ここから本文です

共有(持ち分3分の2C,持ち分3分の1D)における他の権利設定について 質問...

アバター

ID非公開さん

2015/12/107:46:36

共有(持ち分3分の2C,持ち分3分の1D)における他の権利設定について

質問1:短期賃貸借の期間を超えず、借地借家法の適用を受けない賃借権の設定は、 Cが単独で権利設定契約を行えますか?

質問2:質問1の場合、賃料債権債務 もの引き渡し債務債権はCに帰属しますか?

質問2:回収した賃料についてDはCに求償するかたちになるのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2015/12/108:29:54

1.管理行為なので、過半数での意思決定です。
Cは過半数の持分を押さえているので単独で設定できます。

2.賃貸借契約の当事者はCだけなのでそうなります。

3.DはCへの求償権を有します。

http://www.trkm.co.jp/houritu/08083001.htm

  • zac********さん

    2015/12/108:36:45

    別件ですが・・・・

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115308486...

    「相続させる遺言」ですから、どう考えたって指定されたものによる単独相続登記です。遺言執行者の指定があっても遺言執行者の執行を要さないというのが民法上の判例であり、登記実務では遺言執行者の関与を否定しています。つまり遺贈とは根本的に異なります。

    BAコメントをみると、おそらくわかった上でのことだろうと思いますが、他に適切な回答(mnb9876543氏など)が付いているにも関わらず、敢えて間違った回答(遺贈と勘違いしての回答)をBAにしたのはどういうわけでしょうか。

    同じ疑問を持った方が過去質を参照した場合、明らかにミスリードされると思います。質問を取り消して再質問されるべきと考えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/12/3 19:16:50

御回答ありがとうございました。理解が深まりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる