ここから本文です

喘息の吸入器について 私は結構ひどい喘息持ってます それで質問なんですが ...

gia********さん

2015/11/1622:27:51

喘息の吸入器について

私は結構ひどい喘息持ってます

それで質問なんですが

喘息の吸入器に

違法薬物や覚醒剤に使う

成分が入ってると 友人に聞いたのですが

嘘ですよね?

もし仮にそうだとしたら

怖くなってきたので

質問します


詳しい方よろしくお願いします(>_<)

補足早速回答ありがとうございます

そうだったんですか?!

なんか恐怖すら感じてきました

苦しくてたまらず若干程度吸入器に頼り過ぎてしまう事があります

最近体調もよくありません

友人の言っていた事は気にしないようにします

閲覧数:
323
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/11/1816:01:21

(喘息の入院患者さんにきちんとした鼻呼吸を指導している病院もあるそうです。
就寝中を含めて呼吸器ではない口での呼吸になりませんように。)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/11/1818:07:42

こんにちは、私は専門家ではありませんが、一応目だけ通していただければ嬉しいです!
ジヒドロコデインやエフェドリンなどは漢方薬の麻黄から抽出されるいわゆる麻薬です。
かの有名なパブロンやCMでやっている咳止め液、虫除けのプチウナなど様々な医薬品に含まれています。
昔、喘息の薬でメタンフェタミン通称ヒロポンというのがありました。
あれも麻薬です。
一応、これらの歴史を載せておきます。

明治18年に長井長義(ながいながよし)博士が
麻黄という漢方薬からエフェドリンという成分を発見します。
長井博士は麻黄からエフェドリンを抽出するのに成功、さらに合成にも成功します。
長井博士が発見した麻黄に含まれるアルカロイド
覚醒アミンの一種(中枢神経を興奮させ覚醒作用をもたらす物質)である
エフェドリンが覚せい剤の母体です。
これが気管支喘息などの咳止めに効くことが解ったのは40年後で
当時、長井博士はエフェドリンがどの病気に効くか?良くわからなかったのです。
エフェドリンは喘息や咳の薬として使われる様になりますが
昭和8年に、より強力な覚せい剤(アンフェタミン)=明治20年にドイツで合成された
エフェドリンの誘導体(化合物)がアメリカで咳止めの特効薬として販売されます。
ところがアンフェタミンには眠気が無くなる、疲れがとれる、食欲が無くなるなど
脳があり得ない誤作動を起こす別の強い薬効があったのです。
コレはイイと・・・!
アンフェタミンは喘息や咳の薬ではなく、疲労回復薬や、やせ薬として乱用されます。
しかし、問題が起きます。
こんな状態が長く続けば、脳も身体もまともではなくなってしまうのは当然ですが
アンフェタミンは強烈な精神依存を持ち、
解っちゃいるけど止めることができなくなってしまうのです。
それに加えて、薬の耐性も速やかに形成されるので
だんだん使用量が増えてきます。
結果的に、中毒による死者や精神病患者が続出し、アンフェタミンは危険な薬として
処方制限されることになります。

覚せい剤の母体であるエフェドリンを発見したのは日本人ですが
エフェドリンから覚せい剤を最初に合成したのはドイツ人で
覚せい剤を母体のエフェドリン同様、気管支喘息薬として
最初に販売したのはアメリカ人ということになりますね。
そして最初にハマッたのはアメリカ人です(^^;

後に長井博士もメタンフェタミンという覚せい剤を合成しています。
これは現在、日本で多く乱用されている覚せい剤で
明治26年長井博士がエフェドリンを合成する時
エフェドリンの誘導体(化合物)の一つとして作られました。
メタンフェタミンはアンフェタミンより数倍の薬効を持つとても危険な薬です。

danityさん

2015/11/1623:03:33

エフェドリンの事かなぁ?
気管支拡張剤に使われる薬剤ですが、覚せい剤の原料にもなります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/エフェドリン

医師の指示通りに使っている分には心配ないです。
リンコデなんかも咳止めに使われるけど、これも麻薬ですよ。
薬は上手く使えば病気を治したり緩和させたりしますが、乱用すると危険ですよね。

友人の言葉は、あまり気にしない方が良いですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる