ここから本文です

看護実習で2度の失敗をしてしまい、患者さんからの拒否もあり、3つの実習を落と...

nat********さん

2015/11/107:31:40

看護実習で2度の失敗をしてしまい、患者さんからの拒否もあり、3つの実習を落としてしまい、留年となりました。だけど、先生からは学力的に無理だし、危ないから辞めないと言われています。しかし、私は看護師にな

りたいのです。コミュニケーションも苦手なため、適性がないと判断されて、退学に追い込まれています。

来年、もう1度、チャンスがほしいです。
生徒を応援して再教育をしようというのが先生達からは感じられません。私はどうしたらいいんでしょうか…。辞めたくないです…。

補足すみません。間違えました。危ないから辞めない→辞めなさいです。

閲覧数:
7,790
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wxy********さん

2015/11/120:14:55

簡単な一言で言わせて頂くなら、【可能性ゼロ】です。

根本的に適性の無い人に勤まる仕事ではありません。

「やりたいからやる」というのが通用しないから、退学に追い込まれているのです。あなたはもう、【合格できる可能性すら無い】んですよ。

退学を隠して受験しても、バレた時点で退学に追い込まれるでしょう。バレる前に結局同じ事を繰り返して退学に追い込まれると思いますけどね。

看護学校って、通常の学校とは全く違うんです。適性の無い人間を積極的に教育して伸ばそうなんていうことは一切しません。適性の無い人間は放り出してくれるところなんです。看護学校、そしてその先にある医療機関が求めるのは、【既定の年数できちんと単位を取って卒業できる能力のある人】だけなんですよ。だから【留年=退学】なんです。留年歴があるようでは、【卒業しても就職先がありません】から、もはや無意味なんですね。

【ストレート卒業】というのが、実は一つの単位なのだと思ってください。あなたはそれを落としました。そして、【中退・退学・再入学】などは、もう【ストレート卒業】の【単位を落としたのと同じ】なんです。

あなたはもう、【永遠に】、【ストレート卒業できない人】という肩書きが付いて回るんです。これはもう、将来に渡って可能性が絶たれたのと同じなんですよ。


良く考えてみてください。あなたよりも優秀な人がどんどん入学・卒業して行きますよね。そういう人たちを採用すれば良いことであり、あなたのような落第生をわざわざ教育して伸ばそうということを、誰もやってくれないんです。あなたはもう、ストレート卒業に失敗した上、新入学生よりも無駄に歳まで重ねているんです。若くも無いというのは、それだけ勤続可能な年数が短くなるということであり、それも汚点になります。今のあなたは、もう汚点だらけなんですよ。

だからもう、入学願書を出したところで、【退学歴】を書いたら確実に不合格です。だからといって、それを隠して入学に成功しても、また失敗を繰り返して確実に退学に追い込まれるでしょう。そもそも論で、【入試面接の段階であなたの過去について探りを入れられ、そこで見抜かれて落とされるのが落ち】なんですよ。退学歴を隠した場合、その間、何をしていたのかという証明が無くなるわけですから、そんな人を入学させるくらいなら、もっと他の若くて優秀な学生を取ろうとするのが学校というものです。

退学歴はそれほど重大な汚点です。致命傷です。

少し言い方を変えると、「一度退学させられた」というのは、言うなれば前科が付いたに等しいのです。警察は前科者を採用することは決してありません。あなたは【医療の世界における前科が付いてしまった】のです。前科者を採用する可能性、無いんですよ。

もう、【退学に追い込まれた時点で、可能性は絶たれた】のだと自覚してください。

中途半端に応援するコメントが書かれていますが、【可能性は完全に無い】ですから、諦めてください。


そして、あなたが望んでいる仕事は人の命をも預かる責任重大な仕事です。そこに適性の無い人間を送り込む行為は犯罪と一緒ですよ。あなたは自ら犯罪者になるつもりですか。

私も人の命を預かる仕事に就きたかったですが、自分にはその適性が無いという自覚があったので諦めています。あなたも諦めなさい。可能性は無いから。


一度精神科・心療内科にでも行って、診察を受けてください。発達障害等の可能性が無いかどうか、詳細に調べてもらってください。何か出てくると思いますよ。大人になっても自分が障害者であるという自覚の無いままに暮らしている人は意外と多いものです。あなたもそうである可能性が非常に高いように思われます。コミュニケーション能力の低さや注意力の欠如など、何かしら問題を抱えている可能性が高いので、責任、それも命という責任を負わなければならないような仕事に就くのはやめた方が良いでしょう。そういう仕事に就かないというのが、あなたにできる唯一無二の責任でもあると思いますよ。責任感が無いのなら、なおさら医療の現場で働くことなどできません。そういう人は、仮に現場に入れても解雇に追い込まれます。私には医療関係者(婦長クラス)の友達が居ますけど、トラブルの多い人はやめてもらってせいせいしたなんて愚痴っていましたね。


私がこの質問を見て感じたことは、あなたには医療への適性が無い、責任感も無い、何らかの障害を負っている可能性が高いという3点です。でも、適性が無い原因は、障害に起因していると思いますから、実態は2点と言えるかも知れませんね。

責任感の無さはあなた自身の問題です。「深く考えていないだけ」ということなのかも知れませんが、それならそれで、「考える力が無い人」という判断を下されて落とされちゃうだけなんですよね。障害については、おそらく生まれ持ったものだと思いますよ。一般的な正常な能力が備わっていないのです。わずかに足りないだけとも言えるかも知れませんが、そのわずかが、医療行為を行う世界では致命傷になってしまうのです。

キツイことを書かせて頂きましたが、とにかく可能性が無いことを自覚してください。報われない努力ほど虚しいものは無いでしょう。それになってしまいますから、別の道に進んでください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sou********さん

2015/11/404:59:17

そういう学生いますよ。

まずは実習を落とした理由はきちんと振り返りましたか?留年してクリアできる問題なのでしょうか?

自分を表面的にしか振り返らずに、ただ看護師になりたいという気持ちだけではなれません。
質問を読む限りですが、あなたと似た状況の学生がいます。関わっていて、看護師になってもらいたくないと心底思っていました。
なんとしてでも看護師になりたい!というよりも、辞めるという選択が怖くてできないように受け取れます。
だってなんとしてでも看護師になりたいと思うなら、勉強も実習も必死に頑張るはずでしょ?

自分のことを棚にあげて再教育を求めるなんでバカじゃないですか?
先生たちも、これ以上教育しても成長が望めないと判断したんですよ。

諦める勇気も持ってください。

ike********さん

2015/11/301:00:47

現在、留年して頑張ってる子がいます。

親しい友達の娘さんですが、泣きながら実家に電話かけてきて、「学科と実習1つずつ落とした、留年はさせられない、向かないから違う道を探した方がいいと言われた」と。

両親揃って娘さんのアパートまで行き、本人の決心を聞いた上で、両親と娘さんで学校に懇願したそうです。

初めての彼氏が出来たり、浮ついた気持ちで学んでいたのは確かだそうで、彼女は親の懇願で留年出来、今のところ一年ちょい単位をおとさないどころか、クラスで上位にいるそうですよ。

確かに…人の命に関わる仕事ですので、うっかりしてたとか、知らなかったでミスは許されませんし、危なっかしい人に私や家族を看てほしくありません。

でも、そのつまづきを一生忘れずにきちんと頑張れる人もいると思うのですが…

その娘さんも実習でしくじり、病院側からも言われたらしいです。

点滴や薬品の量を「ヤバイ、間違った、もう一回」が通用しない世界なのも確かです。

でも、看護学校時代の失敗で夢を絶たれてしまうのもどうかと…子どもを育てている大人の立場からだと思います。

本当に適性がなければ、卒業させなければ良い話で、学ぶチャンスを奪う権利はあるのかなぁ?と思うのです。

その失敗の内容にもよりますが、人の命に関わる仕事なのですから、リセットは効かない、何かあったらどうするのか?

それは真摯に受け止めていかなければならないです。

それでも諦めたくないなら、必死に懇願してでも留年させてもらいましょう。

責任重大は重すぎる…と少しでも思うようならば、諦めて違う夢を見つけましょう。

aka********さん

2015/11/203:14:05

適性がない、危ないからやめなさいと教員に言われて退学して、看護助手など他の医療関係の職についた後に、やっぱり諦められないと看護学校に再入学をした方もいるらしいです。逆に医療関係の場で働いていたことで、看護師になるための糧になったり。
また学校の向き不向きもあると聞きます。
もし退学させられても諦められないなら、一呼吸置いて、他の学校で頑張ってみてはどうですか?

あと精神の病気じゃないの?っておっしゃってる方がいますが、精神科で念のために調べてもらえば、たとえ少しの発達障害があったとしても仕事に差し支えはないですって教えてくれたり、アドバイスくれたりするので一回行ってみてもいいのかなって私は思います。

ueh********さん

2015/11/113:44:43

先生方は何十人何百人という学生を見ていますからね。
適性がある人、無い人、見分けがつくと思います。その先生方がサジを投げているのですから、よっぽどなんでしょうね。
患者から拒否されるなんてよっぽどだろうし、そういう学生を実習に出した看護学校のメンツもつぶしているでしょうね。
来年、同じ失敗を繰り返さない強い決意が必要だと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

xxx********さん

2015/11/108:58:05

物を扱う仕事ではなく、人の命を扱う仕事ですから、
うっかりでは、済まされないことばかりです。
また、患者さんはナーバスになっているのに、上手く会話も出来ないと駄目ですよね。
最後に学力不足は、覚えることも多く、単なる勉強をしていない、すれば出来るのであればよいですが、いわゆる、勉強についていけないと、国家資格が取れないです。

他の学校であれば、応援して、再教育してはありですが、
人の命を扱う仕事ですから適性がない、と判断されたら厳しいかもしれません。

とにかく、会話力、うっかりはさておき、勉強でトップグループに入る
退学を回避するにはこれだと感じます。
努力する人を退学にはしませんよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる