ここから本文です

アガサ・クリスティは、なぜ再婚相手の姓マローワンを名乗らず、離婚したクリステ...

no_********さん

2015/9/2522:09:08

アガサ・クリスティは、なぜ再婚相手の姓マローワンを名乗らず、離婚したクリスティの名前で執筆活動を続けたのでしょうか?

閲覧数:
230
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aba********さん

2015/9/2602:53:05

それがごく普通で当たり前のことだからです。

結婚や再婚で名字が変わった程度の理由でペンネームまで変更する人はほとんどいません。
まず、ペンネームを変えるとそれまでに刊行された作品をどうするのかという問題が出ます。新しいペンネームで出せば、同じ本が異なるペンネームで2種類流通することになってしまいます。かと言って古いペンネームの本を全て回収というのも無理です。古い作品は古いペンネームのままとするなら、同じ人物が登場するシリーズ作品が異なるペンネームで出てしまうことになります。いずれにせよ、読者を混乱させることは必至です。
また、クリスティは離婚したときには既に著名なベストセラー作家になっていましたから、ペンネームを変えると知名度が低下して売れ行きが大幅に低下するものと思われます。
ですから、ペンネームを変えても何もいいことはありません。ペンネームを変えるのは全く売れなかったので心機一転再出発を図る場合とか、何らかの理由で別人であると思わせようとした場合などで、普通に売れている作家がペンネームを変えるメリットはありません。

これは別にクリスティに限った話ではなく、本名が変わったために合わせてペンネームまで変更した作家なんてほとんどいません。

質問した人からのコメント

2015/9/26 06:01:10

回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる