ここから本文です

甲状腺の腫瘍について。 匿名投稿失礼します、30代後半女性です。 7月下旬、家...

アバター

ID非公開さん

2015/9/101:40:56

甲状腺の腫瘍について。
匿名投稿失礼します、30代後半女性です。

7月下旬、家族が私の首の腫れに気付き、内科のエコー検査で甲状腺に腫瘍が見つかり、紹介された総合病院内分泌内科で再度

エコー検査を受けました。
左に23mm程の腫瘍1つ、
右に小さい腫瘍が2つです。

その総合病院では、20mm以上の甲状腺腫瘍は穿刺吸引細胞診をするとの事で、結果は5段階の3(良性)でした。
種類は瀘胞腺腫(ろほうせんしゅ)との事です。

ろ胞腺腫=良性でほっとはしたのですが、担当のドクターに言われた言葉で少々迷っています。

・あなたが二十歳なら手術をすすめるが、40近いので経過観察でいいと思う。
(進行速度によるのでしょうか?(^^;)

・瀘胞腺腫は手術摘出後の病理検査で甲状腺瀘胞癌(ろ胞ガン)と分かる事もある。細胞診断での判断は難しい場合がある。

・ご希望なら手術可能。この段階で手術を選ばれる方は50%位。

以上がお医者様の言葉でした。

ネットでも調べましたが、細胞診断での判断が難しい事は分かりました。
半分位の方が手術を選択すると聞いて、自身もするべきかどうか迷っています。

と言うのは、母方の祖母が甲状腺ガンで亡くなり、母が甲状腺の病気を持っております。
父は40代の時に腎臓癌で腎臓1つ摘出(今は元気)、祖父母3人は甲状腺癌、肺癌で亡くなっている癌家系です。
取ってしまった方が安心かな?とも思ったり…

今の症状としては、
・喉が詰まった感じ(特に仰向けになった時)
・夏風邪のような軽い喉の痛み(夏風邪かも?とも思っていますが1ヶ月以上続いて特にだるいとかはないです)

喉が詰まった感じは、今年の春からありましたが、年齢的なもので喉に脂肪でも付いたのかな?と思っていました…お恥ずかしい。
生活に支障のない症状と自身では思っています。

とりあえず10月にエコー検査で経過を見ることにしました。

その時に腫瘍サイズが大きくなれば、手術をしましょう、
サイズが変わらなければ、手術か経過観察か選びましょう、
と言われています。

手術か否かを自身で決断するのは初めてなので、迷っています。
未婚/自営業で、両親共に元気です。
手術をする場合はそこそこ気兼ねなく入院出来る環境の今の内にと思いつつも、
未婚なので、傷口や術後薬の服用が必要になった際の妊娠への影響なども頭をかすめてしまいます(^^;←それこそ50/50です。

皆さまの体験談やご意見をお聞かせ願えると助かります。

長文になってしまいましたが、アドバイスの程どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

閲覧数:
5,836
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/9/115:46:37

20代後半 女です。
経験談ですが回答させて下さい。

今年4月にクラスⅢ 瀘胞腺腫と診断され、つい先月手術をした者です。

先生は経過観察でも良いというお話でしたが、腫瘍の大きさが5センチを越えていたこと、また気道を押していて将来的に潰れてしまう可能性があるという点もありまして、手術を希望しました。
一番はいらないものは早く取ってしまって安心したいという気持ちが大きかったですね。

まだ病理検査中なので悪性か良性か分かりませんが、私は今のタイミングで手術して良かったと思っています。
進行が遅いと言われても身体に腫瘍があるって不安ですよね。

ただ私は嗄声の後遺症が残りました。
先生曰く、一時的(数ヶ月)で治るというお話でしたが、1~2%の方が半永久的に嗄声というものもネットで拝見したので、それはそれで不安でいっぱいです。
しかし他の後遺症はなく、ホルモン剤やビタミン剤等は服用していません。私もいつかは妊娠希望ですが、服用していても妊娠している方もいらっしゃる様ですし、その点は先生と相談しつつ妊活をすれば大丈夫かと思います。

手術の不安よりも腫瘍を残しておくことの方が不安であれば、今のタイミングですることをオススメします。ご両親が元気というのはとても大きいと思います。わたしも心の支えになりました。
術後1週間を乗り越えれば(個人的な意見ですが)、あまり痛みを感じず生活できるので、深く悩む必要はないかと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2015/9/7 23:08:17

皆様、貴重なご意見と経験談をお聞かせ頂き誠にありがとうございます。
全ての回答者様のご意見が参考になりました。
甲状腺専門医にも一度掛かり、現在の主治医にも分からない事はしっかり相談しようと思います。
BAは先月手術を終えたばかりの中ご回答下さったnico25nico_chan様に。
同じ患者さんの立場でご回答下さった皆様もどうぞお大事になさって下さい。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tarekyoushiさん

2015/9/313:10:08

私自身も甲状腺に5cm×3cm×3cmの腫瘍を持っています。細胞診はIIIaの偽陽性(両性とも悪性とも言えない)でしたが、腫瘍発見後、すでに17年を経過して、腫瘍はほぼ同じ状態です。

私の場合も質問者様と同様に細胞診断での判断は難しいタイプだといわれていますが、すでに17年、半ば悪友のような腫瘍と共存しています。

質問者様が腫瘍が複数存在しているようですね。一般的には、複数の腫瘍が存在している時の方が疫学的に悪性である確率が低いと聞いています(私の場合は腫瘍は1つですから、その意味では、悪性の確率もあるのでしょうが......)。

ですので、私のように、ずっと経過観察するというのも1つの方法です。

もちろん、今後の経過によっては、手術の選択の方が有力になる場合も出てくるでしょう。特に未婚の女性の場合ですと、手術痕が気になることでしょうが、首の手術痕にはネックレスをつけてごまかす(笑)という方法があるそうです。妊娠等の影響についても、それなりのフォローの体制ができているようですので、その状況に応じてご判断なさるのが最善ではないかと思います。

それから、症状の中には、心理的なものあります。私自身も、腫瘍が見つかったころは首の張りとかが気になって仕方がなかったのですが、いろいろと忙しくなってきたりして、そのうちに、症状も感じなくなってきました。

ですので、「腫瘍があるから......」と思っていることのメンタルな面から症状が出ている可能性もありますので、時には気分転換をなさっていただくことも必要かと思いますよ。

makoto31570さん

2015/9/216:38:51

先月 腺腫性甲状腺腫で甲状腺を全摘出しました。私も経験談です。参考にしていただければと思います。
40代女性です。
甲状腺は20代半ばから腫れていました。最初は大きな総合病院に行って検査をしました。数値的には少し基準値より低いですが大きな問題はなし。その後総合病院に外来で来られてる先生の個人病院(甲状腺専門)に半年に1度のペースで検査に通いましたが腫瘍があるだけでどうこうする必要はない。と言われ続け20年近く。。。
昨年になって別件で行った内科の先生に甲状腺の腫れの指摘をうけ、都内で有名な甲状腺の病院に紹介状書くから行った方がいいと言われました。最初は「えー専門医に診てもらってるんだから」とふてくされていましたが、とりあえず行って検査をしました。その有名専門病院の検査数値は今までとほとんど変わらずでしたが、先生に「手術はあなたが「します」と言わなければしませんが、(今まで通ってた病院の)先生と相談してきてください」と言われました。その旨通ってた病院の先生に相談したところ、今まで10年以上手術は必要ない。と言われていたのにコロっと「手術を勧めます」と言われました(笑)
20代は手術必要なくて40代になってから勧められた。相談者さんとは逆パターンですね。
私はわけわからず・・・・
良性なのに全摘して一生お薬を飲まなくてはいけない事、全身麻酔の手術は正直怖い 等々
悩んで悩んで手術を決め 順番待ちをして、先月全摘出しました。
大きさは皆さま何センチとかおっしゃってますが、私は腫瘍が左右両方に7つ位あって、重さが全部で150g位だと言われました(普通15g位だそうです)。

私が良性なのに手術を決めたのは
①首がかなり腫れていて、見た目が恥ずかしくて襟なしの服は着られなくなった。夏は暑い!!!
しかもシャツの襟が閉まらなくなってしまった。
②良性とは思うが、今後悪性にならないとは限らない。その時にもっと年齢が行っていると全身麻酔は体力的に大変になるかもしれない。と先生に言われ、いつ悪性になるわからない腫瘍は取りたい。と思った。

あまり大きくならなかったら経過観察との事ですが、どのくらいの大きさまで経過観察にするか一度専門病院に行かれたら安心できると思います。
私は20年 位 放っといたせいか、腫瘍が神経に癒着していたそうです。手術をしてくださった先生のおかげで神経を残してはいただきましたが、今は反回神経が動いておらず、声を出すのが大変です。もちろん数か月で普通に出せるようになる。とは言われていますが、時々、「いつよ!!」って言いたくなるくらい今の声にイラっとします。そして私も1%の人になってずっとこのままの声だったらどうしようという不安はあります。でも、先生は「神経残しているのだから戻る」と言って下さっているので信じています。
「たら れば」の話になってしまいますがもっと前に手術をしてたら、こんな声にならなかったのかな~とか思ってしまうこともあります。って事はもっと後だったら神経切ってたかも。。。。

声以外の後遺症は・・・・ほとんどありません。
慣れなんだろうな。と思う程度です。
痛みも今はほとんどありません。
手術の不安はすごくありましたが、先生や看護師さんに不安をたくさん話したら、全て対応してくださり本当に助かりました。その点でも専門病院がいいと思います。安心します。
退院後すぐ仕事復帰もし、運動も退院1週間後からOKと言われています。「徐々に」との注釈は貰っていますが(笑
腫瘍は私も病理にまわっているのでまだ最終的な良性、悪性わかりませんが、取ってしまってよかった。
早く来年の夏になって首繰りの開いた服が着たい!と思っています。
もっと早くとっておけばよかったのかも。と思ってしまう位ですがそれは私の腫瘍が大きかったからです。
甲状腺は大切な器官です。よくお考えください。

長々と書きましたが相談者さんもベストな選択ができますように。。。
お大事にしてください。

caesius_22さん

2015/9/215:19:29

kdlhajbhurbandjjahさんのご意見に一票。
現段階での手術は、お勧めしません。
大きさを基準に様子を見られるのが良いと思います。

日常的に大量の診断を行っている立場の意見としては、細胞診でclass III ならば、かなり高い確率で良性です。質問者さんの場合は腫瘤が両葉に多発しているので、濾胞腺腫よりも腺腫様甲状腺腫の可能性が高いですね。
ちなみに、症状が無くて大きくないなら取る必要なかったのに‥ と思うことはしょっちゅうです。

matrix_haruさん

2015/9/111:53:38

専門的な事は他の回答者さんが答えてるので、
私は同じ患者の立場としてお答えします。

私の結構大きな甲状腺腫は、30代前半で診断され、
経過観察のまま今10年以上経ちました。
私の場合、1か月後、3か月後、半年後と経過を見て
大きさに変化がないので、その後は3年に一度の観察です。
選択肢を示されて悩みましたが、
経過観察を選んだ理由は以下の通りです。

20歳頃から健康診断の度にのどを触られると
「ちょっと大きいね」などと言われていて、
診断された時も特にそれまでと自覚症状に変化があったわけではありません。
昔から人より喉が狭いような気はしてました。
つまり、20歳頃からほぼ変わらずあったのだろうと予測できます。
それとガン家系ではありません。(親戚中探して一人)

診断されたばかりで、判断に迷うのは当たり前です。
まずは、10月のエコーの結果によるでしょう。
大きさに変化があった場合は、ほぼ必然的に手術になるでしょう。
変化がなかった場合、また迷うと思いますが、
私が質問者さんの状況(急に表れた自覚症状、ガン家系)だったら、
迷わず手術すると思います。
ガン家系の中でも、甲状腺がんの人がいるなら猶更です。
もし、取り出してガンでなければそれでよしだと思います。
ガン化してからの手術では、術後を含め大変さが倍増します。

未婚なので妊娠への影響は心配でしょう。
ただ、服薬やホルモンに関してはかなり進んでいます。
医師の指導の下で妊娠出産は可能ではないかと思います。
その辺りは遠慮せずに医師にしっかり確認しておくといいと思います。
また、いざ結婚となった時に年齢的に時間の余裕がないのに
甲状腺の治療や手術となっては、後悔する気がします。
今のうちに、出来る事をしておけば、
妊娠に向けてすべき事もはっきりしてると思うので、
まっすぐ進めると思います。

2015/9/111:11:57

最初に断りますが、あくまでも最終決定はご自身の判断ということでお願いします。
というのも、主治医ならばまだよいですが、ネット上の意見は参考にはすれ、判断をゆだねるのは間違っていると思いますので。

それをふまえた上で、個人的な意見をいいます。
(自分、もしくは家族が同様の条件であった場合を想定しています。)

たしかに濾胞性病変は悪性かどうかは、組織診をしないとわからないです。
しかし、もし悪性化しても、未分化癌ならば別ですが、比較的予後がよい部類の癌です。

そのため、手術をしないで、毎年の経過観察を選びます。

尚、傷口は最初は気になりますが、最終的には首のしわとほとんど気にならなくなるレベルです。
もしそれで結婚できないならば、そんな男はそもそも止めておきましょう。

服薬に関しては、必要になる可能性が高いです。
腫瘍の場所や、手術をしてくれる人のうまさなどが影響し、個人差が大きいですが・・・
そうならば、今は内服していないのに、煩わしさはどうしても出てくるかと思います。
これも、手術をすすめない、理由の一つです。

しかし、妊娠については、しっかりと計画妊娠とし、内服コントロールをしていれば、甲状腺的には全く問題ありません。
それよりも、30台後半だと、年齢による影響の方が圧倒的に不利です。
妊娠に関しては、甲状腺の治療に関する心配よりも、そちらを心配するべきです。

最後に、サイズが大きくなったら、手術するのは、既定路線です。
また、稀ですが、反回神経という神経を圧迫もしくは巻き込んでいる可能性がある場合も、手術を検討します。
これは、腫瘤の位置によって、ある程度判断できます。

この反回神経に影響がないのであれば、現在感じている自覚症状は、腫瘤の影響ではないと考えます。
もし、腫瘤のせいで、夏風邪っぽい症状があるのならば、それは悪性腫瘍による腫瘍熱となってしまいますので、手術です。(つまり、腫瘍のせいではないってことを言いたいです)
のどが詰まった感じについても、同様です。
軟骨によって、気道や食道と、甲状腺は仕切られています。
軟骨があるにもかかわらず、甲状腺のせいで症状が出ているのならば、悪性度が高いということになります。
(やはり、甲状腺のせいではないと、言いたいのです)

まとめると、大きくなっているかどうかを毎年定期観察をし、多くなった段階で手術をするというが、個人的な選択肢となります。

最終的な判断は自己判断・自己責任ですが、理由や状況などがご参考になれば、幸いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。