ここから本文です

ご覧頂き有難うございます。

hak********さん

2015/8/2417:26:04

ご覧頂き有難うございます。

一週間ほど前に、胸焼けでかかりつけの内科医(血圧・血液をさらさら・コレステロールを下げる薬を処方されています)を受診したところ、問診で軽い逆流性食道炎と診断されネキシウムカプセル20mgを60日分処方され、1日1回(朝)服用しております。

薬の副作用等を調べたところ、かなり強い薬を思われます。

処方された60日分を飲みきるべきか?胸焼けが取れた時点で服用をやめて良いのかお尋ね致します。(本来はかかりつけの内科医に聞くべきでしょうが!)

65歳の男性です。
家内は、1年前胃腸科を受診し内視鏡検査で重い逆流性食道炎と診断され、ラベプラゾール錠10mgを服用しております。

併せて、ネキシウムカプセル20mgとラベプラゾール錠10mgの違いをご指導頂ければ助かります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
698
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

2015/8/2418:06:46

その種の薬剤をppl製剤といいます。胃酸の分泌を抑制します。貴方は胃酸の逆流により食道が傷ついた状態です。原因は裂孔ヘルニアが多く其れを直さないと薬剤を飲み続けないと駄目です。裂孔ヘルニアは胃と食道の間に仕切りの膜があります、胃がその膜から食道側に出ており胃酸で食道が傷つきます。其れを直さないと同じです。pplは内視鏡で悪性でない事を確認して投与が原則です。随分いい加減な医師ですね。専門医にかかりましょう。ネキシウム20mgとラベプラゾール20mgが同等の薬効と思います。

質問した人からのコメント

2015/8/26 10:10:17

有難うございました。
早々に専門医を受診します。

「ネキシウムカプセル20mg」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

too********さん

2015/8/2604:39:56

逆流性食道炎の主な原因は、内蔵脂肪による肥満で内蔵脂肪による腹圧が逆流させます。
ですので、内蔵脂肪を減らすと必然的に逆流性食道炎も緩和します。あと、炭水化物、糖質を控えると即効性がありますよ。

痩せたらクスリ不要になる場合が多いです。

raa********さん

2015/8/2417:44:49

逆流性食道炎は病気と言うより食道の器質的な形状が原因で胃酸が食道に逆流して炎症を発症させるものですから60日分くらいの服用では治す事は不可能です。
治療薬としてはネキシウムやラベプラゾール・プロトンポンプ阻害剤のガスターなどが併用されます。奥様の薬もあなたの薬も胃酸の分泌を抑制するものですから安心して服用した方が良いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる