ここから本文です

関東に在住しています。 夫がこの夏に亡くなり、納骨前に、義母から 次の墓守...

アバター

ID非公開さん

2015/8/2322:28:06

関東に在住しています。
夫がこの夏に亡くなり、納骨前に、義母から
次の墓守(義父が亡くなってから夫がやっていた)をウチの長男に…と言ってきました。

故人である夫が兼ねてから、経済的にも負担になるから、長男に墓守はやらせない、
自分が母を看取ったらお寺と相談して永代供養の手続きをとる、と言っていたので
その旨を伝えたところ、納得がいかないらしく怒っています。
まだ、夫が亡くなった事実を受け入れるだけで精一杯なので、もめたくは無いのですが、かなり気まずくなっています。
墓守は、どうしても継がなくてはいけないのでしょうか?
お寺の方からも脅迫めいた電話がかかってきたりしていて、
正直、縁を切りたいくらいです。
法律的に墓守を放棄することはできないのでしょうか?教えていただけると助かります。

閲覧数:
396
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pinintwさん

2015/8/2323:41:19

義母が亡くなるのが早いのでその間、穏便に考えましょう。
墓守は、継ぐ継がないは本人の考え次第です。
旦那さんが亡くなった時の施主が守ればいいことでしょう。
長男は、
施主になたとき、長男にまかせればいいことです。
今考えることは、49日の納骨と来年の初盆と1周忌は
最低やりましょうよ。
後の法要は、その時期か来たら考えて家族の
近親者で3回7回自宅でやればいいでしょう。
また、やらんでもいいでしょう。
後の法要はやらんでもいいと思います。
私の場合はこれでおしまいでした。
また、田舎を離れてしまったが墓があるので
管理料と塔婆代合計6千円振り込みで払っています。
だからお盆のとき坊さんは、来ない。

誰も守る人いなくなれば、墓じまいして墓石を
片付けて骨は海か山に散骨すればよい。
お寺に永代供養してもよいが、結構なお布施を
請求される場合大である。
お寺と縁を切ってキリスト教や神教に改宗してる人も
友人にいます。
お寺付き合いは、お金をかかりすぎます。
戒名もらわないで本名にして、坊さん呼ばない人もいる
時代ですから、よく考えて自分のできることを
すればよいと思います。

今は、「家柄でおまんま食べていけない。」時代です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/08/2508:55:08

    ありがとうございます。
    そうですね、早急に決めることもないですね。
    三回忌までは、我慢します。
    心が軽くなりました。
    「自分のできること」をしていきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mama414615さん

2015/8/2322:44:41

旦那さんは、先祖代々のお墓に入るわけですよね?
新たにお墓を用意してた、って事もないなら、先祖代々のお墓になります。
それが一般的な流れかと思います。

先祖代々のお墓を永代供養する、ならば、旦那さんは新たにお墓がなきゃなりませんし、かなりの出費があるかと思います。
跡継ぎが居ないなら、永代供養の方がいいですが、旦那さんは跡継ぎであり、息子さんがいるなら、貴方が墓守をして、義母様の後に永代供養をしたら良いと思います。
全ては墓守に権利がありますから、

我が子は未成年ですから、私が墓守になります。
と話したらいかがでしょうか?
ならば、貴方に権利がありますから、義母様の時には揉めないです。

個人的には、お墓があるなら、永代供養は考えなくても良いと思います。
今ある墓地を更地にし、お寺さんに返却し、永代供養に入るには、
お墓を二つ建てるくらい費用が嵩みますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。