ここから本文です

傷害 眼球破裂 飲み会の席で後輩と口論になり、グラスを投げたら目に当たってしま...

アバター

ID非公開さん

2015/11/112:47:51

傷害 眼球破裂 飲み会の席で後輩と口論になり、グラスを投げたら目に当たってしまい眼球破裂してしまいました。この場合の大体の刑事責任の量刑と、民事、慰謝料の額はどのぐらいになるでしょうか?

ちなみに次の日に出頭しました。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,860
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/11/113:24:32

民事訴訟関係は、被害者の出方次第ですからここでいくらぐらいかというのは、算出は難しいかと思います。ただ、事情はどうあれ、被害者に一生ハンディキャップを負わせた責任は、重く受け止めねばなりません。そういう要素を考えると相当な金額になることは、想像できるかと思います。

刑事責任ですが、刑法第204条(傷害)は、次のように規定しています。

刑法第二百四条(傷害)
人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

法定上限は、15年の懲役または50万の罰金です。この範囲内での求刑になります。

事件の態様や、被害者の処罰感情も絡んでくるので、何年とは言い切れませんが、執行猶予の可能性はあるかと思います。それでも、有罪判決ですから前科は付いてしまい、その記録は終生消えることはありません。(猶予期間中、おとなしくしていれば、刑の効力は消滅するので服役する必要はなくなりますが、前科記録は残ります。念のため)

アバター

質問した人からのコメント

2015/11/6 16:48:51

回答ありがとうございました。

「眼球破裂」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。