ここから本文です

厚生年金基金の分配金について このたび厚生年金基金解散に伴い分配金が配布され...

アバター

ID非公開さん

2015/8/1216:05:57

厚生年金基金の分配金について
このたび厚生年金基金解散に伴い分配金が配布されるそうです。

会社から、分配金を退職金から引くと言われました。

もともと給料明細には、厚生年金と厚生年金基金 2通 引かれていました。

会社が言うには、厚生年金基金は会社が100%負担していたそうです。

会社負担が何%か、確認する方法ありませんか?

給料明細に記載されていた厚生年金基金は何だったのか?

詳しい方よろしくお願いします。

閲覧数:
12,518
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hcm********さん

2015/8/1216:27:00

会社の説明は、ちょっと怪しいですね

給与明細に厚生年金基金として控除されているのなら、当然あなたが支払っています。(会社も同額を負担してます。ですから基金には、あなたが月々支払っている金額の2倍が積み立てられています。基金に限らず本体の厚生年金に関しても同様です。)

また、会社は税金以外の金銭を、本人の承諾無しに天引きする事は法律で禁止されています。

さらに、厚生年金基金は分配金としてでは無く、65歳以降に年金としてもらい続ける方が一般的にはお得です。
(ただし、あなた自身が自分の寿命はあと5年しかない、などと判断して早く現金を使いたいなら話は別です)

最後に、何よりも退職金と年金は全く別のものです。仮に厚生年金基金の分配金を受け取るとしても、退職金とは何の因果関係も無い話です。
その申し入れは断固拒否するべきでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

abc********さん

2015/8/1218:22:22

厚生年金金のうちの代行年金は厚生年金の保険料から一部を移し残りを厚生年金として年金機構に収めます。
給与明細の記載については、基金に移す分も含めて厚生年金としてだけ記載する場合と、厚生年金にいく分と基金にいく分を分けて記載することもあるようです。
それを確認するには、標準報酬月額で決まっている保険料額と比べてみればいいでしょう。

代行年金の掛金は会社と従業員が半額づつ出した保険料からですから、この部分について「厚生年金基金は会社が100%負担」というのは違いますが、基金として特別に徴収はしていないという事にはなります。


厚生年金基金には他に掛金を出して運用する加算年金も含まれますが、これは一般的に会社が退職金代わりに導入する年金で、退職金として準備している資金から掛金を出しますからそうであれば一時金で分配される分退職金が少なくなるのはありうることです。
その場合、厚生年金基金は会社が100%負担という事は加算年金についてのことであれば正しいです。
ただ、少数ではありますが加算年金部分の掛金を一部給与天引きで出す基金もあるので、そういう場合は違ってきます。

当然ながら法に従った処理をしている訳で、事態を正確に把握して納得すべきでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる