ここから本文です

菅直人首相が福島原発への海水注入を中断させたというのはホントですか。それとも...

bes********さん

2015/12/2014:36:54

菅直人首相が福島原発への海水注入を中断させたというのはホントですか。それとも、デマですか。

朝日新聞デジタル



菅直人元首相が、東京電力福島第一原発事故時の対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンの記述で名誉を傷つけられたと訴えた裁判で、東京地裁は3日、菅氏の損害賠償などの請求を退けた。「菅氏が止めた」と記述された原子炉への海水注入について、判決は「菅氏には注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘。「記述は重要な部分で真実だ」と述べた。菅氏は控訴する方針。

判決によると、安倍首相は野党当時の2011年5月20日付のメルマガで、原子炉を冷やすための海水注入について「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」などと書いた。

判決は、海水注入をめぐる官邸での会議について、国会の事故調査委員会が「総理の発言を契機に海水注入の議論が仕切り直しになり、東電本店が注入停止を決断するに至った」と指摘した点を引用。「記述は重要な部分で真実」と判断する根拠とした。

海水注入は、実際には中断されなかったことが、後の東電の発表で明らかになっている。

判決後、菅氏は東京都内で会見。判決について「海水注入は中断していないと認めているのに、『中断した』との記述を真実だとするのは論理矛盾だ。とても納得できるものではない」と批判した。

安倍首相は事務所を通じ、「官邸における原発事故問題の本質を真正面から認めていただいた。真実の勝利ではないかと思います」との談話を出した。

閲覧数:
4,536
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xyq********さん

2015/12/2111:54:58

福島原発事故直後に起きたことが、少しずつ分かってきた。焦点の一つは「昨年の3月15日」。事故4日目、すでに1、3号機の水素爆発が起きており、2号機格納容器の大規模な破壊と、さらなる大規模汚染が心配されていた「運命の日」だ。

その日未明、東電が原発からの撤退を申し出て、菅首相が拒否。菅首相はその足で東電本社に乗り込み、社員を前に「撤退は許さない」としゃべった。その映像が、不可思議な「音声なし」の状態で残っていることが明らかになった。

原発事故では、「炉を放置して撤退するか、残って命がけで事故収束にあたるか」という究極の選択がありうる。福島事故の「3月15日」もそれを迫られたのではないか。かつてのチェルノブイリ事故では炉心爆発後の消火作業などで30人近くが急性放射線障害で死亡した。

いま東電と官邸の主張は「全面撤退といったかどうか」ですれ違っているが、「言った、言わない」の水掛け論で終わらせてはならない。それでは福島事故がつきつけた原発の本質を問う問題について、歴史に記録を残さず、将来に教訓を残さないことになる。

原発事故の主な事故調としては1)政府事故調(畑山洋太郎委員長)、2)民間事故調(北澤宏一委員長)、3)国会事故調(黒川清委員長)、4)東電社内調査があって、それぞれに特徴がある。

3)の国会事故調は、強い権限で、話を聞きたい人をだれでもよぶことができる。今年3月14日、武藤栄・東電顧問(事故当時は副社長、原子力・立地本部長)が参考人として招致された。なお東電関係者は民間事故調のヒアリングには応じていない。

武藤氏によると、昨年3月15日早朝、菅首相は東電本店(本社)2階の緊急対策室に乗り込み、「撤退は許されない」と強い調子で話した。これについて、武藤氏は「私たちは全員退避とは考えていなかったので、菅首相の『撤退するな』には大きな違和感を感じた」と話した。

しかし、その数時間前、日付が14日深夜から翌15日未明にかけて、東京電力の清水社長は、「福島第一原発から退避したい」という「申し出」を首相官邸などに繰り返していたのである。今は、東電側は「全面撤退を企図してはいなかった」というが、電話を受けた側の菅首相、海江田経産相、枝野官房長官らは「全面撤退」と受け取り、「原発はどうなるのか」と相談していた。

未明に、首相は清水社長を官邸に呼び出し、「撤退は許さない」と言い、清水社長が「わかりました」と答えたのだが、菅首相は「東電は撤退をやめたかどうか、わからない」と感じて、早朝に東電に乗り込んだのだ。

その時の映像が残っているという。東電の本社と原発を結ぶテレビ会議システムの映像だ。

そこには、菅氏がしゃべり、周囲の人たちが立ち尽くしているような光景があったという。しかし、不思議なことに、音が入っていない。

映像には、午前6時過ぎの4号機の爆発の瞬間も写っていた。その映像にテレビを通して福島第一にいる吉田昌郎所長も写っていた。爆発のとき、吉田所長はいったん後ろを振り向き、だれかと少し話しをして、スッとヘルメットをかぶったという。現場の緊張がうかがえる。

菅首相が何をしゃべっていたのかを知りたい、と思っていたら、すぐに情報がでてきた。翌3月15日の東京新聞夕刊が、「3・15菅氏発言/東電詳細記録」としてスクープしたのだ。(日付がややこしいが、昨年3月15日のできごとの記事が今年3月15日の夕刊に出たのである)。

記事には「東電が第一原発から全面撤退すると考えた菅氏が、できる限りの取り組みと、覚悟を迫っていたことがうかがえる」とある。東京新聞の記事から菅首相の発言を引用させていただく。これがすごい。

【「プラントを放棄した際は、原子炉や使用済み燃料が崩壊して放射能を発する物質が飛び散る。チェルノブイリの2倍3倍にもなる」「このままでは日本滅亡だ。撤退などありえない。撤退したら東電は100%つぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ」「金がいくらかかってもいい。必要なら自衛隊でも警察でも動かす」「60になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く」「原子炉のことを本当に分かっているのは誰だ。何でこんなことになるんだ」】(以上)

文字で見るだけでも相当の迫力だ。菅首相の興奮と緊張した状況が伝わってくる。これの評価は、人によって異なるだろうが、ただ、東電のメモであることに留意する必要がある。ここには東電側の応答、発言は出てこない。

だれが音を消したのか?さらに報道が続いた。3月19日の電気新聞の記事「官邸意向で録音停止か」である。記事は「関係者の証言」として、「官邸側の意向で音 声を一部消した可能性」とし、「結果的に歴史的な事故の記録の一部が失われる事態に至った」と書いている。

記事を引用させていただく。

【菅氏は居並ぶ東電幹部に対して、『逃げようとしたのはおまえか。おまえか』と一人一人指を指していったという。……東電側はこの際も通常通り録音を行おうとしたが、同行者の一人が録音をしないように働きかけたと証言している。働きかけた同行者が誰かは判然としていない。】(以上)

菅首相は東電に、海江田経産相、細野首相補佐官らを帯同していた。

昨年3月15日早朝の東電は、おおむね、これら二つの記事に示されたような状況だったのだろう。ただ、電気新聞が伝えたように、本当に官邸関係者が録音を止めさせのか?そうだとすれば、おかしなことをしたものだ。そして、その発言は、結局、東電のメモとして不完全な形で一部だけが表に出る。結果的には不健全な情報コントロールの応酬になり、正確なところは分からない。本当に音はないのか?正確な記録のために、まず東電が映像を公開すればいいと思うが、プライバシーなどを理由に公開しないといっている。しかし、これは「プライバシー」という種類の問題なのか?

東電撤退問題について、最も核心をついた記事は次のものだ。

(朝日新聞2012年2月6日付、「プロメテウスの罠、官邸の5日間35」)

【清水(東電社長)に尋ねたかったのは、東電が何を官邸に要請していたかの問題だ。官邸のいう「全面撤退」だったのか「作業に直接関係のない一部の社員の一時的退避」だったのか。清水は周囲に「俺は二度と過去のことを語ることはない」といっている。

清水は経済産業相の海江田万里らに撤退問題で頻繁に電話をしてきていた。15日午前3時すぎ、内閣危機管理監の伊藤哲朗は執務室で菅にいった。「決死隊のようなものをつくってでも頑張ってもらうべきだ」。菅も「撤退はあり得ない」といった。経緯はこのシリーズの前半で報じた通りだ。

その後、清水は官邸に呼ばれ、撤退しないことを即座に了承した。伊藤は「東電はあれだけ強く撤退といっていたのに」と不審に思う。

そう思ったのは午前3時前、総理応接室にいた東電幹部が「放棄」「撤退」を伊藤に明言したからだ。

元警視総監の伊藤はそのやりとりを鮮明に記憶している。

伊藤「第一原発から退避するというが、そんなことをしたら1号機から4号機はどうなるのか」

東電「放棄せざるを得ません」

伊藤「5号機と6号機は?」

東電「同じです。いずれコントロールできなくなりますから」

伊藤「第二原発はどうか」

東電「そちらもいずれ撤退ということになります」

政府の事故調査・検証委員会の中間報告は撤退問題を、官邸側の勘違いとの調子で片付けている。】(以上)

こうした情報から考えて、私は状況的には「全面撤退ではなかった」という東電の説明には少し無理があると感じている。東電側が「全面撤退ではなく、必要な人員は残します」とどこかの時点でいっていれば、あるいは、「部分撤退の内容」を少しでも示していれば菅首相はじめ官邸側はこんな反応をしなかったと思う。それを言ったデータはない。炉を制御する人間を残す程度の撤退ならば、東電社長自らが夜中に何度も保安院や官邸に電話をかけたのも不自然だ。政府事故調や国会事故調は、このてんまつを明らかにしなければならない。

それにしても、こうした記録が、なぜ日本では残らないのか、人々はきちんと語らないのか。

私は、この問題は「いった、いわない」「うまく伝わらなかった」にとどまらない問題を含んでいると思う。「高い放射線環境下での仕事を命じることができるのか」「従わなければならないのか」という原子力の本質的な問題である。

昨年3月15日未明は、本当に、事故がどこまで拡大するか予想できない恐怖の時間帯だった。残留すれば作業員の大量被曝が考えられる。関係者の考えが一時「撤去」に傾いたとしても不思議ではない。現場での議論、判断はどうだったのか。

1986年、ウクライナにあるチェルノブイリ原発の4号炉が爆発し、原子炉周辺で火災が起きた。極めて高い放射線の下で、多くの消防士らが消火に当たり、急性放射能障害で30人近くが死亡した。そして、火災が収まったあとも、完全に露出した炉心に砂などを入れて蓋をするため、多くの作業員がかり出され、大量に被曝した。突貫作業の結果、原子炉からの放射能の大量放出は10日間でほぼ止まった。その作業がなければ、世界はもっと汚染されていたのである。

  • 質問者

    bes********さん

    2015/12/2218:34:04

    アホくせえ、吉田所長以下署員は全員撤退していない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ove********さん

2015/12/2412:55:52

そんなのどうでもいいことだろ

重箱の隅をつつくようなことはどうでもいい

菅元総理が現場を混乱させ
災害の事態を悪化させたという事実だけが大事

miy********さん

2015/12/2412:45:36

まったくのデマです。
当時、管総理は海水入れてることすら知らなかった。
知らないのに言えるわけ無いです。
管総理を悪者にでっち上げたい自民党の悪巧みですね。
911、アメリカ同時多発テロみたいにね。

rom********さん

2015/12/2309:37:27

海水注入は中断しなかった訳ですから、その命題は数学的には真でしょう。尤も、その結論は主語によりませんから、あなたや私、あるいは現首相も同様に言えるわけ。
それよりも、気になるのは海水注入が中断しかねないと心配された時点が、被告による一連の発信が成された時点にややもすると先行するかの如く見えかねない(もちろんこれはかなり控えめな、、、、、、ちょっとくどいかな)ことです。
チョット心配ですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる