ID非公開

2015/9/25 2:11

22回答

1.パブリック Wi-Fi ネットワークのぜい弱性 パブリック Wi-Fi ネットワークを利用するリスク •パブリックネットワークでは、データが暗号化されずに転送されることがあるため

1.パブリック Wi-Fi ネットワークのぜい弱性 パブリック Wi-Fi ネットワークを利用するリスク •パブリックネットワークでは、データが暗号化されずに転送されることがあるため パブリックで暗号化されるようにする方法を教えてください。

セキュリティ | パソコン391閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

パブリックWiFiというのが何を指しているのか次第ですが… 通信キャリアなどが提供している公衆WiFiであれば、これはきちんと暗号化もされていますし利用者同士の通信ができないようなしくみも入っていますから、さほどセキュリティーを気にする必要はありません。 #もちろんそう入ってもごく一般的なセキュリティー対策は必要ですけどね ホテルや飲食店などが独自に提供しているものについては、暗号化なしでだれでも接続できて利用者同士の相互通信もフルオープンだったりという物も多々あります。 こういうものはおっしゃるようにセキュリティーリスクが有ります。 後者を使う場合にセキュリティーを担保する方法ですが ・ファイヤーウォールをきちんと設定して余計なアクセスを閉じておく ・通信を傍受されて困るような内容は送受信しない ・SSL(HTTPS)を利用する ・VPNを利用する といったものが有ります。 それぞれ詳しく書いているときりがないので、ネット検索するなりわからなければ追加質問してください。 それぞれ利用目的やできること・できないことが違ってきますし、複合的に対策することが必要ですね。 もっとも、最近はスマホを使ったテザリングもかなり現実的なレベル(料金・通信速度・対応エリア全てにおいてね)になってきていますので、微妙な公衆WiFiなど使わないという選択肢もありますね。

その他の回答(1件)

0

VPNを利用する。 VPNは、一般人も利用可能な公にされている実験的サービスもありますが、最近だと、商用サービスも出てきてますね。安定、確実な利用というならば、なんらかの商用サービスの利用でしょう。 ”VPN サービス”でググれば、幾つかあります。 でも、今どき、公衆WiFiでも、ANY接続可とか、セキュリティ無し(端末とアクセスポイント間の暗号化通信なし)なんてアクセスポイントは、少なくなって来ているかと思いますが....最低限、ANY接続可とか、セキュリティ無しなアクセスポイントは利用しないと意識するだけでも違うと思いますけど..... それと、 逆に、アクセスポイントの認証在りで、端末とアクセスポイント間での暗号化通信(WPAやWPA2でAES)がされていても、万が一アクセスポイントの先のローカル環境での途中経路の中間者攻撃なんてことを考えたら、VPNの導入を検討してもよいのかも。 まあ、どれだけ重要な情報を扱うかしだいですね。