ここから本文です

耳の症状についての相談です。 投稿前に病院に行け等との仰せはスルーさせていた...

アバター

ID非公開さん

2016/1/2121:52:39

耳の症状についての相談です。
投稿前に病院に行け等との仰せはスルーさせていただきますので御容赦ください。
四年前に蝉の鳴き声の様な耳鳴を感じて耳鼻科を受診しました。
閉塞感を感じる

こともありました。
検査の結果、耳硬化症の疑いがあると言われました。
小学生の頃から右耳の聴力検査で再検査を指示され、耳鼻科に通院していました。
また、今から10年程前に過労なのか起床後から午前中にかけて耳の閉塞感を感じることもありましたが放置したら改善されたので通院せずにいたことがありました。
現在は聴力検査で軽度の難聴の結果が出ることはあっても日常生活に困らない程度です。
耳硬化症の疑いがあると言われたものの精密検査をしても決め手となる
判断材料が不明瞭で手術してみないとわからないと医大の付属病院で言われました。明確ではないのに全身麻酔で手術をすることへの抵抗があり保留にして数年が経ちました。
症状は進行せず、聴力は低下も見られません。耳鳴も治りませんし疲れた時は低音の耳鳴がしますが慣れてしまいました。
耳硬化症の症状で進行性の難聴と聞いていますが現在の聴力の低下は小学生の頃からのものであり、耳硬化症の疑いの診断を受けてから聴力検査の変化も見られず数年経過している為、耳硬化症とは異なるのではないのかと感じ始めました。
担当医から他の病気を疑わずに手術を相変わらず進められるため困っています。
因みに専門外の知人の医師からも、10年前の症状や元々難聴気味ということから中耳炎を放置して難聴になり成人後にさらに突発性難聴若しくはメニエールを発症したのでは?と指摘されました。
長文となりましたが、詳しい方からのご意見をお聞かせ願えますでしょうか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
308
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fra********さん

2016/1/2220:51:05

耳硬化症は進行性のものと、
そうではないもの
両方ある様子です
万が一ということで他者は検査はした方がよいというのは
進行性耳硬化症ではないことを確認した方がよいよということかもしれないね

10年変化がないなら進行はないとは思いたいです
これは、希望的観測かと思う

私がある耳小骨硬化症の知識で、あなたの立場なら
聴力閾値が50~60を指している、または混合性難聴を表している状態なら手術は考えるかな、手術をするとは言いません
本気で悩みんだうえで決めます

安易に他者へ手術は勧めるものではない
手術は必ず影響があるものであったり
結果変化もなかったり様々な状況が予測される
後悔を他者に責任を感じさせないようにしたいね

あと、声を大きくしてもらえればハッキリ言葉がわかる、デジタル補聴器ではなくアナログ補聴器の方が調子がよいなど
耳硬化症かなというヒントにはなるでしょう

また、突発性難聴と、耳硬化症はオージオグラム上で違いがわかる可能性はかなり高いので
相談する知人の医師に見せてあげた方が親切かなと思います
(今から10年程前に過労なのか起床後から午前中にかけて耳の閉塞感を感じることもありましたが放置したら改善されたので通院せずにいたことがありました。)
この状況の話だけだと突発性難聴と考えるのも普通かもです
メニエールは、突発性難聴のあと起こりやすいとは言われていますからね
この場合、言語の理解能力(語韻弁別能)が低い傾向にはなります

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる