今日の菊花賞 母の父サクラバクシンオー(1600mすらもたなかった)と ストームキャット(短距離系)のワンツー馬券なんて血統 を良く知る人ほど取れない馬券でしたね?

今日の菊花賞 母の父サクラバクシンオー(1600mすらもたなかった)と ストームキャット(短距離系)のワンツー馬券なんて血統 を良く知る人ほど取れない馬券でしたね?

競馬96閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

血統にとらわれすぎた人は取れませんね、

その他の回答(4件)

0

血統を知っている人こそ狙える馬でしたよ。 サクラバクシンオーについてはスプリンター血統と解釈している人が間違いです。 母はサクラハゴロモで有馬記念などを勝ったアンバーシャダイの妹です。 父はサクラユタカオー。その父はテスコボーイ。 テスコボーイの産駒はキタノカチドキ(皐月賞、菊花賞)、テスコガビー(桜花賞、優駿牝馬)、トウショウボーイ(皐月賞、有馬記念)を輩出。 このような血統背景ですからサクラバクシンオーの産駒からスタミナ系が出てもおかしくありません。 産駒のブランディスが4000メートル超で行われる障害のGI競走・中山グランドジャンプと中山大障害を連覇したのも有名ですね。 サクラバクシンオーは、たしかに短距離産駒が多いですが血統は未知なんですね。

0

ペース、よくあるパターン だらだら行って瞬発力勝負、 これはステーヤーには無理 3F一番あがりが早かったブラックが勝った。

0

サクラバクシンオーは、父としてはほぼ短距離ホースしか出せないですが、母父としては可能性を秘めた所を見せましたね。 サクラバクシンオーの父は、ステイヤー寄りのトニービンですから、隔世遺伝なんでしょう。 ストームキャットもバリバリのスピードタイプですが、ディープとの相性が非常に良いのが結構話題になっています。 ただ、数年前のダンスインザダーク産駒の専門レースと言われた時代から、変わってしまったものですね。

0

父サクラバクシンオー産駒だとさすがに距離が厳しいですが、母父としてはそうでもない。 青葉賞3着のトップカミングとか、弥生賞3着のアデイインザライフなどもいるように母父としてはある程度距離は意外と持ってるんですよね。 それに今回はスローなったのである程度スタミナの消耗は避けられたのと、高速馬場の京都ということでスピードが要求される形になったから、この血統が来れたのではと思ってます。 一昔前のスタミナ消耗戦のコッテコテステイヤーレースなら厳しいでしょうね。 血統にこだわりすぎるっていうか、イメージをまんま受け止めている人は買えないでしょうね。