ここから本文です

障害年金(精神)の更新について。 更新時の1年、3年、5年って、 何を基...

アバター

ID非公開さん

2015/11/220:03:33

障害年金(精神)の更新について。

更新時の1年、3年、5年って、

何を基準に決まるのですか。

ご教示ください。

閲覧数:
20,320
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wao********さん

2015/11/308:26:50

身体で障害厚生年金一級の受給者です。
職業柄、複数の社労士と共に仕事をする機会を持っています。
素人の方より多くの事例を詳細に知る立場にあります。
実例に沿って回答をさせて頂きます。
ご参考になれば幸いです。

これは精神障害に限らず身体障害でも同じなのですが、症状に変化が今後どの程度あるかという事を審査会が検討して決定します。
すまり変化の度合いが大きい、と判断されれb期間が短くなります。
逆に変化が想定できない、例えば欠損による障害などは期限のない認定、所謂永久認定と呼ばれるものになる場合もあります。

良く誤解されますが、症状の重い軽いとは全く関係がありません。
思いから長い、軽いと短いというものではありません。
症状の変化が想定されるされないかだけです。
例えば身体障害の場合、一級で有期認定の場合もありますし二級でいわゆる永久認定の場合もあります。
※余談ですが永久認定というものは厳密にはありません。
次回の認定期日が指定されていないだけで、例えば医療技術の向上があればいつでも更新を指示されます。
ただし従来あそういった事例はありませんので、ネット用語などで永久認定という言葉が使われています。
今後は例えばIP細胞による医療技術向上などで更新の再開が日常茶飯事になるかもしれませんね。

精神障害の場合はいわゆる永久認定はありません。
多分一例もないと思います。
これは双極性障害や統合失調症のように完治しない病気でも寛解によって等級が変化することが常に予測されるからです。

次回の更新が何年後かは前回の診断書との比較などで総合的に判断されると言われていますが、技術的な詳細については公開されません。
早い話が審査会がある意味勝手に決めることができます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tes********さん

2015/11/319:35:37

症状が変化するであろう年数を基準にしています。

5年の人なら5年間は症状は変わらないと判断されたのです。
これは症状が重いからでも軽いからでもありません。

私は身体障害で障害年金2級ですが、更新はずっと1年間が続いてます。
私の障害は現在治療法が無い難病で良くなる事は無い(再生医療が進めば判りませんが)治療法も無い薬も無い状態です。
良くなる事はあり得ませんが進行して悪化する病気なんです。
つまり1年くらいで診断書を見ないと悪くなる可能性が大きいので1年の更新だと理解してます。

tom********さん

2015/11/310:37:01

症状が軽く、もしくは重くなる可能性の度合いによって有期認定になります。診査するのは医師ですから、その範囲においては熟知していますので。これ以上の回復が見込めないときに診断書提出はなくなります。診断書提出がないと認定されても症状が重くなるときもあります。この場合は、診断書を提出し審査しなおすことになり、以降は有期になるでしょう。なお精神障害において永久認定は一例もないと思うという回答がありますが、多く発生しています。統合失調症など後天性の障害においてはほとんどが有期ですが、精神障害には生来性の知的障害も入ります。この知的障害においては永久認定されています。

nis********さん

2015/11/222:02:13

こんにちは。障害年金は老齢年金をもらうまでのつなぎの年金としての性格があります。そして発病から(支給開始から)1年6ヵ月は健康保険の傷病手当金で生活を保障し(国保では任意規定のため傷病手当金はほとんど規定されていない)それ以上の長い期間は障害年金で生活を保障します。そして日本では自分の生活は自分で守るのが原則であるので有期認定が原則で無期認定は例外ということになります。すなわち有期認定は障害が治ることを前提にしています。それゆえに障害認定された場合初めは短くだんだん長くなる傾向があります。ただ障害の重さがそこに加味されて認定されるので一概には言えません。結局生活保障の必要性と障害の重さ、それと治る可能性によって判断されていると思われます。(西浦和障害年金OFFICE)

jyu********さん

2015/11/221:57:33

私は脳梗塞の後遺症で麻痺があり20歳前の障害基礎年金1級を受給しています。
どの障害でも同じですが、再認定までの期間の長さは「障害状態の変化の度合い」によって決められます。
つまり、短期間で大きな変化が見込まれる時は短く、長期に渡っても状態の変化が少ないと見込まれると長く設定されます。
自治体の問題でも病気の程度でもありません。
再認定までの期間が1年だから重い(軽い)、5年だから軽い(重い)ではありません。
あくまで障害状態にどの程度の変化が見込まれるかです。

yer********さん

2015/11/220:28:37

1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの事です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる