私の母の衝動性の強さと整合性の無さに関して質問します。 今年に入ってから暴走傾向にあるようで、まずは「物の購入」についてのみ羅列します。

私の母の衝動性の強さと整合性の無さに関して質問します。 今年に入ってから暴走傾向にあるようで、まずは「物の購入」についてのみ羅列します。 本当は、幼少から去年までの経緯から話したいのですが、また複雑なので省きます。 今年2015年3月の頭と推定される頃に、薬剤師として勤務していた近場のドラッグストアを退職しました(そもそも母は豊橋移住の2009年以降多くの職場を転々としている)。 それから3月中は、奇怪なことに「カフェ」に関連して、Amazon等のネットショッピングで不要なものを大量に購入しました。 そのカフェ関連の詳細が以下のリンクに詳述されます。 http://masashi.doorblog.jp/archives/43067503.html ここでざっとカフェ関連の購入品を示すと、まず3月6日にどこかへ「アイパッド」という単語を交えて通話していましたが、実物がiPad miniとして後日届くも、これは最初の2ヶ月ほどにネットのブラウンジング(閲覧)程度に利用されるのみで、11月現在もまともな使用がございません。 よって、使用の意義が無いから充電もされずバッテリー切れが続いています。 まるで、使途不明の切手を大量購入する政治家のようです。 ほか、「切手」よりも利用価値の無いおかしな小物類などを買いあさりもしましたが、これまた11月現在、使用の様子を見ないばかりか所在すら不明です。 それらは上リンク先に「些か多めなエプロン数点、蜜蜂などを模った謎のアイテム等々」と書かれます。 狂乱から来た妄想に購買意欲が俄然かきたてられて、このような出費をする人間が私の母(49)で、また、現在中卒無職の私(18)を反社会的だとか精神病の一種だとかと言いますが、誰が何なのでしょうか? 父と住む上の弟も中卒無職で、この家の下の弟は知的障害者で何が何だと言うのでしょうか? 続いて、母の嗜好品の変遷ですが、去年末(11月以降?)から冬季はウイスキー(ブランデーやスコッチ含む)を多めに買ってみたり、開栓後放置なども続きました。 それから、春の辺りに2種の健康食品(粉末飲料)を90日分買いましたが、片方は今も30日分以上が余っています。 健康食品は、カプセル型のもの(ブルーベリーだかコエンザイムだか)など色々ある中で、定まらず使い切っては別製品、と移り気が甚だしいようで、当知恵袋7月27日にも、とあるヤセ生薬をバカ飲みしては買い換えていることを質問しました(10・11月現在も初めて見る名の製品が増えます)。 ほか、液糖類を買いあさってみたり、液糖類が余るのでカフェオレを大量に作ってみたりと春・夏です。 ネットで頼む飲料の中には、調整豆乳・炭酸飲料・お茶など、今年に入ってから始まっています。 ただ、炭酸飲料とお茶のペットボトルは、夏季ではなく、冷え始めた10月になってから俄かに始まったりと、不可解に思います。 これについては、「ネット利用の買い物が激増した10月」という括りのために何とか理解できます。 その10月は、10月31日に電子キーボードを購入しました(キーボード用イスは11月1日)。 母はろくに音楽知識も無く、演奏能力は月並みです(一方の私は趣味でDTMの作曲をしますが演奏能力は並みの小学生レベルです)。 音楽への信念を形骸ながらも持ち続けた父親(2011年4月18日から父元を離れた私)が、トランペットを上達せずとも長年吹き続けることとは姿勢を異にした母ですから、2008年頃購入の家庭用キーボードを2014年3月22日に呼び込んだ祖母(同年8月中旬施設入所)の居住スペース確保というために、推定同年 5~7月にこれを廃棄処分に付しました。 特殊な事情だったとはいえ、結局楽器の知識も音楽の知識も無く、信念も無いのに再度ホイホイと手を伸ばす様子は見るに堪えません。 ネット利用の買い物が多かった10月の一例として顕著なものを挙げましたが、このほか細かい購入状況は以下(5万文字を超すので探しづらいかもしれません)に載っています。 http://lesbophilia.blogspot.com/2015/11/plus-october-2015.html 最後に、3月のカフェ関連ほか、何らかの事業に関連する動向にも衝動性の強さと整合性の無さが出ますので、綴ります。 コンビニあるいは飲食店のフランチャイズ店舗の設立だか経営だかの資料請求を数度していましたが、そんなことに再就職するつもりでしょうか? 自ら薬剤師免許の権威を得意げに語って再就職が容易であると誇示する割に、薬剤師の職には戻りたくないのでしょうか? どちらの方が厳しい仕事なのでしょう? 去年9月頃のようにFXだか株式投資だか何かに手を出して、「仕事」と強弁すれば良いと思います。 私から、どういう結果になろうと望むものではありません。 ・・・以上から、母を分析するとどうなりましょうか? 偏向ではございません、ありのままです。

補足

母親は、物を買い漁ればそれでよいことと考え、自分でする苦労を極力抑えたいのでしょうか? 本文中のキーボードだって、2008年に軽薄な動機で買って2014年に浅薄な判断で捨ててまた2015年に買い直す様子を見ては呆れてしまいます(私が小1あたりのころにもエレクトーン購入歴あり)。 音楽を聴く耳や関心も知識もないというのに、楽器だけ買ってどうするつもりでしょう。 上達せずとも吹き続ける(2011年当時)父親との雲泥の違いを見せ付けられる思いです。 エレクトーンは今もかつての5人の家=今は上の弟と父が住む家に残っています。 また、人に物を与えれば満足するであろう、との浅ましさも親らしくないと思います。 多々例がある中でまた楽器についていえば、ゲーム中毒の上の弟に2011年にギターを買い与えたところも、楽器にこだわりなく音楽の趣味が薄い親が、楽器に興味のない上の弟に買ったところで何が変えられましょうか? 軽薄な動機や浅薄な判断に他ならない理由です。 ずっと寝ぼけているのが母親ですが、父親も寝ぼけばっかりな人でした。 常時寝ぼけた父に、常時浅い夢を見る母は共に、悪いことがあると怒りなどの感情を抑えないで思考能力を殺ぐ点も共通します。

ベストアンサー

0

母親は読書ほか勉強の趣味もなく、衝動的にナントカ語のライトな参考書(入門書?)や辞書を買ったり、ナンタラ学の通信の講座を受けてみるなどはしても、これまた「金でやれば」いい程度です。 はじめにネットでまず学ぶことなどは無いのも、ネットが何たるか、ネットの前提は由来を弁えない人間です。 インターネットは、余った購買意欲を満たすツールではありません。 また、そういった無駄な投資をしてすぐ辞める癖に、心の狭い倹約っぽいことはネチネチ続けて人を縛りつけるのですから、本末転倒です。 なぜ勉強の意志もなく判断能力も乏しい母親が、大学卒業と「薬剤師」という国家資格取得を滞りなく進めたかといえば、たまたま「としこおばさん」という親戚の薫陶があったゆえであることを母自身が披瀝しています。 その受動的に得た学力以外は、母自身が嫌う腐敗人間の祖母から連なる血によって、このような見るに堪えない悪癖が残り、なまじ就職などの世渡りが滞りないからこそ、あの父親は37・8歳にして29・30の悪妻を娶ったのです。 母親は判断能力などに欠いている以上、現状認識もままならないので、過去から現在までの異常事態に無自覚であり続け、今後は祖母と同轍の認知症発症も不可避です。 陳腐なTV番組などで日中も夜中もハーハハーハと笑うような有様では、ただ憐憫の思いばかり募ります。 「笑って健康」ではなく、心が不健康だから笑っていられます。 今の私は毎朝4~7時頃の起床が多く、夜は大概22時までにPCをやめて寝床に入ります。 今の母は破綻の一途に破局破滅の道を進んでいます。 世間の言う学歴だとか収入だとか血液型だとか、そんなものは関係ありませんね。 父のように保険会社に勤務していようと、母のように国家資格を有していてA型だろうと、そんな現代唯物論的カルトの科学教や三高教の謬義は、現に証せられています。 無駄に多々買って、ギターとキーボードはあの浅薄な判断で2014年4~7月頃に処分されるも、ほかにはほぼ未使用か、使用が少ないまま経年劣化するか、邪魔になるかといった多くの物はどうなるのでしょう? 今後も孝子急先鋒の私の眼光は鋭くして止めません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さぁてそろそろお風呂(4年、湯に浸からず)入ろっ・・・(11月19日6時)

お礼日時:2015/11/19 6:18

その他の回答(2件)

0

「お買い物中毒のわたし」って,映画にあったかな。 まあ,お金が続けばいいんじゃないの? 客観的に見て,精神科を受診した方がいいと思うけど。 依存症(買い物によるストレス解放・現状否定の行為)だと思うからね。 あなたも,職に就いた方がいいと思うよ。

書き込んで気が晴れるなら,それもよし,やね。 お金があるみたいやから,社会貢献してはるわ。 精神科は,時間取れないくらいはやってるから,無理してまで金払う必要ないし。依存症を治す薬は,基本的に,ないさかい。自覚するまで,入院するしかないでなあ。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

長文をうつ病に放り込むのやめろ! 誰も読みません。