ここから本文です

ボクシングの試合で、ボディー打ちに対してカウンターを当てて倒す試合って不思議...

jn3********さん

2015/11/708:39:32

ボクシングの試合で、ボディー打ちに対してカウンターを当てて倒す試合って不思議と今までに見た事ありません。なぜでしょうか??

ボディー打つときってスキができるはずですが、それにパンチを合わして倒した試合って不思議と見た事ありません。


ボクサーは、ボディーブローが上手い選手と戦うのは怖いのでしょうか?

見てると、ボディー打ちが上手い選手に対し、腰入れてパンチを打ててないし伸びてないと思いました。
顔面へのパンチとボディーへのパンチが相打ちした場合、勝つのはボディーなのでしょうか?

閲覧数:
324
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iti********さん

2015/11/715:23:30

中のボディだと、
カウンターは、難しい

かもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ebi********さん

2015/11/719:55:29

タイミングが合わないからです。
ボディを打つ方は相手のパンチに対してダッキングやウィービングで頭を外しながら打つ、あるいは上下の打ち分けを巧みに使いながら自分のタイミングを逃さず「ドカッ」とボディを打つ等、キチンと相手を見ながら打っています。そのため、両手が自由な状態の相手に下手にカウンターを合わせられるようなタイミングでは打ちません。
したがって、ボディの上手いボクサーは相手にとって実に厄介です。特にレバーを始めとしたボディフックなどはテレフォンパンチ気味に腕を引くのが普通であるが故に上記で説明したテクニックと合わせて打つ必要があり、そしてボディの上手いボクサーはこれらのテクニックを必ず併せ持っています。
こういったことからボディブローに対して容易にタイミングを合わせられる例はきわめて少ないと言えますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ROONEYさん

2015/11/717:59:52

ボディーを打つ時は頭の位置をずらしたり低くして打ちますからパンチが当たっても急所にはなかなか当たらないしタイミングも難しいです。

ボディー打ちが上手い選手と戦うのは嫌でしょうね。ボディーを打たれればスタミナも無くなってきて動きも鈍くなるし力も入らなくなってくる。

ボディー打ちが上手い選手に対して腰が引けてたのは腹が効いて体が丸まってきてたからだと思います。

顔面とボディー相打ちの場合見栄えがいいのは顔面です。ボディーは露骨に効いたのをださないとジャッジはポイントを振りません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mus********さん

2015/11/710:52:13

ボディを狙わせて開いたガードを狙う…
レパード玉熊や、カオサイ・ギャラクシー(タイ)がよく使った手段です。
強靭なボディがあったからこそ成り立った戦法ですね。

一番警戒するのはボディと見せかけて上に飛んでくるパンチです。
確実にボディと解ればいいですが、わざわざリスクを犯してボディにカウンターを合わせなくてもいいかなと思います。
ずっと同じモーションでボディを叩かれて、無意識にボディだって思った瞬間に上を叩かれたことが何度あったか…。


ボディの方が、腕をガードの位置に戻すのが遅れます。
なので腹で受けてからでも間に合うんです。
上か下か…よくわからない状態でパンチに会わせるより、腹で受けて相手がパンチを引くタイミングで会わせる方がリスクが低いです。

ま…その腹で沈められることも多々あるんですが。

ボディが上手い選手は一番やりたくない選手でした。
試合をやる以上、必ずボディはもらうし、腹にダメージが溜まると八方塞がりになってきます。
足が痺れて逃げれなくなるし、クリンチ際にコツコツ叩かれるのも辛いし、安全な距離が無くなっていって、勝つとか負けるとかの前に早く三分終われ!…って感じでした。

また、ボディにカウンターは難しいです。
打ち合いの最中ならまだ解りますが、ある程度距離があっての場合、距離を積めてくるタイミングで合わせます。
相手がボディのモーションに入った時には既に距離を潰されてますんで、その時点で後手を踏んでるんですね。
そんな距離でガードは外せないし、とりあえずボディ食わせてその次…って頭です。

レベルが上がれば上がるほど向かい合っている二人にしか解らないことも多いですし、僕レベルで言えるのはここまでくらいかな…と。


レベルの高い人やスタイルによってはもっと違う見解があるかもしれません。

kei********さん

2015/11/709:57:26

たしかに少ないかも。
でもない事はないと思いますよ。

ooa********さん

2015/11/709:07:49

言われてみればあまり見たことないかもしれません。ヘッドスリップのようにはいかずステップで避けるしかありませんし、もちろんガードすれば手は塞がります。クロスカウンターのようなものは出来ませんね。ガード的に左ボディーならこちらも右を合わせるはずなので自分も確実にもらうでしょう。
また、ボディーを打つ=距離を詰められたということなので、あまり思い通りに体重の乗った致命打を与えられないのではないでしょうか?
難易度の問題なんですかね。それでもフックを被せたりする練習はしたことがあります。

ちなみに、ボディーの上手い選手は本当に怖いです。相手のセコンドによく気付かれます。 笑

どっちが勝つかというのは一概に断定はできませんが、KOパンチは九割顔面へのパンチなので(ボディーを鍛えることはできても脳が揺れるのは防げない)個人的にボディーは負けると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる