ここから本文です

Canon Pro-100 8色インクのプリンターを使用しています。

tt_********さん

2015/9/723:50:52

Canon Pro-100 8色インクのプリンターを使用しています。

1年ほど前、購入した当初は、きちんと印刷できていたのですが、しばらくするとブラック、シアン系が出力されにくくなり、全体的にオレンジ色のような印刷物になってしまったため、数か月前に数度のクリーニングをしました。

クリーニングをしてから数日間は問題なく印刷できていたのですが、電源を入れず3~5日ほど放置してしまうと、またBK系統が印刷されにくくなる状態になってしまいました。

チェックパターンをプリントしてみると、パターン1のY、PM、PC、Mは正常に印刷されるのですが、
パターン2のBK、C、LGY、GYがまったく出ない、といった状態です。

クリーニングすると、他の色のインクも消費されてしまうため、数か月前のクリーニング以降、クリーニングは行っていません。
数回のクリーニングで改善しなかったので、インクがヘッド部分に固まっているのかと思い、綿棒でヘッドについたインクを軽くぬぐったことがあるのですが、これが故障の原因になったりするのでしょうか?

印刷するたびにインクタンクの基盤に情報が記録され、ディスプレイ上ではインクが減っている表示になるのですが、BK等が印刷されていないので、実際のBKのインクタンクの中身はほとんど減っていない状態です。数度のクリーニングをしても、インクが大幅に減っている様子はなく、インク切れの警告が出ても、タンクの中にはまだインクが沢山残っている状態になってしまっています。

先程プリントヘッドを外して内部の様子を少し覗いてみたのですが、ヘッドの下にあるスポンジがオレンジ色になっていたので、そもそもBKのインクがヘッドから出ていない?ような気がします。
ヘッドの部分をよく見ると、ヘッドの横のつなぎ目部分から、BK系のインクがにじみ出ていました。
ヘッドにインクが大量に付着したり、隙間からインクが漏れたりする現象はよく起こることなのでしょうか?

インクは純正インクを使用しています
インクには問題が無く、プリンタ内部に問題があった場合、どの部分を修理、もしくは交換すれば良いのでしょうか?
修理に出す前に何か応急的な対処法などはあるのでしょうか?

同じような症状になってしまったプリンターの質問や回答を色々探してみたのですが
8色インクのプリンターの質問や回答が見つからなかったため、
プリンターに詳しい方の知恵をお借りしたく思い、質問させて頂きました。

質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
長文失礼致しました。

閲覧数:
606
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2015/9/809:52:56

プリンタの修理屋です。

考えられるトラブルはいくつかあります。

この機種はクリーニングを行うときに、一括クリーニングのほかに、4色づつ別々にクリーニングが出来たと記憶していますが、いかがでしょうか?

修理事例が非常に少なく以前の Pro9000 の時代の話ですけど、PRO-100 も同様だろうと思います。
(ちなみに、以前の機種は Pro と“P”だけが大文字でしたけど、PRO-1 以降は、すべて大文字になっています。ちょっとしたキヤノンのこだわりなのだろうと思います)

クリーニングを分けて行えるようになっていて、その片方でだけトラブルが出ているのでしたら、そちらをチェックすべきで、実はプリントヘッドは関係ないはず。

電源が入った状態で蓋を開けます。
インクが交換位置まで出てきたら、電源コードを抜きます。
インクを左の方に押し込んでください。
懐中電灯を用意し、右の奥の方を確認します。

下の方に2×1cm程度のゴムの部品が2つ並んでいるはず。
そのどちらかに、紙片とか、インクタンクのシールの切れ端などが乗っていませんか?
もしあったら、ピンセットなどで取り除いてください。
異物を周囲に触れさせないように注意してください。
二次災害が起こる可能性があります。

その周りがインクで汚れた感じになっていると思いますけど。それは気にしなくていいです。

作業が終わったら、電源コードを指して電源を入れて動作を確認します。


インクジェットプリンタは、プリントヘッドのノズル側から吸引する形でインクを供給しています。
ノズル面にゴムのキャップが押し付けられて吸引しますけど、そこに異物が挟まっていると吸引が弱くなってインクが十分に供給されなくなります。
停止するときにはプリントヘッド内部にインクを満たした状態で止まるのですけど、吸引が弱くなって内部にエアを吸いこんだりすると次回の印刷時に正常に印刷しないことがあります。

異物が乗っていないとすれば、パージユニット自体の故障が考えられます。
そのまま無理して使っていると、プリントヘッドにもダメージを与えてしまいます。


保証期間内でしたら、修理に出すことをお勧めします。

  • 質問者

    tt_********さん

    2015/9/822:17:31

    はじめまして。
    お早いご回答ありがとうございます!

    明確な説明で大変わかりやすかったです。

    説明通り、ゴム部品の部分を少し掃除し、パターン2のみクリーニングをしたところ、まだかすれている状態ではありますが、BKのインクがプリントパターンに印刷されるようになりました。
    印刷するたびに掠れが改善されているので、あと数回印刷をすれば、きれいに印刷されると思います。

    ゴム部品を掃除した際に目視でゴミや異物は確認出来なかったのですが、状況が改善できたのでほっとしています。
    OHPフィルムや、変型の特殊紙などをよく印刷していたので、今思えば、そこにも何かしらの原因があったのでは?と考えています。

    これからは、定期的なメンテナンスを心がけ、何かあったら修理に出すことも視野に入れて、"PRO-100"と長く付き合っていこうと思います。

    修理のプロの方に回答を頂けて、とても嬉しかったです。
    ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる