耳炎から膿皮症を患い、たくさんのアレルギー検査をしました。
症状が違うので貴方様のわんちゃんがアレルギーなのかそうでないのかはわかりません。

うちの仔のこれまでの検査です。
私も添付している検査表と同じ機関で検査をしてもらいましたが、もっと信憑性の高い検査機関があるので、そちらでリンパ球検査をされてはどうでしょうか?
いつくつかの検査結果を元にすれば、さらい信憑性が高まります。
因みに検査機関は「動物アレルギ検査(株)」です。
皮膚に詳しい病院ならほとんどがここで検査してもらいます。
私がこの検査機関で行った検査は
アレルギー強度検査(アレルギーを起こしやすい免疫状態を調べる数値)
リンパ球反応検査(食物アレルギーを調べるならリンパ球検査が必要です)
アレルゲン特異的IgE検査(環境アレルギーならIgE検査です)
皮内テスト(アレルゲンを体内に注射して反応を見るので、一番確率的には高いと言えます)
皮内テストは獣医師にしてもらうものです。
出来る先生と出来ない先生がいます。
これらを総合的に照らし合わせて判断してくれる、アレルギーに詳しい先生に診断してもらうと、もっと詳しく確率はぐんと上がります。

正直、そちらの検査機関は確率も低いと聞きました。
食物アレルギーに関しては、今の段階ではそこまで気にしても・・・という気がします。
ただ、アレルギーを起こし易いのは、牛肉、小麦粉が多いです。
小麦や牛肉は避けた方が無難です。

フードに付いて
お肉のトッピングは生ですか?
生より焼いたりする方が匂いが立つので食欲が湧くかもしれません。
食べること前提にするなら手作りにされてはどうでしょうか?
高いフードを買って、お肉を買いに遠出するくらい、お金も時間をかけてあげれるなら、手作りご飯もできそうですけどね
うちも手作りにしています。
アレルギーの改善はみられませんが、一生手作りご飯にするつもりです。
有機栽培、無農薬野菜、新鮮野菜を探しに、遠くまで買いに行くこともあります。
お肉は人間レベルの物をあげてます。
食欲も元気もモリモリです。

どちらにしても犬の元気消失食欲不振はかなり危険だと思います。
できれば他の大きな病院で診てもらった方がいいような気がします。
検査はそれからがいいかもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。