ここから本文です

A380機の後方乱気流 羽田の国際化に伴い様々な航空会社が就航していますが、大...

tab********さん

2015/10/1821:48:32

A380機の後方乱気流

羽田の国際化に伴い様々な航空会社が就航していますが、大型機はB747しか飛来しておらずA380機は後方乱気流の影響で飛来禁止となっています。

B747と比較しどれほどの

違いがあるのでしょうか?また、どうすればA380機が飛来することができるのでしょうか?

閲覧数:
1,082
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2015/10/1822:00:15

あと、羽田空港は現状ではA380に対応したスポットは一つしかありません。

対応は単純でして、対応スポットの増設とA380前後の離着陸間隔を広げるだけです。

ただ、それをすると特に後者はそのまま羽田の発着枠が減ることになりますので、現状でも羽田の発着枠が深夜時間帯以外はほぼ一杯という状況下では非現実的な話なのです。

  • 質問者

    tab********さん

    2015/10/1822:10:14

    早速の回答ありがとうございます。

    B747が飛来出来てA380の飛来が禁止というのが理解できません。
    両方とも大型でそれなりに後方乱気流があると思うのですが、何がそんなに違うんでしょうか?

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/10/18 23:09:17

もはや、大型旅客機の時代ではないということに少しさみしさを感じますね。どこの空港に行っても双発機しか見ないのはなんだか物足りない気もします。

時代の流れということですかね・・

回答いただきありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる