ここから本文です

横浜で開催された地方公聴会において、与党推薦の前歴等を見ると、一人は自衛官の...

fut********さん

2015/9/1622:54:01

横浜で開催された地方公聴会において、与党推薦の前歴等を見ると、一人は自衛官の元幹部お方で、もしこの法律が可決され自衛官が後方支援に当たり危険又は戦死したとしても、元幹部は、今更参戦することはなく、

全く無責任な発言であったと思います。又、一方の方は財閥の代表らしく軍備増強があれば、特に財界大企業は利益を伴う事になり、自衛官の方々は大きな犠牲となることは目に見える。そして、先ほどの報道によると、アメリカは本音で集団的自衛権を歓迎でなく、裏は中国・韓国などとの領海尖閣等にアメリカが参戦したくないから、日本に戦争の出来る国にすれば、中国とのトラブルが起きた場合、アメリカは知らぬ顔で、日本は集団的自衛権で対抗できるではないかと、アメリカは無視して、中国との関係を良好な関係を作る。これが、本当なら、集団的自衛権は我が国の首を絞めるような事になる。政治と言うものはそんなもんだなーと、安倍さんの浅はかさを残念に思う。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/9/1623:20:26

伊藤俊幸・前海上自衛隊呉地方総監

同盟国や友好国とこれまで以上に緊密な信頼関係を構築し、
日本の抑止力をさらに高め、
現状変更を試みる他国の意思を防ぐのが真意だ。

渡部恒雄東京財団上席研究員(元民主党の渡部恒三氏の息子)

朝鮮半島有事で米軍などに適切な協力ができなければ、
日本への信頼は大きく揺らぎ、
同盟が弱まるという大きなリスクを抱える。

どちらもアメリカに信用してもらうために。
アメリカの世論を敵にしないようにという本音を、
きちんと語っていると思います。
日本のためでもあり、アメリカのための法案です。

尖閣諸島は日本の個別的自衛権です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる