ここから本文です

宅建の問題で疑問 平成23年の問27の解説お願いします。

bee********さん

2015/9/2614:03:37

宅建の問題で疑問

平成23年の問27の解説お願いします。

誤っているものはどれかのうち、
"E社の役員のうちに、刑法第246条の詐欺罪により罰金の刑に処せられ、

その刑の執行が終わった日から5年を経過しない者がいる場合、E社は免許を受けることができない。"

ここで、

この、役員を即刻『自己都合により退社』させればすぐに免許を受けることが出来るのでしょうか。

実際、そのような会社の役員は続けることが出来るのでしょうか。

よろしくお願いします。

閲覧数:
101
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dif********さん

2015/9/2709:43:39

仮にE役員が「暴力的犯罪」より罰金の刑を受けた場合、
その会社は、刑の執行が終わり(罰金の支払い)5年間は欠格となります。

★また、このEを別の宅建業者が役員として迎えたら、その会社も5年欠格です。

役員を即刻『自己都合により退社』・・
罰金刑を受ける前であれば大丈夫です。
(但し、会社に対し会社の関与が認められるような時は、指示処分等はあるかも知れません。)

刑が確定した後に退職してもダメです。

★また、F役員がこの会社にいた場合、別の会社の役員となっても大丈夫です。
(別の会社に影響あるものは、不正の手段、業務停止違反、などの理由のみです)

質問した人からのコメント

2015/9/27 21:32:18

詳しく回答頂き誠にありがとうございます。

大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tek********さん

2015/9/2617:51:21

そもそも詐欺罪での罰金刑は欠格要件ではないです。
仮に欠格要件になった役員がいれば退職させられるでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる