ここから本文です

母体血清マーカー・スクリーニング検査について

sha********さん

2008/3/1413:36:10

母体血清マーカー・スクリーニング検査について

トリプルマーカー検査をめぐる議論について調べています。

どのような例があるか教えてください。

例えば…

・ トリプルマーカー検査は羊水検査よりも不正確であるという批判
・ トリプルマーカー検査では確率しか出さないので不正確であるという批判 などです。

しかしその多くは出生前診断と中絶の問題をトリプルマーカー検査にすり替えて論議しているため、

論理的一貫性に欠けているそうです。

具体例を出していただけると幸いです。 よろしくお願いします。

閲覧数:
1,725
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ts8********さん

2008/3/1610:26:37

スクリーニング検査の結果はリスク地という確率を出すので、
妊婦は理解できず、高いリスク値を言われると、それが100%であるかのように「誤解」するという批判

ICの手続きを文書だけで行うのは不十分であり、
事前にカウンセリングの専門家から妊婦が説明を受ける時間を設けるべきであるという批判

一般の人たちが行っている人工妊娠中絶には積極的に反対しないが、ダウン症と判明した胎児を選択的に中絶する態度に対して反対するという意見

先天異常を理由とした中絶が促進されてしまうのではという批判

妊婦の知らされない権利の保障

などがあります。

太陽出版 「医療倫理Q&A」より

質問した人からのコメント

2008/3/17 10:30:47

成功 色々と答えて下さり、ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる