ここから本文です

ソニー生命のバリアブルライフ(変額型)って死亡補償金は、担保されているので、...

gau********さん

2015/12/2219:20:20

ソニー生命のバリアブルライフ(変額型)って死亡補償金は、担保されているので、この商品の中の資産運用の部分についてはハイリスクを取る方が賢明ではないでしょうか。
※解約をしないという前提でのご質問です

閲覧数:
1,090
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nav********さん

2015/12/2512:50:48

私もそう思います。変額終身保険は最低保険金が保障されてますので、ハイリスクハイリターンな運用対象を選んだほうが期待値は高くなります。具体的には「世界株式型」ですね。

ただ、留意したいのは保険で資産運用はすると、手数料は割高になるということです。資産運用は投資信託などで、保険は保険のみの商品を選んだほうがコストを下げることができます。
資産運用と保険を別々に管理するのは煩わしいから、コストがかかっても保険会社に全てお任せしたいという人には適した金融商品です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tac********さん

2015/12/2913:47:38

私は、何本かに分けて入りました。

子供の成長で大学進学時に解約する保険と解約しない保険という感じで…。

保証額は自分の年齢(子供の年齢)で変わってくるからで、保証額が少なく手もいい年齢なら解約して学費として使う予定です。

よって、解約しない方の保険は変額にしています。

10年以上入っていますが、運用実績がいいとお金を受け取れるのでいいですね。

del********さん

2015/12/2618:15:19

そういう考え方もアリです。
運用が予定よりもプラスになっている部分については途中で引き出せたりもしますから。
たとえば100万の死亡保障で契約して、150万に増えているとおきに50万引き出して、その後、株価等が大きく下がって、あるべき半分くらいの積立金の時に死亡したとしても、最低保証の100万を受け取れますね。

ただ、ソニー生命もそこのあたりのリスクを警戒して、今年の夏から以降の契約については、株のたぐいのファンドは合計50%までしか割り振れないようになりました。

また、変額保険終身型は死亡保障のコストが大きいです。
死亡保障を必要としているなら、悪くはないかもしれませんが、貯蓄・運用メインの考えであれば、お勧めしませんよ。
変額保険で考えるとしても、変額個人年金保険の方が殖えやすいです。
最低保証は何もありませんけど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる