ここから本文です

沖縄戦で特に戦闘の激しかったすりばち丘(シュガーローフ)の戦いについて。 ...

gra********さん

2016/1/1823:44:57

沖縄戦で特に戦闘の激しかったすりばち丘(シュガーローフ)の戦いについて。

その一日だけで米軍の死者は2662人、さらに発狂者は1289人いたそうです。

兵士だけでなく、沖縄の住民も本土防衛の捨て石となるべく、爆弾を抱えて戦車に突撃する斬り込み隊として壮絶な戦いをしました。日本軍兵士や非戦闘員(男性)はもんぺや着物を着て女性に扮装して米軍に突撃したそうです。そのため、米軍は敵が兵士なのか女子供なのか判別がつかず、必然的に女性子供構わず攻撃対象となり被害が大きくなったようです。

そこで質問なんですが、この米軍の発狂者というのは戦闘の恐怖が原因なのか、それとも女子供を殺してしまったという良心の呵責によるものか米国はどのように判断しているのでしょうか。

閲覧数:
815
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/1/1903:35:28

日本軍島嶼戦守備隊、特にペリリュー島戦、硫黄島戦、沖縄戦での米軍兵士の戦争神経症(PTSD)の原因は、日本軍の壮絶なる戦闘の恐怖が原因です。その模様は、ヨーロッパの陸上戦闘の比ではありません。この模様は、殆どが死に絶えた日本軍よりも米軍兵士により克明に記録されています。正に、想像を絶する地獄以上のこの世の地獄です。まともな神経ではとてもいられません。

関心がおありでしたら、この書をお勧めします。
気分が悪くなること請け合います!

日本軍島嶼戦守備隊、特にペリリュー島戦、硫黄島戦、沖縄戦での米軍兵士の戦争神経症(PTSD)の原因は、日本軍の壮絶...

  • 質問者

    gra********さん

    2016/1/2213:39:56

    ご回答ありがとうございました!

    大変勉強になりました。
    母方にペリリュー島で戦死した親戚がいます。墓石にペリル島とあるのでそれがペリリュー島だと知ったのは最近です。
    よい本を教えていただきありがとうございました。家族で回し読みするつもりです。
    ありがとうございました。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/1/25 10:02:54

よく理解できました。興味深い本も教えていただき感謝です。
ありがとうございました!^^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる