ここから本文です

交通事故の後遺障害認定の審査について 1 事故状況・物損被害の程度 2 通...

aki********さん

2015/11/1816:36:29

交通事故の後遺障害認定の審査について

1 事故状況・物損被害の程度

2 通院期間・回数

3 治療内容(医師の指示に従う)
4 後遺障害診断書・画像所見 検査など 他覚的所見
■この他

に私生活での不便さを書くべきなどの意見もありますが、損害調査事務所からの要請も無いので必要性は無いと踏んでます。

脛椎、胸椎捻挫などの後遺障害審査において、重要視するポイントは他にありますか?

また、等級、該当、非該当などに最も大きなポイントや重視する点など

アドバイス下さい。

全てが重要と思いますが、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
697
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arr********さん

2015/11/1818:01:24

私は私生活の不便さを記載すべきかと思います。
実際どのような障害が残り、どのような場合に傷害が生活に影響するのか?
その記載がないのに、後遺障害で逸失利益を得るのは難しいのではないでしょうか?
後遺障害等級取得の意図は障害により逸失した利益を算定するためにあると思います。
ので、実際怪我により失った利害を記載するのは必要だと思います。

  • 質問者

    aki********さん

    2015/11/1818:51:43

    そうですか。

    医師の後遺障害診断書への記載ですか?

    自筆ですか?

    逸失利益とは私生活より、業務上に及ぼす利害を金額にしたものですよね?

    私生活の損害について、どのような記載方法が望ましいですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/11/19 12:20:02

ご返答下さり感謝します。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iti********さん

2015/11/1823:43:39

治療した以外の医師が。後遺障害を認定しますので
所見道理の認定で私情を挟まず診断書を書きます
認められる率は低いですよ

aj3********さん

2015/11/1817:51:10

後遺障害等級が認定されるかどうかは、症状固定と診断された時点で身体に残存した症状・不具合が
①交通事故によって生じたものであること
②後遺障害等級表の基準を満たしていること
を後遺障害診断書等の資料から読み取ることができ、更に、それをを裏付ける資料が添付されているかどうかで決まります。

何を添付すれば後遺障害等級が認められるかどうかはケースバイケースであり、確実に等級が認められるポイントが判っていれば被害者が苦労することはありません。
後遺障害等級は申請して結果が返ってくるまで結論は誰にもわからないのが現実で、だから申請する時や異議申立の時、申請者が判る限りの有効と考えられる資料を集めて提出するのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる