ここから本文です

Firefoxの「e10s(マルチプロセス)」とアドオンについて

fir********さん

2015/8/1613:45:18

Firefoxの「e10s(マルチプロセス)」とアドオンについて

今後、Firefoxに「e10s(マルチプロセス)」が導入される予定で、その場合、アドオンもこれに対応?するために更新が必要になるみたいです

ということは、更新が停止しているアドオンは使用出来なくなるということですよね
※ネットで、「アドオンの署名(Signed)義務化」+「e10s(マルチプロセス)」で使用出来るアドオンが激減するのではとも

自分は、Windows版 Firefox Portableをずっと使用していて、その大きな理由のひとつに自由度(カスタマイズ性)が高く拡張機能(アドオン)もとても多い点があります

そこで、気になるのが、「e10s(マルチプロセス)」を無効に出来るのかということです

現在、Firefox 開発版(Nightly)にて、すでに「e10s(マルチプロセス)」が試験的に導入されています
※ネットで調べると「e10s(マルチプロセス)」はまだまだ不安定で不具合もとても多いみたいです

Firefox 開発版(Nightly)では設定で「e10s(マルチプロセス)」を無効にすることが出来るそうです

しかし、今後、リリースされる安定版ではどうなるのかわかりません
※安定版でも「e10s(マルチプロセス)」を無効に出来るのか、それとも、現在のGoogle Chromeみたいに強制(無効/回避不可能)になるのか

仮に無効に出来たとしても、次にアドオンはどうなるのかということがあります

「e10s(マルチプロセス)」に対応させたアドオンは「e10s(マルチプロセス)」を無効にした場合でも不具合など無く正常に機能するのか

今まで出来ていたことが出来なくなるのはとても悲しく非常に残念です
最近、(Firefoxに限らず)改悪されるものがとても多いと思います

望みのひとつに、Firefoxの派生・独自(非公式)ビルドがあります

具体的に言えば、Cyberfoxなどです

Cyberfoxは、これまでも、Firefoxの更新で無くなった設定や機能をすべてではありませんが、復活/使えるように独自に改良してくれているみたいなので、確率はとても低いかもしれませんが、もしかしたら今回も何らかの方法でというのにかけてみようかなと思っています

なので、今後のCyberfoxで、これらのことを無効に出来る・もしくはそもそも導入していなければ、FirefoxからCyberfoxに乗り換えようかなと思っています

皆さんはどう思いますか?
※まだ、先のことなので過去現在の情報からの推測などで構いません

回答よろしくお願いします

閲覧数:
922
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

twi********さん

2015/8/2310:23:42

こんんちは。
未署名Add-on、もしくはAMO経由であっても自分でちょこっと改造したりしたAdd-onの場合は、ご質問者さまもご存知のとおり、41から未適用が実施されますが、これにはCyberfoxは有効な選択かなと思います(明文化されているかどうかはちょっと知りませんが、これまでの経緯と、この範囲であれば、という憶測からですが)。
※他の独自ビルド制作者の方の中でも、このあたりには対応してくれそうな感じのビルドもありますが、今のところはまだ不明です。

あと、マルチプロセス化の問題ですが。
当然Mizzila本家のリリース版はマルチプロセスにしたがっているので(Electrolysis projectの一環とやらで、おそらくこれはDeveloperでもNightlyでも、本格的に実装されたら、それを無効化するオプションは付加してこないと思われます。最近のMozillaのゴリ押しからしますとですが)NGだと思いますが、独自ビルドについては不明です。

独自ビルドとはいえ、現状、Mozzilaのオープンソースからというか、NightlyやRCとか、とにかくFirefoxのパッケージを前提としたソースがベースのものがほとんどだと思うので、そこを弄れるかどうかはちょっと疑問な感じがします。
また、マルチプロセスは、そこそこユーザには歓迎ムードもあったりますので、技術的な可否を省いても、疑問な感じは多少します。

そうなりますと、負担がかかるのはAdd-on開発者ですが、Mozzila曰く、Electrolysis projectに対応した新しAPIを提供するので、負担は最小限に済むようにとは現在は言っています。
が、肝心のそのAPIもまだ完成には至っていないので、Add-on作者の方々がどのような選択肢をとるかは、これまた不明です。

ここまでを簡単にまとめますと、
独自ビルド:基本Moziilaのチャンネルベースのソースを少し弄っている程度なので、Electrolysis projectで推し進めていく(マルチプロセスも含む)中で、どこまで対応できるかは技術的にも、また方向性的にもかなり不透明。
個人的にはかなりキツイ(マルチプロセス化を避けるのはキツイ)ような感じはします(個人的にはマルチプロセス化はどうでもいいので、今のシングルプロセスでも全然Okという立場ですが)。

Add-on作者:APIで簡略化出来るとはMoziilaは言っていますが、実際のところどこまでの手間を要するかはわかっていないのが現状ゆえ、これはAdd-on作者によってその判断はかなり分かれるような感じもします。署名をMoziilaが勝手に付けてくれるのとは訳が異なるので。
あまり似ている例ではありませんが、UIがAustralisになる前は、テーマもそこそこあったりしたのですが、Australisへの拒絶反応なのか、実際すごく大変ではないけれど、仕様変更がマイナーバージョンアップの度にけっこうあるのでそこがかなり面倒ゆえ、現状(Australis以降)、対応しているテーマは数えるほどになってしまいました。
これがAdd-onもそうなるかどうかの類似例とは言い切れませんが、少なからず面倒が伴うことは確実なので、かなり悪い推測をするならば、Firefoxがマルチプロセス(及びElectrolysis project)を推し進めて実装された結果、使えるAdd-on少なくなったな、ということもありえなくはないのでは、と思ったりもします。

実際、ChromeやOperaと同様の方向性のようなことなので、Add-on作者の方からすれば、右肩下がりにシェアが落ちているFirefoxよりも、シェが伸びているChrome向けにGoogleのAPIを利用したほうが、と考える方も出てくるきっかけにElectrolysis projectがなってしまうかもしれませし。

と、長々と記したわりには、結局のところ、不透明な部分がまだあることから、ブラウザ(含む独自ビルド)の対応も、Add-on作者の方の対応にしても、ちょっと読めない、という現状ではないでしょうか。

Moziilaも何のために(スポンサー探しなのか、どうかのかはわかりませんが)、今まで成長してきたMoziila財団以外の有志をどんどん突き放していくようなやり方をしていこうとしているのか、疑問ですし、個人的にはあまり良い印象はありません。

私も現在まではFirefoxを使用してきて、未署名Add-on対応までは何とかなるだろうと思われるので(独自ビルドで)、使用していきますが、結局、Electrolysis projectの果てがAdd-onも減ってしまい何のためにFirefoxを使っているのかといった個人的な意味が見いだせなくなったら、仕方ないですが、他のブラウザを使うことも視野に入れていかなければならないのだろうな、と思っている昨今です。

質問した人からのコメント

2015/8/23 15:40:45

詳細な回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる