ここから本文です

なぜ機械化貧乏は起こるのですか。 また、なぜ農家は機械化貧乏になることをわか...

riv********さん

2015/10/2801:04:08

なぜ機械化貧乏は起こるのですか。
また、なぜ農家は機械化貧乏になることをわかっていて高価な農業機械を購入するのですか。
教えてください。

閲覧数:
1,316
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuj********さん

2015/11/111:33:48

機械化貧乏がなぜ起こるのか、回答に明確に答えるなら、

固定費用比率が、売上に対して高く設定されているため、利益が少なくなっている。

ということです。
また、なぜ高価な機能を買うかですが、

「きつい」からです。

補足すると、
農業は、想像よりも流動経費の割合は小さく。先行投資を主にする固定経費の割合が高いと言えます。

そのため、固定経費と売上のバランスを把握すれば、過剰投資になっていないかが分かります。

解決策は、過剰投資にならないように、機械を中古や低モデル、リースに切り替え安くする事。
投資に見合う売上を立てるため、面積を増やすです。

今の米作りは、明らかな過剰投資で、米の値段が下がるよりも、農家の過剰投資が問題だと言えます。小さな土地で、高価な機械を使ってます。
メーカーも考えて欲しいのが、携帯と同じように機能ばかり増やし高くするのではなく、
必要な機能だけに特化し、安い単価で販売する事も考えて欲しいものです。

何より、それらの事を考えもせずに、機械ないと農業出来ない。機械を買わないと米作り出来ないと。きついから買うことがおかしいのです。これらの理由で買うなら感情論であり、経営判断ではありません。
身の丈という言葉がある様に、買える農家だけちゃんと買えばいいのです。
(趣味の農業をしている方で、収益にこだわらないという人は、そういう経営スタイルなのでとやかく言う事でもないのですが)

私見です。
メーカーは国際競争力ないので国内で買い替えを促進しないと必死です。
OEMが主流になり、高機能。
携帯やパソコンと同じですね。

使わない。使う必要もない。
そんな機能が無駄に付いてます。
だから高いし、だからこれから需要が伸びる新興国で売れないんですよ。
国内に合わせて、機械も小さいから。小さいエンジンしか作れないもの。
米作りに、田植え機、トラクター、コンバインと三台も入りますか?
何十年と時間あったんだから、アタッチ変えるだけで、田植え機にもなる、コンバインにもなる、トラクターにもなるってのが出来たはずだ。ユンボやバックホーがそうである様に。トラクターでも出来たはずだ。
しかも、大きなエンジンは海外メーカーからのOEMばかり。技術の日本とは思えない。
メーカーの怠慢だと言いたい。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2015/11/111:35:06

JAの作戦に、考えもせず乗ったからだ。
そういう農家には、経営センスがないという証明だ。

sup********さん

2015/10/2902:46:23

JA という悪徳業者がいるからでしょう
老人騙して 医療器具売りつけるのと同じですよ笑

ume********さん

2015/10/2807:28:09

レタスを出荷するとして(全ての地域ではないが)
セロファンに包むのが決まりですが、手作業では
到底追いつかないので包装機(180万円)使います
12年返済(低金利の近代化資金)だと年に15万返済
ほんの少し作付け増やせば、わけなく返せる金額でしょ
↑ここまでは良い。僅かな出資で効率も収入も上がる
↓ところが、勢いに任せて皮算用する人も出てきます
*包装機より便利なロボット式に買い換える
*除草作業不要は有り難いな→マルチャー購入
*施肥を自動化(マルチャー、トラクターのオプション)
*パレットごと荷積みできて便利→フォークリフト購入
*農薬散布にアシスト機能付きの動力噴霧器を・・・
*機械が増えたので倉庫を増床、或いは建替え
これ、倉庫さわらなくても500万以上は飛びますね
メンテ代が頭に無い人ならこれごときで家計が飛びます

トラクターのロータリーが壊れた→30万
タイヤがパンクした→2万~7万
リモコンを壊した→7万
アタッチメントが必要だったのか・・・→6万~10万
たいがい購入時期は近いので、機械は同じ時期に逝く
で、水害とか日照不足とかで著しく収入が落ち込んだり
逆に順調な天候が続いて暴落(豊作)が起るとヤバイ

農家脳だと打開策として作付け面積の拡張に行き当たる
ニンニクが儲かるらしいな→乾燥設備要るがやってみよう
加工ネギは回転が早いのか→葉切り機購入は仕方が無い
ところが、販路が急に途絶えたり(非JAならよくある)
病原菌の蔓延で数ヶ月出荷できなかったりはあるわけで
結果、パンクしてしまう(こともある)
>なぜ農家は機械化貧乏になることをわかっていて
どんな産業でも、自営(ワンマン)ならそうなっていくよ

xkb********さん

2015/10/2803:42:24

1 稲作専業で大規模(10町歩以上)であれば、機械を使用する効率は上がりますが、大部分がそれ以下の規模です。しかし、農業を続けるために機械は購入しなければ、とても出来ません。

2 従事者がほとんど兼業です。各農家ごとに機械を持たないと、それぞれの都合に合わせて作業ができません。つまり機械の共有(共同作業も)が難しい。

3 機械自体が高価(トラクター400万円、田植え機械200万とか)。

4 農協が、機械購入などローンなど組みます(土地担保の場合もある)。これに対して、返済はコメ代金ですが、年によって豊作、不作があり、収入が一定しません。

直接的にはコメ代金の下落、収入減ですね。
かつては玄米1俵(60キロ)2万円が、今年は1万から13000円、呆れますね。

そう考えます。

sad********さん

2015/10/2803:15:51

それは仕事ではなく趣味でやっているからです。
私は新潟県に住んでいて機械貧乏な農家をたくさん知っていますし、商売もしています。

彼等も「米作った利益は機械に全部消える」と分かっています、様は車好きと変わりません。趣味です。

問題は趣味で農業をやられると「規模が小さくて利益が無くても続ける」、下手すると「多少マイナスでも農業を続けます」。
そうすると利益が欲しい専業農家は安売りする農家に引っ張られて価格が安くなる、市場から撤退しないから規模を拡大することも出来ない、そう言うことが起こっています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる