ここから本文です

鬼畜米英 竹槍でB29を 落とせ!(机上の空論の例え)なんて 言われておりますが、あ...

uomasa90315さん

2015/11/2909:43:54

鬼畜米英 竹槍でB29を 落とせ!(机上の空論の例え)なんて 言われておりますが、あの当時の 国民の竹槍訓練は、
本土決戦での地上戦でゲリラ作戦の為の 竹槍であって、"B29を 竹槍で・・・

"なんて 思っていた人は 居なかったと 思うのですが、如何でしょうか?

閲覧数:
180
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/12/111:50:35

主婦たちに竹やりを持たせて完全武装のアメリカ海兵隊に突撃させ、B-29は精神力で撃墜する、と。これが東條閣下の大戦略でした(笑)そして日本が負けたのは政府、国民が意気地が無かったからだ、と東條閣下は言いました。ま、気が狂っていたのですよ。

東條英機陸軍大将は当時は総理大臣・陸軍大臣・陸軍参謀総長であり、更に文部大臣、外務大臣、商工大臣、軍需大臣を兼任、歴任(全部を同時期にではないが)、権力を一手に収めて「東條幕府」と呼ばれる独裁政治を行っていました。

ある日のこと、東條閣下がある部隊を訪問。高射砲担当の兵士に聞きました、「今アメリカの飛行機が飛んできたらどうするか?」、と。その兵士答えて「訓練で教わった通り、弾丸を込めてよく狙って撃ちます!」

東條、「違う!精神力を込めて撃てば敵機はみんな墜ちてくる!」

東條閣下にB-29を任せておけば東京大空襲も原爆も無かったでしょうね(笑)

ゲリラ作戦の為の竹やり、、、もし本気でそう思っていたのであれば狂気ですね。そして本気でそう思っていました。昭和20年6月に制定された国民義勇兵法では、本土決戦があった場合、男は15歳~60歳、女は17歳~40歳まで2800万人(!)を招集し、軍と一緒に戦わす計画でした。2

武器は各自が持ってこい、と。刀、槍、弓矢、竹やり、くわ、かま、、、もう無茶苦茶です。

また、国粋主義を煽りまくって日本を滅亡させてしまった国賊の一人である徳富蘇峰は、戦争ボロ負けの昭和20年2月6日の毎日新聞でこう書きました。

「「アメリカは有り余る機械力という奴で泥棒根性丸出しに刃向かってくる。飛行機も軍艦も、、、わしら日本人はこの機械力に人雷をもってぶつかればよいのじゃ。人雷のほかに神雷もある、、、これだけでよい。もうあとは言わんでもよい。そうじゃろう」

人雷と神雷、、、一体なんでしょうね、これは???こういう男が当時の日本を牛耳っていたのです。ひどいものですね。

↓陸軍士官の指導で竹やり訓練をする主婦たち。

主婦たちに竹やりを持たせて完全武装のアメリカ海兵隊に突撃させ、B-29は精神力で撃墜する、と。これが東條閣下の大戦...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

botapackyさん

2015/12/113:36:38

ちと違います
アレは、銃後と言って安穏とするな、お前らも戦争に参加しているんだぞ、という一種の教育でした

因みにイギリスは国民に槍と棍棒をもたせました

2015/11/2910:28:33

実際にそう教え込まれ、それに疑問を持つことすら許されない時代でした。

先日沖縄で地上戦を体験された方々が後世に伝えるため、と当時の記憶を呼び起こして描かれた絵を雑誌で何点も見ました。

その中で
「訓練通り、民家や防空壕に押し入ってきた米兵相手に竹槍で応戦。その場で全員返り討ちに遭った」
と言う絵も含まれていました。
私も今まではあくまでも机上の空論と考えていましたが、現実に浸透していた教えだったようです…

2015/11/2910:13:02

戦時中、両親はまだ小学生でしたし、祖父も祖母もとうの昔に亡くなり、残念ながら聞く事はでしません。

が、中には前の回答者様のような方もいたのではないでしょうか?

何しろ焼夷弾で火災起こした建物をバケツリレーで水かけて消火しようとしてたくらいですから…。

tts_potemkinさん

2015/11/2909:48:40

うちのじいちゃんは
「本当に竹槍でB-29を落とせるもの」と教育された(本人談)し、
実際にそういう教育を行ったらしいという資料もある。
末期戦ってそういうもんだから。
2+2を80と教えるものだから。
教育ってのは見方を変えれば洗脳だからね。
帝国は教育で人間を現人神にしてた訳だし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。