サンポールとカビキラーを混ぜると塩素ガスが発生して危険とありますが、実際に死亡事故の事例はあるのでしょうか?

サンポールとカビキラーを混ぜると塩素ガスが発生して危険とありますが、実際に死亡事故の事例はあるのでしょうか?

掃除35,682閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

一番有名なのは1987年、徳島県の主婦が浴室で塩素系カビ取り剤と酸性タイプのトイレタイル洗浄剤を一緒に使用し塩素ガス中毒で死亡した事故でしょう。一般家庭ではそれが一番有名です。(他に観光ホテルのトイレ、厨房等業務分野でも数件の死亡事故が80年代後半を中心に発生している。刺激を感じつつも我慢してその場にとどまり掃除を続けるなどの事例が多い) 1987年の徳島県の事件をきっかけに洗浄剤・漂白剤の業界で自主規制を行い表示について統一ルールを取り決めました。代表的なものは『まぜるな危険』(『塩素系』『酸性タイプ』)ですが、他にもカビ取り剤のスプレーの仕様や漂白剤・洗浄剤の用途や使用方法の表示(漂白剤・洗浄剤が各々の区分を超えた用途表示をしないようにすることなど。過去には塩素系漂白剤に『住居用』の用途表示もあったりしたが誤用を避けるため廃止した)

7人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

塩素ガス中毒で死亡する事例はあります。 「混ぜるな危険」という注意書きは死亡事故の可能性が高いという意味を 表しているので、絶対に混ぜないように!

2人がナイス!しています

0

あるんです。商品パッケージに「まぜるな危険」の表示がなされるようになったきっかけが、正に死亡事故、及び死亡にまでは至らない重篤事故が数件、実際に発生したという事実に基づいています。こうした事故例報告に基づき、当時の厚生省から洗剤業界に対して行政指導が行われ、洗剤メーカーの業界団体である「日本石鹸洗剤工業会」が、1989年に取りまとめた自主規制によって、現在のようなパッケージに目立つ警告表示がなされるようになりました。

1

「塩素ガス 死亡事故」で検索すればザクザク出てくる。 量が少ないものの、毒性が強く、主な使用場所が換気の悪く狭いトイレや風呂である事から事故に繋がる事が多いようだ。

1人がナイス!しています

1

死亡事例が無かったら、混ぜますか?混ぜないでしょう。 密室で混ぜるとガスが充満してかなり危険です

1人がナイス!しています