ここから本文です

指定校推薦の校内予選用の志望理由書です。次の火曜日までに完成させなければなり...

jem********さん

2015/10/1116:35:24

指定校推薦の校内予選用の志望理由書です。次の火曜日までに完成させなければなりません。チャンスは残り一回ということもありこの一回で自分の将来が決まります。800字で759文字あります。

添削をお願いします。 注…○○は具体的な企業や名前などが書いてあるので伏せさせていただきました

私は将来人々の役に立つような材料を開発する研究者になるため日本大学理工学部物質応用化学科に入学を希望します。

科学に興味を持ったきっかけは幼いころ暗い場所だと時計の文字盤が光る事が不思議に思った事です。これは畜光塗料といわれる蛍光材料で科学の力で社会に貢献している材料の一つでしたこの事を知り私は将来科学の力で人々の役に立つ材料を開発する研究者になろうと決心しました。

貴校は理屈と起こっている事を説明するための実験や実習が充実しています。実験実習があるという事はレポートもあります。レポートはとても大変かもしれませんが科学はとても面白いので乗り越えられます。そして概要や特色などを学び専門分野を学習するための動機付けを行うインセンティブ科目と学習技術を習得するための実践的なスタディスキルズ科目があります。これを行うことでその科目の土台を作る事の安心感が得られます。さらに2年時からの専門的な科学の授業が始まります。幅広い分野の専門科目の中で私は主に材料に重きを置いて勉強をしていきたいです。将来化学者として社会にでて一人前になるために学外コンペや学会の発表などに積極的に参加したいと思っております。そのためには企業や国の第一線で活躍してきた現場感覚の教授の方々からアドバイスなどをもらい実力を身につけることで良い成績をあげていきたいです。そして社会に貢献できる材料開発を目指し研究している○○教授の○○研究室に所属したいと思っております。そして貴校で学んだ事を○○株式会社や○○株式会社などの科学関連企業で生かしていきたいです。そして新たな材料をつくることで人々を助けるような材料をつくり社会に貢献していきたいです。

これらの理由により私は日本大学理工学部物質応用化学科への入学を希望します。


①レポートの部分は文を見る限り幼く感じさせるような文ですがこれで大丈夫なのでしょうか?
②最後のほうに「さらに」が2回続きますが何か「さらに」に代わる接続詞はありますか?
③パンフレットには「化学技術者育成」と書いてあります。本文では化学者と書いてありますが化学技術 者と変更したほうがよろしいでしょうか?
④「学外コンペなどで企業や国の第一線で活躍してきた現場感覚の教授の方々からの指導やアドバイス をもらい研究し実力を身につけることで将来○○化学メーカーに就職していきたいです。」と先生から例 文をもらいました。どこに入れたほうがいいですか?

いろいろ質問ばっかりですいませんがよろしくお願いします。

閲覧数:
772
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2015/10/1117:19:46

まずいくつか挙げられている質問よりもっと前提の話を書きます。

>これは畜光塗料といわれる蛍光材料で科学の力で社会に貢献している材料の一つでしたこの事を知り私は将来科学の力で人々の役に立つ材料を開発する研究者になろうと決心しました

きっかけというのは物事の端緒です。最初に「なんだろうこれ?」と思った素朴な疑問から、最終的にそれを仕事にしようと決意するまでの発展には、それなりのステップがないとおかしいと思います。
あなたのそのステップはなんですか? 蓄光塗料というものがあると知って、なぜそれがいきなり「科学の力で人々の役に立つ材料を開発する研究者になろう」につながるのでしょう?
あなたが蓄光塗料が好きで好きで仕方がない、寝ても覚めてもその素材のことばかり考えている。そこまで言うならばステップを飛ばしてもいいと思いますが、別にあなたは蓄光塗料に関する技術者・開発者になりたいとも言っていない。「人の役に立つ材料を開発したい」と言うだけです。
じゃあなぜそう考えるに至ったのですか? そこが私には非常に疑問でした。
そこをちゃんと書かないと志望動機の説明にならないのではないでしょうか?
志望動機を興味をもったきっかけのことだと勘違いしている学生は多くいます。あなたもその一人のようです。この点を再考してください。


>①レポートの部分は文を見る限り幼く感じさせるような文ですがこれで大丈夫なのでしょうか?

実際幼いと思います。大丈夫とは言い難いです。それは下で書きます。


>貴校は

「貴学は」。


>実験実習があるという事はレポートもあります。レポートはとても大変かもしれませんが科学はとても面白いので乗り越えられます。

「レポートもある」という一般的事実をあえてあなたが書く必要はないし、大学で単位を取るには全学生がレポートを乗り越える必要がある(というか当然乗り越える)ので、それが大丈夫という表明はアピールになりません。
あなたはレポートを高いハードルであるかのようにとらえていますが、学校で出される夏休みの宿題みたいなものにすぎず、化学が好きでないと乗り越えられないような高いハードルではないのです。したがって別にこの場で表明する必要のあることではありません。


>そして概要や特色などを学び専門分野を学習するための動機付けを行うインセンティブ科目と学習技術を習得するための実践的なスタディスキルズ科目があります。これを行うことでその科目の土台を作る事の安心感が得られます。さらに2年時からの専門的な科学の授業が始まります。

あなた自身の説明をすべきところ、単なる学校紹介になっていますね。学校の特色説明は必ずあなた自身の説明に絡めてください。
だってこの大学の良いところをあなたが先生に説明して先生が「なるほど」と思っても、それはあなたを受験させる理由にはならないでしょう? この大学の良いところは、他に同じ大学を志望している生徒にとっても等しく良い点なのですから。


>②最後のほうに「さらに」が2回続きますが何か「さらに」に代わる接続詞はありますか?

またとかそれからとか。


>③パンフレットには「化学技術者育成」と書いてあります。本文では化学者と書いてありますが化学技術 者と変更したほうがよろしいでしょうか?

どっちでもいいでしょう。合否には影響しないと思います。


>④「学外コンペなどで企業や国の第一線で活躍してきた現場感覚の教授の方々からの指導やアドバイス をもらい研究し実力を身につけることで将来○○化学メーカーに就職していきたいです。」と先生から例 文をもらいました。どこに入れたほうがいいですか?

いま入っているところでいいんじゃないでしょうか。
ただこれ、先生がそのように指導しましたか?
「現場感覚の教授の方々からの指導やアドバイスをもらい」のうち「現場感覚の教授」は企業出身でない教授から教えてもらう必要はないと言ってるようで失礼な気がします(今回は校内選考だからその教授は読まないでしょうが)。
また「アドバイスをもらい」も言葉遣いがぞんざいだと思います。「教授の方々」と敬意を表すなら、ここは「教授の方々にご指導いただき」と敬語にした方がよいと思います。
また後半繰り返される「したいです」は口語です。自分の文章が幼くないか気にするならば「したいと思います」と書きましょう。


時間が迫ってあせりがあるのはわかりますが、締切ぎりぎりまでよく内容を吟味してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる