ID非公開

2015/12/13 23:46

99回答

交通事故についての裁判を勧められています。 0:100の被害事故です。交通事故の示談交渉をお願いしている弁護士から裁判を考えないかと言われました。

交通事故についての裁判を勧められています。 0:100の被害事故です。交通事故の示談交渉をお願いしている弁護士から裁判を考えないかと言われました。 相手の保険会社の対応に強い不審と不満があり、弁護士特約を使って交渉をお願いしていましたが、保険会社の姿勢が強硬なため、裁判を考えた方がよいのではないと言われました。 私としては、その後病気があったり、仕事が多忙になっている現状を考えると裁判には躊躇しています。弁護士と話をする前に、若干の知識と自分の意見を持ちたいと思います。 そこで経験がある方や専門家の方に、助言いただければと投稿しました。 ちょっと長いですが経過は以下のとおりです。 ※通勤途中で信号待ちをしていたときに、後続車が(荷物に気を取られてブレーキが緩んで)追突された被害者(0:100) ※車の損傷は軽かったが「頚椎捻挫」の診断がされ、その後首や手の痺れがなかなかとれず、結局約10ヶ月後に症状固定の診断をされた ※相手方の保険会社の対応;事故の直後に「担当の◎です。当社で最後まで責任を持ちます」と連絡があった後、何の連絡もなく2ヶ月半以上たってから、「半月後に自動車保険としての扱いを終了します」と一方的に宣言。 ※相手方保険会社の言い分として「自動車の損害状態から見るとそんなに治療期間が長いわけがない」「時期が来れば通院しなくても直るはず」「当社顧問の医師も同じ意見である」 ※通院していた病院の医師の意見「車の損害状況と体の損害状況が必ずしも一致するものではない」「何もしなくても時期が来れば直るなら医者は要らない」(苦笑) ※事故後3ヶ月後に「事故」保険扱いではなくなった ※その後、(通勤時の事故なので)「労災」として事故後10ヶ月目まで通院後、症状固定となった、 ※症状固定後1ヶ月間健康保険で通院したが、病院の診療時間が変更にともない通院が難しくなったため通院を中止した。 ※現在は自費で鍼治療に通っている。 ※症状はかなり軽くなってきたが、首や肩の痺れ・痛み・肩こり等がある。 ※後遺障害等級は出ていない。 ※当方の弁護士からは「相手の保険会社が事故後3ヶ月分までとして強硬に譲らない」(理由は不明)といわれた。 既に長い時間がかかっていますし、今は自費で通っている鍼治療の費用も馬鹿にならないので、できれば早く終わってすっきりしたいのです。 知恵袋を検索すると、裁判となると1年以上を覚悟するようですが、やはり裁判をした方が良いのでしょうか? 裁判以外には何かよい方法はないですか? また、裁判になった場合には私も出廷しなければならないのでしょうか? いろいろ質問を並べましたが、お知恵をお願いします。

交通事故2,343閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

3ヶ月、6ヶ月、その後と減額には成って行きますが 何の説明も無しに、終了宣言は普通しないですよ 弁護士費用が付帯されているなら、裁判しましょう 頸椎捻挫(むち打ち)は、何年経過しても 再発したかのように痛みます、完治はしないから 症状固定と言う、医学用語にはない言葉を 保険会社がでっち上げて、出し渋りしている 会社名をハッキリ書いても良いと思いますよ

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

1

裁判は不利、 ADRを試したら如何、 但し、問題は車両の損傷状況。 「軽微な損傷」だと裁判所は相手にしないと考えます。 事故直後のMRIでの診断ではどうなって居るのか? 狭窄が発生して居ないなら問題外。 MRIが無いなら門前払い。 「鍼灸で悪化させられた」。との反論も予測される。 診断書の神経学的検査、筋力検査等事故に詳しい弁護士で無いと交通事故訴訟は無理。 裁判所は医師の「意見書」「鑑定書」が最低限必要であり医科大の助教授クラスの受診が必要。 多くの医師は保険会社側ですから、必要な検査を拒否しますので、弁護士の知り合いの医師の協力が無い場合、訴訟になりませんよ。 交通事故訴訟はヤクザな世界であり、医師の偽証なんて日常茶飯事であり、裁判官は無知ですから弁護士の顔で判断する場合も在ります。 算数出来ない裁判官が多すぎます。

1人がナイス!しています

弁護士の着手金が最低でも50万+消費税 これに成功報酬が必要。 医師の意見書が30万円 保険会社に書く医師の意見書は1万円。 最初から土俵が違うのです。 鍼灸師は儲けましたね。 弁護士も儲かる。 被害者は2重に苦しむ。 人身傷害に加入しているれならば自分の保険会社も敵になります。 自分の保険会社の弁護士は味方ではありません。あくまでも保険会社側として動きます。 弁護士特約が在るならばそれを利用するのだが、保険会社紹介の弁護士は何もやらないから普通に敗訴で終わる。

1

ちなみに自分の保険会社の人身傷害保険での判断はどうなのでしょうか? 最短であれば人身傷害保険で支払われて解決も一つの手段です。 訴訟でないと決められないことなんていくらでもあります。それで増えることもあれば減ることもあります。落としどころは考えるべきです。 どうしても決着をつけたいということであれば判決のみです。 それ以外でも解決法はあるのでそれも考えてみる必要があるのではないでしょうか。

1人がナイス!しています

1

参考にはならないかもしれませんが私も裁判しました。 私は金や割合は2の次でした。 目的は自分のプライドを守るのと 相手を法廷で笑いものにすることだけを考えました。

1人がナイス!しています

2

>保険会社の姿勢が強硬なため、裁判を考えた方がよいのではないと言われました。 保険会社の姿勢が強硬なため=貴方も姿勢が強硬と言う事です 貴方の主張では担当弁護士が対応出来ないと言っているのです。 弁護士に見切られたのです。(裁判には弁護士は出廷しますが) ご自身で出廷しないと貴方の主張は蚊帳の外になるかも・・・ >※相手方保険会社の言い分として「自動車の損害状態から見るとそんなに治療期間が長いわけがない」「時期が来れば通院しなくても直るはず」「当社顧問の医師も同じ意見である」 これで決着の可能性が高いですね。

2人がナイス!しています

3

あの~ 相手が支払い拒否を始めており、弁護士からは現状打破をするなら裁判と言っているものを、なぜ信用できないのかが理解できません 裁判以外に良い方法? 自分の弁護士さえ信用していない方に良い方法はナイト思います

3人がナイス!しています