ここから本文です

母が肺腺癌のステージ4で抗癌剤治療を受けています。 今まではアリムタ+アバス...

pap********さん

2015/12/100:52:44

母が肺腺癌のステージ4で抗癌剤治療を受けています。
今まではアリムタ+アバスチンで治療していて腫瘍マーカーも順調に下がっていたのですが、最近胸水が溜まりだし(胸膜播種はあります)、

腫瘍マーカーも再上昇してきました。
そこで主治医から胸膜癒着をしてから抗癌剤をドセタキセルに変える治療法を提案されました。
セカンドラインとしてドセタキセルに変えることはあるみたいなのですが、胸水が溜まったのは初めてなのにいきなり胸膜癒着までやる事に少し疑問を持っています。
母も胸膜癒着に抵抗があるようで、今はどうしようか2人で悩んでいます。

他の選択肢がないかセカンドオピニオンを受けてみるべきかも悩んでいます。

誰か何か少しでも知っている方がいればアドバイスを頂けると幸いです。

閲覧数:
7,739
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2015/12/218:55:52

少し残酷な言い方をしますが、お母様のためですので聞いてください。

胸膜播種を起こしていると言うことは、既に助かる見込みのない末期癌です。今やっている抗がん剤治療は、癌の働きを抑える延命治療でしかありません。それも効かなくなってきており、残念ながら、そう遠くないうちにお別れの時が来ると思います。
また、セカンドライン、サードラインになるに従って、一般的に抗がん剤の効きは悪くなり、副作用は大きくなります。一分の望みをかけ、藁にもすがって助けてあげたいお気持ちはお察ししますが、現実的には、奇跡でも起きない限り助かりませんし、そんな奇跡は自分の所にだけ都合良く起きたりしません。
今後の抗がん剤の治療を続けるにあたり、お母様の状態は加速度的に悪くなります。それは、99%負ける戦いに賭けた代償とも言えます。
セカンドラインに移るのを期に、抗がん剤治療をやめ、少しでも今の生活の質を保ったまま、安らかに最後の時を迎えさせてあげることも考えられたらいかがでしょうか。
現実的に死と向かい合うことで、残りの時間をお互いに有意義に過ごせることもあると思います。赤の他人がすみませんでした。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「肺腺癌 ステージ4」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kiy********さん

2015/12/110:13:28

ご存じだと思いますが、肺がんは大きく分けて、腺癌、扁平上皮癌、大細胞がん、小細胞がんがございます。その中でも、小細胞癌に関しては、比較的、抗がん剤が効きやすいと言われています。その他のがんについては抗がん剤が効きにくいとも言われています。

また、胸水の貯留は多臓器を強く圧迫する為、早急な対処が必要となります。
また、胸水癒着術については、一時的に溜まらなく方もいらっしゃいますが、時間と伴に再貯留を繰り返す方が多くなっております。

腹水、胸水、腹膜播種であれば、漢方や温熱の併用治療なども効果的なようです。

参考になると思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015186863...

胸水だけでも軽減できれば、免疫、体力、栄養状態が一気に向上すると思います。

頑張ってくださいね。お大事にされてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる