ここから本文です

スペインはWWIもWW2も中立国だったのでしょうか? WW2は枢軸寄り中立の...

アバター

ID非公開さん

2015/9/722:05:37

スペインはWWIもWW2も中立国だったのでしょうか?
WW2は枢軸寄り中立のようですが。

閲覧数:
1,027
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2015/9/811:24:47

第一次世界大戦ではスペインは中立を貫いた。
しかし南北アメリカのような「後方の特需」に沸くどころか、深刻なインフレに見舞われ、さらに政情不安が噴出し暴動とテロが頻発した。
さらにモロッコでは反乱が相次ぐなど政情は安定しなかった。

こうした中、第一次大戦後の1923年9月にクーデターが起こり、軍事政権が成立、さらに1931年には選挙によって民主化に追い込まれ、王政が廃止される。
ところがこの選挙ではありとあらゆる民主化勢力を取り込んで選挙戦を戦ったため、過激な無政府主義者や左翼主義者などが政権内部に入り込む形となって、急進的な政策や施政をおこなった。
それでも納得しない過激派や右派はデモやスト、テロを繰り返しスペインは大混乱に陥っていった。
最終的にスペインは1936年に内戦に突入した。
フランシスコ・フランコ将軍の元にドイツ・イタリアの支援を受けて一枚岩にまとまった右派に対し、諸勢力入り乱れて統一のできいない左派はソ連の支援を受けたものの敗北し、1939年に内戦は終結、フランコ独裁によるファシスト政権が樹立された。

フランコは海千山千の経験豊富な軍人であり、ドイツ・イタリアの支援を受けたものの彼らに利用されて泥沼に足を踏み入れるつもりはさらさらなかった。
ヒトラーも内戦で疲弊したスペインは当初当てにしておらず、第二次対戦が勃発しても参戦しないことを容認していた。
しかしやがてドイツが不利になると、ヒトラーはスペインに矢の催促をするようになり、遂には自身が出向いて命令使用とまでしたが実現しなかった。
こうして食えないオッサンであるフランコは遂に「中立国スペイン」の立場を崩さなかった。
とはいえ連合国もスペインは実質的に枢軸国であるとみなし、経済封鎖をするなど実質的に敵国として扱った。

大戦末期になると完全にドイツを見切ったフランコは連合国に協力するようになるが、連合国は攻撃しない見返り程度にしか見ていなかった。
ところが第二次大戦が終わって、ソ連とアメリカの対立があらわになってくると、アメリカなど西側諸国はスペインが東側に走らないように徐々に制裁を解き、これを見越していたかのようにフランコも部分的に言論の自由をし、一部の政治犯の解放などを行った。
こうして西側陣営に加わったスペインはフランコの死とともに、後継となった旧王室の王子、カルロス(フアン・カルロス一世)によって王政復古の上で民主化していくのである。
尚、フアン・カルロス一世は自身及び王室の不祥事が続いたため、去年(2014年)退位し息子に王位を譲った。

アバター

質問した人からのコメント

2015/9/8 16:04:45

メチャクチャ詳しく有難うございます!知りたいことが全部、分かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2015/9/810:19:47

仰るとおり、WW1もWW2も中立国です。WW2は枢軸より中立です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる