ここから本文です

横浜市営地下鉄はブルーライン、グリーンラインと言う ラインカラーを最重視した...

tot********さん

2015/9/2921:29:40

横浜市営地下鉄はブルーライン、グリーンラインと言う
ラインカラーを最重視した路面名となっているわけですが、
なぜブルー(青)とグリーン(緑)という名称になったのでしょうか。。

イエロー(黄)とかレッド(赤)は
サッカーでいう反則カードと同じくなるので、
ブルーかグリーンにするしかなかったものでしょうか。。

なお、三番目の路線があったらどういうカラーにしたものでしょうか。。

閲覧数:
161
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/9/2921:49:50

ブルーラインは横浜の象徴たる港の海の色イメージ。そして横浜市交通局のイメージカラー。

グリーンラインは、通るエリアがヒルサイドエリアとか、とにかく山イメージで、横浜市では呼ばれていたエリアなのでと、グリーンラインの起点の中山駅が横浜市緑区なところからかと。

一応、公募で決まった愛称だったと思います。


あとは個人的に、レッドは京急でイエローは鶴見線なイメージが強いです‥

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる