ここから本文です

第二次大戦のドイツ爆撃で米軍は工場への精密爆撃のみにこだわり英軍のように民間...

jad********さん

2015/10/2323:57:39

第二次大戦のドイツ爆撃で米軍は工場への精密爆撃のみにこだわり英軍のように民間人への無差別爆撃はやらなかったのですか。

閲覧数:
166
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyu********さん

編集あり2015/10/2409:25:05

そうです。
イギリスは早い時期から夜間に無差別爆撃を平気でやっていましたが、アメリカは人道主義を掲げる手前、目標を絞って昼間に爆撃をしました。
しかし、44年末にドイツ中部のベアリング工場に対する爆撃で犠牲ばかり多く成果が上がらなかった事から、米軍内でも無差別爆撃へのシフトを求める声が高まり、45年2月に行われたドレスデン空襲で無差別爆撃に手を染めて、以降は無差別爆撃を重点的に行うようになります。
ほぼ同時期に、日本本土に対する空襲も精密爆撃から無差別爆撃にシフトされ、犠牲者の桁が跳ね上がるようになりました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lhd********さん

2015/10/2400:22:28

いえ、そんなことはありませんよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる